交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】文化の結節点トルコ! ボアジチ大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 広田潤平君」

【交換留学インタビュー】文化の結節点トルコ! ボアジチ大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 広田潤平君」

【交換留学インタビュー】文化の結節点トルコ! ボアジチ大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 広田潤平君」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はボアジチ大学に交換留学予定の慶應義塾大学の 広田潤平君にインタビューさせてもらいました。ボアジチ大学はトルコにあるということで、治安を気にされる方もいらっしゃると思います。

しかし、慶應義塾から唯一中東でいける交換留学の提携校です!
アジアとヨーロッパの結節点であるトルコで学ぶことは、多種多様な価値観に触れることができるのでおすすめです!

まずは、ボアジチ大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ボアジチ大学とは???

ボアジチ大学はトルコのイスタンブールにある歴史ある大学です。前身は1863年に作られたロバートカレッジというアメリカ人が立てた学校になります。その伝統からトルコ語以外の授業は全て英語で行われています。経営学や人文科学、歴史や工学など幅広く学ぶことができます。
慶應義塾から中東圏で交換留学できる唯一の大学です。

2.ボアジチ大学に行く 広田潤平君にインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
もっと中東に関わる政治情勢や政治制度について勉強を深めたいと思ったからです。
一番最初は、僕が小学生の頃、イラク戦争とかが起きてニュースを見ながら、漠然とですが、中東を知りました。ほとんどが悪いイメージのものでしたが。それで中学や高校の時にイスラームや中東に、具体的に興味を持つようになり、もっと中東に対して中立的な見方を教わりました。そうして気づいたらイスラーム圏の政治制度や、イスラームと政治の関係などの分野を意識するようになりました。
また、大学生になってUAEやオマーン、ヨルダンなど中東の国に旅行に行きました。特にオマーンやヨルダンで、アラブ人の優しさに触れ、アラブ人や中東がますます好きになりました。ヨルダンはとても治安がいいですし、物価も安く、アラブの雰囲気が感じられて特にオススメです!

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
点数は基準点ぴったりでした。英語はインテンシブクラスを取っていたのでそこで身につけたり、旅するのが好きで英語使う機会を多く持っていたので自然と練習になりました。

ボアジチ大学を選んだ理由は何ですか?
慶應義塾では、イスラーム関係の授業が少ないのでそれを学べる大学に行きたかったです。中東で慶應義塾と提携している交換留学先はボアジチ大学しかないので、他の大学のことは考えていませんでした。そして、一度中東圏に住んでみたいという自分の思いもありました。将来的には中東圏で仕事をすることも考慮に入れています。

面接で何を聞かれましたか?
ボアジチ大学を志望していたのは僕一人だったので面接は確認という要素が強かったです。自分のことについて話しました。主にどのような大学生活を過ごしてきたかを聞く質問が多かったです。
どういう経緯で色々な国に行ったか?
難民問題をどういう経緯で興味持ったか?
あとはサークルのことを聞かれました。英語の質問は最後2割でした。
治安のことを心配されましたが、テロがあってもトルコに行くつもりですと強い意志を見せました。


エントリーシートには何を書きましたか?
交換留学に行った友人に添削してもらいました。志望理由書の一番はじめに自分の大きな夢を書きました。
そして、夢を実現するためにどういう勉強を日吉でしてきたか、どんな課外活動してきたか、今の自分に足りないものは何かを述べ、足りないものを満たすために交換留学したいという書き方をしました。
その他には自分が日吉で取った授業について詳しく述べました。また、他の人の過去に書いた志望理由書を参考にしました。

ボアジチ大学に期待するものとは?
まずは友達です。交換留学生も多い大学なので、世界に人脈を広げたいというのもあります。そして、英語の論文に触れる機会が増えると思うので、英語の運用力を高めたいですね。
でも一番は地元のトルコ人と話したり、最近増えているシリア人と交流することです。交流から見えてくるものもあると思うので。

後輩に一言お願いします!
まだ実際に行ったことはないですが、トルコはきっと安全な国です。中東に対してなんとなく抵抗を持っている人もいると思いますし、もちろんその気持ちは理解できますが、中東だからと言ってハードルを上げてしまうのはもったいないです。中東の研究をしたい人、トルコの地理的な魅力に賛同してくれる人はもちろんのこと、少しでも中東行ってみたいかもと思う人がいたら、是非現地に行ってみて欲しいと思います。
また、ボアジチ大学から日本にきている交換留学生は筑波大学や大阪大学、東京外国語大学にも来ているので、話してみたい方がいましたら、是非紹介します!
そして、トルコは私たち日本人のイメージからすると中東のイスラーム教国というイメージが強いかもしれません。しかしながらトルコ人の中でも信仰の度合いはかなり違うそうですし、このボアジチ大学も欧米の文化の影響を強く受けた欧米式の大学で、政教分離の名の通り、宗教的には中立です。そうした欧米的な空気や文化と現在まで続くイスラーム文化交わりを体感できる点がトルコにある大学の魅力かなと考えています。トルコ=イスラームというイメージは少し異なるということを最後に付け加えておきます!

交換留学中の広田さんにインタビュー! 語学に関して感じること
当たり前といえば当たり前ですが、、、来る前の想像をはるかに超えて、トルコ語で生活しています。自分がトルコ語を話せるようになるとは今までの人生で微塵も思っていなかったです。もちろん授業が英語なので、ボアジチ大学の学生は英語を話せるのですが、日常会話はもちろんトルコ語で、僕がトルコ語をすこしでもわかれば、基本的にずっとトルコ語を話しています。僕にはすごく刺激的で、英語以外の外国語を話すようになると、英語が外国語として少し客観的に見られるようになって、今は外国語を学習することそのものをものすごく好きになりました。非英語圏への交換留学を考えている人は是非、同じ感覚に浸ってみてほしいですね!

交換留学中の広田さんにインタビュー! トルコ人の特徴!
なんといっても1番の特徴は、人のことが大好きで、ものすごくフレンドリーで話が止まらないことです。酒飲んだ日本人よりも話すんじゃないかってくらい、積極的になんでも話しますし、質問します。飲み会のような場もありますが、基本的にはチャイ(トルコの紅茶)を飲みながら、ずーっとどこかへ座って話続けてるイメージです。楽しいですよ〜〜。そして、日本人のことが大好きな人が多いのは本当に本当です。心地よすぎるくらいに、日本のことが大好きなので、誇らしいです。

交換留学中の広田さんにインタビュー! 交換留学中の生活費
想像以上に日用品などの物価が安めであるのと、学食が毎日3食、しかもかなりリーズナブルな値段で食べられるので、欧米圏の交換留学に比べると、かなり金銭的には助かっています。

交換留学中の広田さんにインタビュー! ボアジチ大学のいいところ!
ボスポラス海峡のすぐ近くで毎日絶景を眺められるキャンパスです。海峡の先には壮観なモスクも立ち並び、毎日見惚れます。そしてキャンパス内にも街中にも、本当に猫が多く、最初は少し抵抗がありましたが、今ではもう癒しです。授業中も、食事中も(ランチを食べられないように注意)、のこのこやってきて、学生を癒してくれます。学部が本当に多く、イスタンブールの中にキャンパスが6つぐらいありまして、キャンパスごとに違った雰囲気があるのも魅力です。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? トルコへの交換留学は情報が限られているため、事前の情報収集が不可欠です。

無料相談会

トルコ・ボアジチ大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

トルコ、ボアジチ大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA