交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

ズバリ、ボスキャリに行く価値はあるのか?~交換留学生のボスキャリ体験記~

ズバリ、ボスキャリに行く価値はあるのか?~交換留学生のボスキャリ体験記~

ズバリ、ボスキャリに行く価値はあるのか?~交換留学生のボスキャリ体験記~

こんにちは、交換留学.comの下川です。私の留学先ではSpring Semesterが始まりました!
秋学期以上にえぐって自分のキャパの限界に挑戦するつもりです~笑
さてさて、今回も昨年のボストンキャリアフォーラム(https://careerforum.net/ja/event/bos)へ参加された方の体験談をお届けします!
海外の大学でフルタイムで学ぶ学生に比べて、交換留学生が不利だという噂は本当なの?
そして、ぶっちゃけ、ボストンと留学先が遠くて、たっかい交通費とホテル代を出してまで行く価値のあるものなのか?内定は本当に出るのか?
シンガポールで交換留学中のIさんがぶっちゃけて下さいました!お忙しい中ありがとうございました…!

1. BCFへの参加を決めた理由は?

 こんにちは。シンガポール国立大学に交換留学中のIです。僕は3回生の後期から留学に来ているのですが、すでに1浪していることや家計が厳しいことからなんとしても留年せずに4年で卒業したい!と思っていました。でも、交換留学していると19卒の就活に間に合わないし、かといって就活のために日本に帰ってばかりいては何のために交換留学しに来たのかわからない…ということで、バイリンガルの留学生向けに最短3日で内定が貰えるボストンキャリアフォーラムに参加しました。

2. ズバリ、内定は出たのか?

 ズバリ!内定をいただくことは出来ませんでした(泣)ただし、志望度の高い企業から特別選考につながるインターンシップの内定を1つ頂くことができました。周りの友達をみても大手企業から内定を勝ち取った友達はたった1人しかおらず、ボスキャリで内定!というのは難しいのかもしれません。ただし、超難関外資を含めインターンを複数勝ち取った友達はいるので、交換留学勢があからさまに不利なわけでもないようです。

3. 会場の雰囲気は?

 会場となるBoston Convention Centerはスーツに身を纏った日本人1万人以上に埋めつくされます。

↑上から見た様子。真っ黒ですね…!

開場30分前の8時半には既に長蛇の列ができていました。

↑朝早く行っても中で待てるので、寒くありません:) (11月中旬のボストンは既に寒いです)

彼らのほとんどは正規留学生や帰国子女で、純ジャパの僕には全く聞き取れない流暢な英語で談笑していました。海外経験豊富な学生が「Goldman Sachsは〜」「モルガン・スタンレーは〜」と意識の高い就活トークを繰り広げているのを見ると、コイツらと闘うのか…ビビってしまいました笑。全員がそうではなくとも、日本のエリートの卵が集まるイベントだけに終始圧倒され続けました。

ちなみにボスキャリの参加対象者は日本人留学生だけでなく、日本語が話せる外国人も含まれます。そのためか日本の就活に比べると服装や髪型のルールが厳しくないようです。髪を染めていたり髭を生やしていたり、個性豊かな就活生が多かったのが印象的でした。

メインホールは企業説明ブースと面接ブースに分かれています。
中央部にある企業説明ブースでは、各企業がブースをイメージカラーで彩り、Walk-inでのエントリーを募るために必死に勧誘やプレゼンを行っています。日本語で説明する企業が多かった気がしますが、難関外資では特に英語での説明や面談が行われ応対する社員さんも外国人が多かったように思います。

↑ウォークインは早く閉め切ってしまうところもあるので、初日の朝はお目当ての企業にレジュメを出すべく、みんな駆け回っています

会場の端にある面接ブースは簡素な白いカーテンに仕切られています。外には面接待ちの学生が待機しており、時間になると社員さんに誘導されて中に入り、面接が始まります。企業説明ブースとは対照的に静寂に包まれて緊張感が漂っていました。

↑面接ブースの様子。各ブースに番号が振られていて、同じ企業のブースは大体横並びになっています。迷路みたいです。

4. どのような準備がどのくらい前から必要か?

 個人的な反省も踏まえて、必要だったと思う事前準備は以下の通りです。

1)自己分析、業界分析、志望企業の選定と研究を行うこと
2)公開レジュメや履歴書を仕上げ、知り合いにチェックしてもらうこと
3)事前応募を行うこと
4)面接やGDの練習をすること
5)当日の立ち回りについて経験者から話を聞いておくこと

僕の場合、自己分析と面接は交換留学を申し込んだ際に少し練習をしましたが、就活については全くの初心者だったのでほぼゼロからのスタートでした。2ヶ月前の9月末から準備を始めましたが、業界分析や面接練習までには手が届きませんでした。留学中に宿題やグループプロジェクトの傍ら自己分析をしながら大量の書類を書き上げるのは非常に大変なので、1番を留学前に済ませ2番以降を2〜3ヶ月前から行うべきだったのではないかと思っています。また経験者に話を聞いたり、こうしたキャリアフォーラムの就活サポートをしている団体に力を借りて面接練習や立ち回りを把握しておくべきでした。僕はここに時間を割けず我流のレジュメと自己分析を持ってぶっつけ本番で臨んだ結果、ほとんどの企業の1次面接でサイレントお祈りされてしまったのではないかなと思っています。

先ほど英語力でハンディがあると不利と書きましたが、面接で英語の流暢さや何ヶ国語喋れるかといったことはあまり評価されないようです。正規留学生ではなくても外資のインターンをゲットできた友達は何人もいるので交換留学生だからハンディがあるというわけではないと思います。そのかわり、留学しているから選考が緩くなる、なんてことはなく、日本の就活がそのまま行われているので日本の学生がやっているような対策をやるべきなのでしょう。

5. ズバリ行く価値があったか?

  高い航空券代とホテル代を払い、学業と両立するために大きな労力を割いたのにインターン1つだけ…という結果からすればコスパはだいぶ悪かったかなと思います。しかし、ボスキャリに参加して自己分析や志望企業について深く考え、3日で14回にわたる面接で社員さんとお話しさせていただいた経験や世界各国から集まって来た留学生と話して自分の未熟さや良さを実感できたことは僕の交換留学生活で大きな転機になりました。

↑広々として歩きやすい通路

留学生活に専念して卒業を遅らせる選択も良いですが、どうしても4年で卒業したい!とか、ボスキャリに気になる企業が出展している!と思っているならばチャレンジする価値はあると思います。交換留学生でもしっかり対策さえすれば内定だって出ますし、参加することで得られるものも多いです。そして、その経験が残りの留学生活に新しい価値を与えてくれるんじゃないかなと思います。

6. さいごに

   いかがでしたでしょうか?「皆行くからとりあえず行くか~、なんかもらえるかもしれないし」という気持ちで参加してしまっては、本当にお金がもったいないと思います。自分はどんな人間で、将来どんな働き方がしたいのか…しっかり考えたうえでまずはボスキャリに参加するか否か、そしてするのであれば、しっかりと準備をして臨んでくださいね^^ せっかくの留学生活をちょっと犠牲にして就活するには、やはりそれなりの覚悟と労力が必要です。
Iさん、ありがとうございました!これからも体験談をお届けして参ります!

交換留学前にOB訪問できるこちらのサービスも合わせて利用することで、交換留学中の就活情報不足を補うことができます!
同じ大学出身の先輩に話を聞ける
OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

詳しくはクリック!

交換留学中の就職活動には不安がつきまといます。そして、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

交換留学中の就職活動についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

交換留学中の就職活動にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA