交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜交換留学で自分と深く向き合うことに!〜 アメリカン大学に交換留学する「2年米倉京さん」

〜交換留学で自分と深く向き合うことに!〜 アメリカン大学に交換留学する「2年米倉京さん」

〜交換留学で自分と深く向き合うことに!〜 アメリカン大学に交換留学する 2年「米倉京さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の山崎です!

今回はアメリカン大学に交換留学する米倉京さんにインタビューさせていただきました。
アメリカン大学は国際政治や安全保障に強い大学である事で知られ、ワシントンD.Cの近くに位置していることから、慶應義塾の協定校の中でも人気の高い大学です。

 1.交換留学を決意したきっかけは?

もともと家族が、祖母は3か国語を話せたり、母がドイツ帰国だったり、父は海外出張が多かったりと、国際的な感じだったので、自分も海外に興味は持っていました。そのため高校の頃からいずれは留学したいと思っていましたが、実際に情報を集め始めたのは大学入学後で、当時は私費留学と交換留学を問わずしらべていました。
ですが、交換留学に行く予定だった先輩にお話を伺い、私費留学を始めとする他の留学方法と比較すると
交換留学の方が充実していると感じ、1年生の秋学期がスタートした頃から交換留学を目指すことを決意しました。
また、どのように数ある協定校の中からアメリカン大学に絞ったのかという事についてですが、
まずは、ヨーロッパは旅行等で行ったことがあったのに対し、アメリカには行ったことがなかったのでその空気を体感してみたかったということ。その中でも世界中から人が集まり日々世界をリードしている東海岸に興味があったことが大きいです。そして、アメリカから慶應に来た友人やその友達に自分が学びたい分野に適している大学はどこなのかといったような事を相談した結果、最終的にはアメリカン大学に出願する事を決めました。

 2.交換留学準備について教えてください!

〇GPA 交換留学を決意した1年秋から、授業に出てしっかり勉強して、GPAを高く保つよう心掛けました。
〇TOEFL 自分はSFC中学校・高校だったこともあり、中高でそれなりに英語はやっていました。
そのためTOEFL対策にあまり時間を掛けず、春休みに少し勉強した程度です。
結果的に3回受験し、一番良かったスコアを提出しました。
〇書類 出願書類〆切の1ヶ月半前から多くの大学に関する情報を収集し、アメリカン大学に出願する事を決めたのは〆切の1か月前でした。そこから、自分自身でアメリカン大学の情報収集したり、現在アメリカン大学に留学されている先輩を頼るなどして、自身の興味分野である安全保障や国際政治に関する授業等の情報を得る事が出来ました。そこからは志望理由書を書き始め、主に2人の先輩に添削をして頂きました。実際に出願プロセスを経験されている方々に添削して頂くことで、留学書類は劇的に良いものとなったので、経験者の方に添削していただくのはとても良いことだと思います。
〇面接 面接は英語で聞かれる場合もあるという事を聞いていたので、留学生の友人に英語での面接を手伝ってもらったのですが、すべて日本語での面接だったので報われなかったです。笑
以前留学に行かれていた先輩が、自分の留学書類をプレゼンの資料のようにまとめて面接会場に持って行ったと仰っていたので、自分もポイントをまとめた簡単な資料を作成して自身の志望理由書や留学計画書をインプットするのに使いました。

 3.交換留学書類に書いたことを教えてください!

志望理由では、基本的にはほかの人も言ってるように、過去現在未来の上に交換留学が乗るように書きました。が、私の場合過去にあまり具体的なものがなかったので、現在と未来に重点を置いて書きました。きちんと筋が通っていればOKだと思います。
流れとしては、将来の夢→そのきっかけや現在の状況→それを踏まえて夢の実現には留学が必要→その中でも特にこういう点でアメリカン大学でなければならない
という感じで書きました。
学習計画はとにかく具体的なクラスを並べて、それらを取りたい理由を論理だてて説明するようにしました。あとは課外活動にも少しふれました。

 4.面接でのやり取りを教えてください!

・志望理由、学習計画、帰ってきてからの進路予定を簡潔に
→志望理由と学習計画を話した上で、帰国後は遡及進級せずにもう1年大学に在籍してから公務員試験を受けて、希望の省庁に進みたいという事を言いました。
・英語力向上のために何かしてることは?
大学で英語インテンシブクラスの授業を履修している事を言ったのですが、面接官からは特に留学の為に特別に英語を勉強していたりはしないのね、といった感じで返されてしまいました笑
・ダブルスクールには既に通っているのか?(国家公務員志望と書いたため)
通っていないので、慶應の勉強をしっかりとこなしたいと思います。といったのですが、面接が終わってから、もっと他の事を言うべきだったと後悔しました。笑

 5.TOEFL(IELTS)、GPA、交換留学書類&面接の3つの要素の重要性を百分率で表してください。


TOEFL 10 GPA 10 書類・面接 80 (ただしGPAは成績に不安や問題がない人の場合だと思います)

 6.交換留学先に期待する事は?

多彩なバックグラウンドを持った留学生が多く、優秀で活発な学生が多いと聞いているので、そういった環境の中で自分自身を成長させることが出来たらと思っています。
また安全保障や国際政治で有名な大学であり、その分野での権威を持った教授が多くいらっしゃるので、しっかりと意欲的に吸収して来たいと思っています。それとキャンパスが綺麗で、ワシントンD.Cに位置しているので、生活の面でもとても期待が大きいです。

 7.後輩に向けて何かあればお願いします!

純粋に留学したいとか、海外で暮らしてみたいと思いを持っているのであれば、交換留学は有力な選択肢として考えるべきではないかと思います。出願する際に書類を書く上で、いやでも自分と深く向き合わなければいけません。何に興味があって、将来はどうしたいのか。考えれば考えるほど、時間の有限さにも気づいてしまい私は苦しかったですが、それだけ考えて納得のいく方向性を見つけられたら、それだけでも本当に意味のあることだと思います。それだけ向き合って決めたことがあると、結果的に交換留学をしてもしなくても、考え抜いた自分に自信をもってその先も進んでいけるのではないでしょうか。私はこの作業から得られたものが大きかったので、挑戦してよかったと思っています。実は面接のあと、あまりにもあっさりしていてこれは落ちたと結構本気で思ったのですが、そうした収穫のおかげで変に絶望せずに済みました。笑

それから、私は国際的なプログラムに参加したことがあるわけでも、日頃から国際交流をしていたというわけでもなく、ひたすら大学ではやると決めた音楽をやっていました。なので、周りの交換留学を目指す人が行っているような活動をしていたわけではなく、交換留学に出願する際に経歴の説得力という点でそこに関して本当に不安を持っていました。
ですが自分が芯を持って決めたことをやっていて、自分の中に将来的な確固たる目標、それを目指すきっかけとなった自分の過去の経験をしっかりと掘り下げて伝える事が出来れば、それまでそういった経験をしてなくても大丈夫だから諦めないでほしいという事を、自分と同じように考えている人がいたら伝えたいです。
私は高校の時は交換留学という制度自体詳しく知りませんでしたが、内部生はそういった大学の情報をいち早くキャッチすることが出来ると思うので、早くから交換留学という選択肢を考えられるアドバンテージがあるのではないでしょうか。

 8.まとめ

いかがでしたでしょうか?
米倉さんのように、自分が留学を通して学びたいことが決まっている方は、選考の準備や留学生活の充実という面でもやはり理想的ではないでしょうか。漠然と交換留学を考えている方は、自分の学びたいことや経験してしたいことを常日頃から考えることが重要だと感じます。

無料相談会

アメリカ、アメリカン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、アメリカン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA