交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜オランダに魅了されて!〜 アムステルダム大学交換留学「3年出島歩美さん」

〜オランダに魅了されて!〜 アムステルダム大学交換留学「3年出島歩美さん」

〜オランダに魅了されて!〜 アムステルダム大学交換留学「3年出島歩美さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム大学に交換留学中の出島歩美さんにインタビューさせていただきました!

オランダはディズニーランドのように美しい街並みと高い教育水準を誇っています。そして90%以上の人が英語を話せるということで英語を学ぶ環境としては最適です!

1.アムステルダム大学を交換留学先に選んだ理由

まず、オランダは私が勉強したい子供の教育学が学べるところが魅力的でした。また子供や女性の社会保障制度が充実していたり、子供の幸福度が先進国の中で高いです。難民・移民の受け入れが盛んなところも魅力的でした。
アメリカに昔住んでいましたが、日本に帰国した後に英語を喋る機会があまり得られませんでした。留学して英語を喋る機会が欲しかったのです。ヨーロッパの国の中でも現地の言葉を覚える必要がなく、90 %以上の人が英語を喋れるオランダは私の留学理由にぴったりでした。
そして、オランダの中でも教育学・開発学・社会学が有名な大学を選びたかった。首都であるアムステルダムにあるアムステルダム大学がいいと思いました。

2.オランダへの交換留学は新鮮なことでいっぱい

実は留学に行くことが決まってからも、オランダのイメージが明確にはありませんでした笑
オランダで留学していた先輩に会わせてもらって、次第にイメージがついてきました。実際にオランダに到着したときは今までにない場所であることに驚きました。ディズニーランドのような街並みに魅了されました。ですが、意外と街中はオランダ語であふれていて思ったよりも英語表記がありませんでした。商品の案内もオランダ語で書かれていますし、オンラインで銀行口座を開くときもメールがオランダ語で戸惑いました。しかし、窓口に行けばしっかり英語で説明してくれます。
オランダの天気が良くないことは少しショックでした笑 雨が10分降ってやんで、1時間後に10分降るみたいなことが繰り返されます。自転車で通学しているので雨が降るのは嫌です笑

私が来た初日、戸惑って心折れそうになりました笑(電気がつかないし、、ルームメイトも1週間後にくるらしい・・・)
オランダ自体、プロセスが遅いです。焦らず、なんとかなるさ精神が大事かなと思うし、オランダ人は言葉がきついから仕方ないと思います。(例: プレゼンの時にオドオドしていた時にフィードバックを、みんながいる前でストレートにいうことがあります。)

何かをしてほしい場合は失礼とか思わずストレートにダイレクトに言わないといけないと思います。ガツンと言わないといけないし、意外と大事だと思いました。

3.交換留学先での交流

留学生用の交流や旅行を積極的にやってくれる団体がありますが、旅行は抽選だったりしてみんなで参加できるものが少ないです。仲良くしている友人は一番最初のイベントウィークに会った人が多いです。

4.交換留学先の授業

私の取っている英語の授業だと、3分の1がオランダ人でほかが留学生です。大学の授業は英語よりもオランダ語でやる授業の方が多い。アムステルダム大学は他のオランダの大学よりも英語教育に力を入れているようです。ロッテルダム大学の社会学部よりもアムステルダム大学の社会学部は英語で選べる授業が多くて良いです。

今は授業が週3回です。 金土日でリーディングが多いので終わらせるようにしています。

週の初めに1コマ×2時間のレクチャー(100人ほど)(授業によって人数が違うので断定できない)があり、週の終わりにセミナーが2時間(25人ほど)あります。

アムステルダム大学は1学期が3つのブロックで別れています。(ブロック1(8週間),ブロック2(8週間),ブロック3 (4週間) )
それぞれのブロックででだいたい2から3授業を取るのが平均的です。

1週間は忙しいですが、セミナーやレクチャーで定期的に勉強しているので最後のテストはそんなに詰め込まなくても大丈夫です。

5.交換留学先の授業の内容や難しさ

学部はSocial Scienceに所属していますがPolitical Scienceなど様々な学問を履修することが可能です。
他の学部の授業は単位上限がありますが、上限の範囲内であれば履修することもできます。人気の授業はその学部の生徒が優先されます。

前期は政治系の授業を中心に履修しました。現在は教育学・開発学、オランダの不良問題の授業を学んでいます。

授業は難しいです。ほとんどが3年生の授業で、日本であまり学んでいないことでも高いレベルの授業を受けなくてはいけないです。リーディングが難しいですし、アカデミックな英語も難しいです。そして何よりも自分自身と他の生徒の知識の差に圧倒されます。プレゼンが多いことも難しさの一因です。オランダ人はディベートやディスカッションをするのに慣れているので、最初は自分のプレゼン力のなさを実感しました。

6.こういう人にはアムステルダム大学がおすすめ!

プレゼンの授業が多いので、プレゼンを自信を持ってできる人がいいと思います。
アムステルダム大学はオンキャンパスの寮がないのでそれは嫌だなって思わない人。
社会学を学びたい人にはオススメです。

7.後輩に一言

私が思うにオランダは英語を1から勉強したい人に適していると思います。アメリカはみんなが英語を喋れるから、こちらのペースに英語を合わせてくれることも少ないかもしれません。
しかし、オランダ人は英語をオランダ語の次に学びます。オランダ人も自分も同じレベルにいる。英語でわからない事があっても恥ずかしくないです。
ヨーロッパで英語を学ぶって感覚があまり世間的にありませんが、英語を伸ばしたい方には最適だと思いました。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか?

交換留学をしたいけどいざ考えるとどこの国に行きたいかわからない人も多いのではないでしょうか?それを理由に交換留学を諦める必要なんて一切ありません。いろいろな国のリサーチをする中で自分自身が何に興味があるのかを発見する機会にもなります!少しでも交換留学をしたいと思うのであれば、今すぐにでもリサーチを始め、英語の勉強を始めましょう!!

まずは交換留学先のことをよくリサーチすることがとても大切です!

無料相談会

オランダ交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

オランダ交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA