交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

みんなが知りたい!内定をもらえないボスキャリ|交換留学中の就活についてインタビュー

みんなが知りたい!内定をもらえないボスキャリ|交換留学中の就活についてインタビュー

みんなが知りたい!内定をもらえないボスキャリ|交換留学中の就活についてインタビュー

みなさん、こんにちは! 交換留学.comの天野です。今回は視点を変えて多くの交換留学生が悩む交換留学中の就職活動について慶應義塾を卒業された先輩にインタビューさせていただきました。

先輩は、ボストンキャリアフォーラムに参加された方で、当時は4年生だったそうです。もちろんボスキャリで内定をもらうために準備をしてボスキャリに臨まれたそうです!

多くの交換留学生が知っているボスキャリですが、どのくらい内定が出るのか?をお聞きしました! ※個人差があることをご了承ください。

まずは、ボスキャリについて! 見てみましょう!!

1.ボスキャリとは???

ボスキャリとは、(株)DISCOが行っているキャリアフォーラムのことです。ボスキャリは、1987年に始まりました。海外の大学・大学院で学ぶ交換留学生をはじめとするバイリンガルの人材が就職活動をする場所となっており、海外留学生の就活のスタンダードとなっています。
開催地もボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、東京、大阪、ロンドン、シドニー、上海へと広がっています。

当日中に内定が出ることもボスキャリの売りであるようです!

 

2.交換留学したときにボスキャリに行った卒業生にインタビュー

 

本日はよろしくお願いします!まずは、ボスキャリに行かれた経緯を教えてください!
私は、経済学部枠で4年生の後期に交換留学しました。学年は落とさず大学を卒業するためにその年のボストンキャリアフォーラムに参加しました。3年生から就職活動をしていましたが、どうしても外資系に行きたかったのです。しかし、日本での就職活動で外資系に内定をもらうことはできませんでした。4年生の夏の時点で日系企業の内定しかなかったのですが、担当者様のご懇意で内定を保留にしたままボスキャリに行くことに成功しました。

ずばり、ボストンキャリアフォーラムはどうだったのでしょうか?
結果からいうと、ボスキャリで内定をとることはできませんでした。ボスキャリで何回も選考を受けましたが、結局その場での内定はなく、ボストンコンサルティングのインターンのチケットを手にしただけでした。そのインターンのメールが来たのも交換留学先のフランスに戻った後だったので、ボスキャリが終わった後は空港で茫然自失でした笑

ボスコンのインターンはどうでしたか?
12月に3日間のインターンでした。日本選考組と混ぜられて20人のインターンがいましたが、そのうち内定をもらったのは二人でした。国内勢はほぼ東大で、UCB(カリフォルニア大学バークレー校)のPHDの30歳くらいの人もいました。3日間終わって受かったのは結局国内勢の東大一人とそのPHDの人だけでしたね。なので、結局ボスキャリから内定は完全にもらえなかった形になります。

12月の時点で内定がなかったわけですが、その後どうやって就職活動をしましたか?
実は、ボスキャリが終わった後に茫然自失としていた時に、1本メールが入っていたんです笑
就活の時に登録した日経メールからでした。ある外資系企業が東京オフィスで勤務する人を探していると。空港での待ち時間が非常に長く、時間があったので、やけになりながらESを書いて送りました。
そして、日本に帰国した後に面接があって内定が決まりました。決まったのは1月だったので本当にギリギリの内定でした笑

すごい! 大逆転劇の内定ですね!
そうですね笑 でも、その外資系企業も入って1年で事業の縮小が起きて多くの人が退職したか、リストラにあってしまいました。 このままではキャリアアップはないと思ったので、退職しました。
そして、コーネル大学の大学院で1年間学ぶ機会を得ることができたんです。

波乱万丈ですね。アメリカに再度行かれたということはボスキャリはリベンジされましたか?
はい。しました。自分の勤めていたのが外資系の金融企業であったので金融が絡んでいない企業はないと思い、今回は様々な企業に応募しました。結果的に8つの企業様から面接のオファーをいただき、4つの企業様からディナーの招待が来ました。

すごい!ボスキャリリベンジ成功ですね!
いや、実はそれも全部落ちて内定をもらえなかったんです笑 リベンジどころか悪化してしまって笑
結局二回目の交換留学でもボスキャリで内定をとることはできませんでした。ボスキャリもボロボロだったし、自主応募やヘッドハンターもだめでしたが、帰国後にひょんなことからすぐに内定が出ました。就職活動とはいくつになってもよくわからないです。

すごいです。でも、ボスキャリでそんなに内定が決まらない理由は何かあるんですかね?
4年生のときに行ったボスキャリと、今回のボスキャリで確実に違ったのは、ボスキャリに参加している「欧州系」投資銀行の少なさです。米系であってもフロントオフィスの採用・内定はほぼなかったです。そして就活生の外銀人気も4年前ほどではなかったです。
ボスキャリで最終オファーは出にくいのかもしれません。しかし、あくまで自分の経験ベースの憶測です。

ここまでの話を聞いていると、ボスキャリに行っても内定はもらえない気がして・・・ボスキャリは参加する価値がありますか?
行くこと自体は悪いことじゃないと思います。雰囲気を知れるというのもあるし。面接では、どうやって面接官の質問をうまく切り返すかを見ていると思います。

本日はありがとうございました。後輩たちに一言いただけますか?
世界的にみて、日本の新卒はもっとお金をもらえていいと思います。外資系企業ならしっかりと能力を見てくれるので。あと、外資系企業では新卒が切られやすいってことはないです笑 本当に当たり前のことを当たり前にやってれば、むしろ日経企業よりも手厚く扱われます。就活は大変だと思いますが、頑張ってください。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 交換留学中の就職活動は事前にしっかりと準備をしておくことが必要です。

交換留学前にOB訪問できるこちらのサービスも合わせて利用することで、交換留学中の就活情報不足を補うことができます!
同じ大学出身の先輩に話を聞ける
OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

詳しくはクリック!

無料相談会

交換留学中の就職活動についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

交換留学中の就職活動について詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA