交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜一味違ったスイス社会に身を置く交換留学〜 ベルン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 小野田葵さん」

〜一味違ったスイス社会に身を置く交換留学〜 ベルン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 小野田葵さん」

〜一味違ったスイス社会に身を置く交換留学〜 ベルン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 小野田葵さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はベルン大学に交換留学予定の慶應義塾大学の小野田葵さんにインタビューさせてもらいました。

今回は初のスイスの大学のインタビューとなりますが、スイスはヨーロッパの国の中でも多民族で一味変わった社会であるといいます。
そんなスイスのどのようなところに惹かれて交換留学を決意したのかをお聞きしました。

まずは、ベルン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ベルン大学とは???

ベルン大学は1528年に創設された歴史ある大学です。学生数は1万人ほどと比較的小規模ながらも経済学や法学、理学を中心に様々な学部を有しています。また、スポーツ施設なども充実しており世界のトップ大学としてその地位を確立しています。

2.ベルン大学に行く 小野田葵さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
高校2年生の時の短期留学で素晴らしい経験をしたからです。
短期留学の間に様々な人との出会いの中で人と違うことの素晴らしさを知ったように思います。
ブラジル人のお父さん、ポルトガル人のお母さんイギリスで生まれ育ったホストブラザー。ルームメイトにイタリアの大学生とサウジアラビアの会社員!
クラスメイトにはヨーロッパの国々をはじめ、アラブ首長国連邦、カザフスタン、クリミアといった本当に多様な人に会い、関わり、自国のことを誇らしげに語る彼らに感銘を受けました。
ずっと同じ土地に生まれ育ち狭いコミュニティで生きていた私にとって「あ、私の生きてる世界って周りの人が全てじゃないんだ。もっと世界って広くて複雑で生き生きしてるんだ」って単純に思わせてくれました。
自分がなんとなく抱いていた人をはかる尺度みたいなものがすっと消えて自分を強く肯定できるようになった気がしました。
そして、大学生になったら必ず長期留学をしようと決意しました。

ベルンの町の様子。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
私の場合、ヨーロッパなのでIELTSを提出しました。全て自学自習です。スコアの面で伸び悩んだときは、通学時に英語のラジオを聞く、writingは書いたままにするのではなく必ず教授に添削してもらうなどしました。

ベルン大学を選んだ理由は何ですか?
ゼミでナショナリズムや民族意識、排外感情について研究する中で、ヨーロッパで民族・宗教について学びたいと思いました。
特にスイスという国は国際人道主義発祥の地であり多民族社会です。ダボス会議に見られるように世界的に報道の発信力が強いという特徴もあります。そうした点からスイスに心惹かれました。
ベルンは中世の町並みの残る素敵な街です。学術的ではないのですが、高校生の時にOxfordを訪れてヨーロッパ中世の街並みに強い憧れを抱いたというのも理由にあります。


面接で何を聞かれましたか?
Q:志望理由を簡単に教えてください。
A:スイスの社会構造や民族意識に非常に興味惹かれたからです。Q:西洋史でどんなことやってるの?A:様々な時代、範囲なので一概には言えませんが、特に私の印象に残っているのは、「大戦下ドイツの民族とメディア」・「他民族国家ブラジルのナショナリズムについて」の授業です。

 

Q:この科目の成績なんで悪いの?
A:単語を埋める暗記問題だったからです。文章で論じる科目は全てAです。

Q:疑問に思ったスイスの民族意識について持論はあるの?
A:「共通の国防意識の強さから連帯感がある」と書籍にありました。実際にどうなのか社会に身を置いた上で考えたい思います。

Q:海外滞在経験は?
A:長期滞在はありません。長くて3週間です。

Q:何かカルチャーショックはあった?
A:韓国でのホームステイです。2世代離れたホストファミリーとの交流の中で「個人の信頼関係の構築が国の見方に揺さぶりをかけ得る」と知りました。

エントリーシートには何を書きましたか?
自分の個性が出るように、高校生の時の経験や日頃社会に対して思っていることを自由に書きました。
自分の身の回りに起こったことやその時にどう感じたのか、どんな問題意識が生まれたのか理論立てて説明することができれば面接官の心を掴めると思います。

ベルン大学に期待するものとは?
ESNという学生ネットワークでクラブ活動やボランティア活動を行っていると聞いたので、寮のフラットメイトだけでなく課外活動の中でも友人ができたらなと思っています。
ベルン大学は対応が丁寧かつスムーズなので今の所とても印象が良いです!笑
世界遺産に登録されている市街地を思う存分に堪能するだけでなく、ヨーロッパ各国へのアクセスが良いのでたくさん旅行したいです!笑

後輩に一言お願いします!
志望理由書も面接も全て相手との対話だと考えることが必要です。相手がどんな話をしたら面白いと思うか熟考する事、しっかり準備して自信を持つ事。それが全てです。
とはいえ、私は出願にあたって教授や先輩方にたくさんたくさんお世話になりました。多くの交換留学派遣生がそうだと思います。ですから、遠慮なく私たちにコンタクトをとってください!出来る限りの事します!!

ベルン大学の授業について ※交換留学中の小野田さんに再度インタビューさせていただきました!
ドイツ語の初心者用コースが埋まってしまっておいて履修できませんでした。
しかし、それ以外は特に問題ありません。ずっと履修したいと思っていたreligious extremismのセミナーもちゃんと履修できたので満足しています。


課外活動について
在スイス日本大使館で行なっている日本語会話の会に参加したり、大学の日本語クラスでアシスタントをしたりしています。
日本語クラスの生徒たちとは本当に仲良くなって、ホームパーティーに呼んでもらったり、週末一緒に出かけたりしています。
また、ESNという学生団体を通して様々なイベントが行われているため、交換留学生同士も仲良くなる環境が整っていると思います。みんなでチーズ工場を見学したり、ハイキングに行ったり、国会議事堂の見学ツアーに参加したり!

部屋の窓からの様子

ベルン大学に2ヶ月滞在してみて
ベルンには私が想像していたよりも遥かに様々なルーツの人々が住んでいました。大学で出会う友人も本当にバックグラウンドが様々です。
ある友人は両親が内戦から逃げてきた話をしてくれました。
様々な宗教の信者で作り上げるイベントに参加したりして日々刺激的な毎日を送っています。
私の交換留学のテーマは「共生」なので、そう言った意味でこの大学を選んで本当に良かったと思っています。


交換留学先での生活に対してアドバイス
スイス留学は物価が高くて大変ですが、外食せずに自炊していれば他のヨーロッパの国とあまり変わらないと思います。
それから、ベルンは本当に素敵な街です。時々、疲れてしまったり日本が恋しくなることもあるけれど、窓の外を見渡したり外に出れば、綺麗な景色に何度も心踊ります。悩むことがあるなら自分の部屋で一人で考えるのではなく、外を歩いてみる!誰でも良いから話してみる!そうするとモチベーションが上がると思います!


イベントの様子!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? スイスへの交換留学は毎年倍率が高く、戦略的に応募する必要があります。

そして、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

スイスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スイスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA