交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

やっぱり行ってみるべき、ボスキャリ!~海外大フルタイム学生の就活に迫る~

やっぱり行ってみるべき、ボスキャリ!~海外大フルタイム学生の就活に迫る~

1・「ボスキャリ」ってなんぞや?

こんにちは!交換留学.comの下川です。来年度の留学者が決まり始めているこの時期、留学後の進路について考えている方も多いのではないでしょうか。
5年間で大学を卒業するもよし。専門性を高める為大学院に行くも良し。しばらく休学して世界を見て回るもよし。
何年生の時に留学しようが、「将来なにしよう」「私は何がしたいんだろう」という問題はついて回ると思います。
(私自身その問題をかなり長いこと抱えているのですが…とほほ)
しかし、日本の企業で将来働きたい人にとって、海外にいるということはかなりの障壁になってしまいます。
日本の企業だったら基本的に説明会もインターンシップも日本ですし、OB訪問もなかなかできない。
かといって、説明会などに参加するためだけに高いお金をかけて日本に帰るのは、留学をしっかり楽しみたい身としては、なんかちがいますよね。

というわけで、多くの交換留学生が参加するのが「ボストンキャリアフォーラム」です!

200社以上の企業が毎年11月半ばの4日間、アメリカ・ボストンに集結し、バイリンガル学生の採用を行う超ビッグイベントです。
この短期間で内定やインターンシップを出している企業が多くあるので、帰国後に就職活動に悩まされたくない人、4年間で卒業を考えている人にはうってつけのお得な機会になってます:))
(ボストンキャリアフォーラム(以下BCF) オフィシャルサイト⇒ https://careerforum.net/en/event/bos/)

さて、今回は実際に2017年のBCFに参加され、内定をゲットしてきた方にお話しをお聞きすることが出来ました!
短期決戦なだけに、戦略的な事前準備が必要なBCF。留学生活と並行しての就職活動はかなり大変なはずです。

来年度のBCF参加を考えている方、今後の進路に迷っている方、交換留学でなくても日本からの参加をお考えの方、必読です!

2・BCF体験談~金融業界への道~

a・プロフィール&準備編

海外の大学の正規生にとっては3年生(Junior Year)直後の夏季インターンシップが就職成功へのカギとなっています。そんな感じで、サマーインターンを探しに昨年の11月にボストンキャリアフォーラムに参加してきました。
バイリンガル帰国子女、もしくは留学経験者だったら必ず耳にしたことのある、ボストンキャリアフォーラム。外資系企業から日経トップ企業まで出展するイベントとして、毎年日本からも大勢の学生が直接ボストンへ飛び、参加しています。内定を狙って開催の半年以上前からきっちり準備している学生も少なくありません。
そんな中、直前まで「行くか行かないか微妙~」だった私は、イベントの2か月前に参加を決意し、1か月半前に事前応募のアプリケーションを提出し始めました。(これ以上事前応募の手続きが遅れていたら、内定ゼロで帰ってきたと思います。)

まず、私のプロフィールを簡単にご紹介します。
私は10年間アメリカで小学校から高校を卒業するまで生活したあと、大学進学の時に国を移り、現在はシンガポールの大学でフルタイムで学生をしています。専攻はコンピューターサイエンス系なので、就職先としてはIT業界を中心に考えていました。ですが、3年生になって受けている授業がかなりスペシャライズされてきて、「本当にこの業界でいいのかな?」と疑問に思うようになっていた頃、ちょうどボスキャリの話が流れてきました。
まず夏になると参加企業リストがウェブサイトに掲載されるので、そこの中の気になる企業・業界を調べていきます。私の場合ボスキャリを良い機会として、一見自分とは全く縁のないような業界にもチャレンジしてみようと考え、前から多少関心を持っていたE-Commerceやコンサルなども検討したうえ、最終的に応募しようと決めた業界は金融でした。
ということで以下、あまり計画性のない私がボスキャリで金融を目指した体験談をまとめました。

1.エントリシート(ES)

ボスキャリをマスターする方法は2つあります。

① 当日、気になる企業のブースにWalk-inして、履歴書を渡し、その場で面接のチャンスを獲得する。
② 事前応募でエントリーシートを書き、電話面接を受け、ボスキャリでの最終面接に呼ばれる。
私は②でした。

取り敢えず気になる銀行を受けてみよう、と言っても、金融・銀行について知識不足過ぎる自分。大急ぎで業界についての知識を最低限レベルまで高め、志望動機やらを書き上げました。また、「人生における3大ニュース」や「投資銀行業務はAIに取って代わられる」についての考えをまとめるなど、ES上の慣れない課題に対してコツコツと回答していきました。ここで結構時間がかかってしまったせいで大学の学業に響いてしまいましたが、ESが通らなかったら何も始まらないので、真剣に取り組みました。

2.電話面接

私は4社に事前応募をしました。銀行ごとに複数の部門の選考を同時に受けることが可能で、志望していた部門からすぐに電話面接の案内がきました。
順番に言うと、最初に外銀 Aから電話面接の話が来たのですが、指定されたタイミングがどうしても合わなかったため日程の調整をお願いしたところ、なぜか永遠と返信がきませんでした(-_-)

本命①の外銀 Bからはなんといきなり木曜ディナー(後に説明有り)の招待をいただきました。
本命②の外銀Cと、本命ではないけど応募しておいた外銀 Dからも面接の声が掛かり、3次面接まで登り、ボスキャリでの最終面接の席を手に入れました。

3.イベント当日&ディナー

事前面接で興味を持ってもらえれば、ボスキャリ開催前日に開かれる「木曜ディナー」に呼ばれます。上手く行けば複数の応募先からディナーのオファーをもらえますが、「木曜ディナー」もほぼ面接の延長なので大切なアピールチャンスとして出席することが大切です。イベント前日にどの企業のディナーを選んで参加するかによって結果が変わってくる場合もあります。

私は幸い外銀 B、C、Dからのディナーのオファーを頂いたのですが、外銀 Bからのお誘いが最初に来ていたので、外銀 Bのディナーに参加しました。開催場所はボストンの港を見晴らせるお洒落なシーフードレストラン。採用担当者2人vs. 学生4人のテーブルで、内容は外銀 B内での各部門の役割・特徴から今年のボスキャリはこうだああだなどの世間話までカバーされました。

ディナーは割と上手く行って、文句を言うところなど特になかったのですが、採用担当者の雰囲気が想像していたのと少し違った、、という違和感が残った感じでした。翌日の本番では他の候補も真剣に検討しなければなと思いました。

b・ボスキャリ当日編~面接・ディナー・内定まで~

そしてついに迎えたボスキャリ当日!!!!

↑BCF2017の会場だった、Boston Convention & Exhibition Center(例年ここで行われるようですが、2016年は例外で Hynes Convention Center だったようです)

聞いていた通り、会場はスーツ姿の就活生で埋め尽くされていましたが、でもそんな光景にも構っていられません。初日は各銀行各部門との最終面接の約束で詰まっていたので、ヘトヘトになるまでブースから面接室まで行ったり来たりしていました。

最初の面接はディナーにも呼ばれていた本命②の外銀C。これでびっくりしたのが、外銀Cの採用担当者方々が、予想以上に私を気に入っていたこと。面接というよりは、「今晩のディナー参加してもらえますか?」とか、「この部門のインターンプログラムでは身になる経験が出来るので、○○さんにはとても適していると思います」など、ほとんど面接官がPRをしていました。

本命だったので、とっても嬉しい話だったのですが、他社との面接もきちんと受けた上で検討したかったので、ディナーのオファーも午後まで返事を待ってもらうようお願いしました。

次の面接は外銀 B、Cほど志望度が高くなかった外銀 D。正直ブランドとしては他社と比べて少し落ちてしまうのですが、事前にやってきた電話面接でもダントツで人の感じが良く、私にとっての「FIT感」ではいまいちだったので、候補の一つとして真剣に考えていました。

外銀 Dの面接でも志望動機などは全く聞かれず、「首さえ縦に振ってくれればオファーレター出しますよ」と口説かれるだけ。取り敢えず、そちらのオファーも夕方まで返事を待ってもらうことにしました。

外銀Cと外銀 Dのアピールが強かったため、午後には元々本命だった外銀 Bへの志望度もだんだん薄れつつありました。午後に受けた外銀 Bの面接では、前日の木曜ディナーの感想を聞かれ、志望動機を再確認されたましたが、既に気持ちが外銀C&Dの方に移っていたことを勘付かれてしまったせいか、明日の朝にまた面接に来て欲しいと言われてしまいました。

私の場合、ほとんどのカオスがDay1に集中していたため、2・3日目はあまり面白いことがありませんでした。ということで、残りの出来事をとぉっても簡潔に説明しますと、、

Day1の晩、外銀 Dのディナーに出席する → 外銀 Dのチームに惚れてしまう → Day2、外銀 Dのオファーレターをサインする → やった! → 外銀 B、Cのオファーをお断りする。

少し予想外でしたが結果、来年(今年?)の夏、外資銀行 Dのある部門でインターンをする予定です。
既に外銀 Dの方々には色々とお世話になっていて、帰国した際にオフィスに遊びに来てくださいと声を掛けていただき、先日挨拶に行ってきたところです。

 

c・感想&アドバイス編

こうしてちょっと不思議な流れで外銀のインターンを獲得しましたが、ボスキャリの経験を振り返っていくつかのアドバイス、その他の感想などをまとめてみました。

【ポイント1:数で勝負に出ることも大切】

私はエントリシートの段階から4社の選考しか受けなかったのですが、予想通りにいかなかった場合をしっかり考えて、もっと数を多く攻めるべきだったのかなと思います。ボスキャリで周りを見てても、木曜ディナーまでにはお呼ばれしたけどそのあとは一社からも返事をもらえず、結果内定ゼロ、、という学生はいました。そういう結末を避けるためにも、ある程度の数は受けて、応募する企業の難易度もバラエティを増やすことをお勧めします。

【ポイント2:自分を「気に入ってくれている」企業vs.「微妙」な企業の差】

驚いた点は、学生が必死なほど企業側も必死だということです。なので採用担当者はあらゆる手段を講じて「コイツいい!」と思った候補者にオファーレターにサインさせようとします。
私がイベント当日、各企業の採用担当者と話すなか、本命企業が外銀 Dに入れ換わったように、「気に入ってくれている」企業と「微妙」な企業の待遇の差は激しいので、志望度がボスキャリ中にも変化するかもしれません。私はインターン探しなので採用担当者にいかに好感を持ってもらえているかは、インターン後の正式採用にも影響してくるので重要です。

【ポイント3:海外大学の正規生&留学生は覚悟せよ】

上記のとおり、ボスキャリへ向けての事前応募(エントリーシート提出・電話面接)は時間をかなり消費しました。10月に入ってから週3、4回ほどの頻度で電話面接があり、正規学生&留学生にとっては中間試験期間とかぶったりもしていました。
もちろん人それぞれなのですが、中途半端な結果で終わらせたくない人は学業・課外活動を多少犠牲にしても、就活を優先させる心構えが必要だと思いました。海外の大学生はGPAが全てだったり、、。成績をなんとしてでもキープしたい方は一学期分だけ授業の数を減らすなど、対策を練った方が良いかもしれません。
今回は以上となります。将来ボスキャリ参加を考えている学生の参考になれたら嬉しいです。

 

3・終わりに

いかがでしたでしょうか?
ボスキャリで内定もらってきてそこに就職するよ~みたいな感じでかる~く先輩からいわれることもあるかと思いますが、
いくら短期決戦とはいえ、将来の道を決める大切な活動・意思決定の機会になります。相当のエネルギーとお金を投じることになります。
本当にボスキャリに行くこと、そしてその準備は自分にとって必要なのか?もうそうであれば、この記事を参考に、後悔しないよう準備を怠らないことをおすすめします!
この記事の方のように、みなさんにとってベストフィットだと感じられるファーストキャリアが見つかりますように!:))

ボスキャリ体験記は順次追加して参ります!

交換留学前にOB訪問できるこちらのサービスも合わせて利用することで、交換留学中の就活情報不足を補うことができます!
同じ大学出身の先輩に話を聞ける
OB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

詳しくはクリック!

無料相談会

交換留学中の就職活動、ボスキャリについてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

交換留学中の就職活動にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA