交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜多様性を求めて〜 カリフォルニア大学に交換留学する「2年武野絹子さん」

〜多様性を求めて〜 カリフォルニア大学に交換留学する「2年武野絹子さん」

〜多様性を求めて〜 カリフォルニア大学に交換留学する「2年武野絹子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の山崎です!

今回はカリフォルニア大学に交換留学する、武野絹子さんにインタビューさせていただきました。
武野さんは純ジャパでありながらも、慶應の協定校の中でも倍率の面では最難関であるカリフォルニア大学の学内選考を突破されました。選考突破の秘訣をお聞きしましたので、ご覧ください。

 1.交換留学を決意したきっかけは?

私は高校生の頃から留学を考えており、慶應を選んだ理由や法学部政治学科を選んだ理由も留学する上で最も良い環境だと思ったからということです。
また多くの人の場合は、海外に興味があるから英語を勉強する。といった流れだと思うのですが、私の場合は語学力を伸ばしたいと思ったことがきっかけで留学を決意しました。というのも中高時代から英語学習には力をいれ、大学に入ってからも英語インテンシブコースで勉強したのですが、帰国子女や英語圏に在住経験のある方々に比べると英語力はどうしても劣ることが本当に悔しくて、留学をすることで確固たる英語力を身に付けたいと感じるようになったということが大きな要因だと思います。

 2.なぜカリフォルニア大学なのか?

出願する大学をどういった形で絞ったかという事ですが、まずは国を絞りました。もともと英語圏であるアメリカ、カナダ、イギリスに行きたいと考えていましたが、最終的にはアメリカに決めました。というのも私は中学生の頃から新聞を読むという習慣があったのですが、新聞の知識を通してアメリカが世界の中で一番プレゼンスを持っている国であると感じていたので、アメリカで学びたいと思いました。
次になぜアメリカの中でカリフォルニア大学を選んだのかという事についてですが、一つの理由としてはTOEFLのスコアを留学書類提出期限の〆切の直前まで持っていなかったので、TOEFLの基準点が低い大学を中心に考えなければいけなかったことがあります。もう一つの大きな理由としては、カリフォルニア大学は留学生が多いために多様性に富んでいるという事がありました。

 3.交換留学準備について教えてください!

私の場合、交換留学の準備はかなりギリギリになってしまったため、そもそもTOEFLの条件を満たすことができないまま出願準備に踏み切ることになりました。実際に準備を開始したのは、出願締め切りの一ヶ月前くらいで、大学等を調べ始めました。要件を踏まえた上で大学を絞り、志望理由書、研究計画書、大学別志望理由書の順に留学書類を書き始めましたが、締め切りの1週間前にはまだ志望理由書すら書き終わっていなかったため、当然ながら提出が完了したのは締め切り当日です。ただ、締め切りに追われてガツガツ書いていくうちにどんどん留学への想いが強まっていったと思うので、勢いづいて書いたことがかえってよかった気もしています。笑

 4.交換留学書類で書いたことを教えてください!

書類で書いたことは沢山ありますが、将来的にどんな人物になりたいのかをゴールに据えて自分の過去の経験や、留学先で学びたいことを書いていきました。これは交換留学経験者の方々が仰っているような、過去、現在、未来の軸を意識する、というアドバイスに基づいて書類を構成しました。
具体的な内容としては、日本社会に貢献するという夢を叶えたいと考えている自分にとって、日本より優れた国の一つであるアメリカで学び、知見を得ることは不可欠だということを述べました。
流れ的には、
ーーという夢があります。
→これはーーという経験から来た問題意識に基づくものです。(所属する国際関係会、KIP知日派国際人育成プログラムの活動に触れる)
→そのためには留学をする必要があります。具体的には社会学や政治学を取りたいです。
という感じで書きました!

 5.面接で聞かれた内容は?

すべて日本語でした。内容をリストアップすると、
まず、「私たち(面接官)は既に志望理由書読んだので、あなたの人となりを知るために面接しますね。」という感じに宣言されました。朗らかな雰囲気の面接でしたので、とてもありがたかったです。ただ、皆さんの聞かれると噂のテンプレの質問(志望理由書を簡単に説明しなさい、など)から始まったわけではないので内心軽く動揺しました。笑

①志望理由書に書いてあるアメリカという国で勉強したい理由はわかった。でも、これよりもっと前にアメリカという国を意識し始めたのはいつごろ遡って答えてください。
→新聞読んだり、社会について学ぶ中でアメリカは日本にとってプレゼンス高いと気づいた。

②どういう風にプレゼンス高いと思うの?
→安全保障、社会政策が頻繁に比較されること、また我々の世代が英語教育についてうるさく言われてきたのもやはりアメリカが世界の中心だからでは?と感じたから。

③イギリス行ったことあるみたいだけど、どうだった?なんでイギリス志望じゃないの?
どちらかというとイギリスは伝統を重んじる傾向があるのに対し、アメリカは革新的でイノベーティブな国なので、そこに惹かれたから。

④将来の夢が〜ってあるけどこれは帰ってきてから具体的にどう実現するの?

⑤夢が抽象的な感じするけど、その具体例は何ですか?

 6.TOEFL(IELTS)、GPA、交換留学書類&面接の3つの要素の重要性を百分率で表してください。


書類と面接90パーセント、GPA5パーセント、TOEFL5パーセント。

 7.派遣先大学に期待する事は?

カリフォルニア大学はカリフォルニアの中でもレベルの高い学生の揃う優秀な大学ですので、そういった生徒さんとの交流がまず楽しみです。学生の多様性に富んでいるので、交流を通じた自分の内面への影響では日常の中での視野の広がりを求めています。また、もちろん授業のクオリティが高いことも期待しています。社会学や政治学も日本よりも小さなトピックをじっくり扱える授業が多いので、腰を据えて勉強したいです。(これまでの勉強に対する姿勢はガッツリ変えないとだとは思います、、笑)

 8.後輩に一言あればお願いします!

これから交換留学を目指そうと考える方々に対して言っておきたいのは、とにかく早めに準備した方が良い!という事です。自分自身、取り掛かるのがギリギリになってしまったのでもう少し余裕を持てればよかったのではないかと思います。それと、自分が興味を持てる課外活動には積極的に参加するべきだと思います。というのも、関わる人が増えれば増えるほど自分とは違う価値観を持った人に会うことができ、自分の考え方に影響を与えてくれると考えています。

 9.まとめ

いかがでしたでしょうか?
慶應義塾はカリフォルニア大学のような世界トップレベルの大学と協定を結んでいるため、選考を突破すればそういった大学に留学する事も可能です。また決して限られた人のみが行けるというわけではなく、準備をしっかりと行えば誰にでも手が届くものだと思います。思いたったらすぐに準備を始めましょう!

無料相談会

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA