交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜学びものが世界にそこにだけある〜 ケルン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 武田紗弥さん」

〜学びものが世界にそこにだけある〜 ケルン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 武田紗弥さん」

〜学びものが世界にそこにだけある〜 ケルン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 武田紗弥さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はケルン大学に交換留学予定の慶應義塾大学の武田紗弥さんにインタビューさせてもらいました。

まずは、ケルン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ケルン大学とは???

ケルン大学は1338年に設立されたヨーロッパでもっとも古い大学の1つです。ドイツ1のマンモス校で実に4万人の学生が在籍しています。また、交換留学生へのケアも手厚く、「インターナショナル・オフィス」では交換留学生をサポートするプログラムを提供しています。経済学を中心に多彩な学問を学ぶことができます。

2.ケルン大学に行く 武田紗弥さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
交換留学は大学入学当初からぼんやりとは考えていましたが、本当に交換留学に行こうと決断して準備を始めたのは1年生の12月です。(慶應経済学部の交換留学枠の出願完了が翌年2月中旬ごろ)
私は環境経済学を学びたいと思っていて、エネルギー問題など特に進んでいるドイツに行こうと思いました。あと、以前にドイツに住んでいたことがありますがドイツ語の勉強はしていなかったので、もう一度行ってドイツ語勉強も併せてしたいと考えているからです。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
トフルは交換留学のためにとった点数ではなかったのですが、出願を決めたのが12月で準備期間が2ヶ月半くらいしかなかったためこれをつかいました。出願前にトフルの勉強はしてないので、あまり参考にならないかもしれません。準備期間が短くトフルは通ればいいなという気持ちでのぞみました。もしもっと点数が必要であれば仮合格のような形になり、その後基準を超えれば合格になるということもあると聞いたので。できれば、事前にそれなりの点数を取っとく方が安心ではあると思います。
ですが、交換留学先がドイツであるからだと思いますがトフルの点数は大丈夫だったようです。出願後には、英語力をあげるために苦手なreadingのために問題集をやったりニュースなど英語の文章を読むようにしています。

ケルン大学を選んだ理由は何ですか?
私の場合はまずドイツと決めていたことと、慶應経済学部交換留学枠の中で選んだのである程度絞られました。その中では大学で開講されている授業と英語での授業も豊富にあって交換留学生の対応がちゃんととられているかを調べました。ケルン大学は交換留学生が多く経済学、社会学が融合したWisoという学部の交換留学生のプログラムもあり私が学びたいことが英語でもドイツ語でも学べると思ったからです。あと、サークルの先輩にケルン大学に交換留学した先輩がいてよかったと後押ししてくださったので決めました。


美しいケルンの街並み

エントリーシートには何を書きましたか?
まず、環境経済を学びたいと言っても1年生の時点で学問としてちゃんと勉強したことはなかったので基礎知識はちゃんとつけようと、図書館に行って本を借りて読みました。そこからもう一度何を学びたいかを明確にして文章にしました。その後はそのサークルの先輩に添削をお願いしました。訂正して英語に直した後はアメリカ帰国子女の友達に見てもらいました。

面接で何を聞かれましたか?
面接は英語で、面接官が5人に対して受験者は2人でした。
まずは交換留学したい理由、向こうで何をやりたいかをエントリーシートに沿って聞かれました。環境経済学が学びたいことと、交換留学することで現地の人々が環境に関してどういう意識をもっているか、日本の人とは違うのか知りたいと答えました。
面接は英語でしたが、途中でドイツ語で質問もされました。ドイツ語で日本とドイツの違いを話してくださいという質問でした。大学で1年弱、初心者のクラスで文法を勉強していただけなので正直ほとんど話せませんでした。「ドイツ人は自分をちゃんと表現する」と言ったつもりですが多分通じてないです。そのあと、ドイツ語で話せないんですね、と言われたので。
あとはドイツに住んでいたので、ドイツに行きたいのは前に住んでいて楽しかったからですか?と聞かれました。この質問には、そうではなくて私が勉強したいことがドイツにあるから行きたいですと答えました。

ケルン大学に期待するものとは?
勉強の面で学びたいこととドイツ、ヨーロッパにしかないような授業が受けれればいいなと思っています。知識的な面はもちろんディスカッションなどをたくさん経験して自分自身のスキルアップをしたいと思います。勉強はもちろんですが、様々な国の学生と交流する機会がたくさんあればいいです。自分からそういうイベントを見つけて参加したいと思います。また、大学でできた友達とカーニバルやオクトーバーフェストといったドイツの文化的行事に参加できるように交友関係づくりもがんばりたいです。

後輩に一言お願いします!
私はこれから留学ですが、きっと1年間はあっという間で刺激的なことばかりだと思います。トフルはなかなか点数が上がらなかったり志望理由がまとまらなかったりと大変なこともあると思います。ですが、留学先で何をしたいかや楽しみなことを想像して、面接でも前向きな気持ちと強い留学への意思を伝えられるといいと思います。がんばってください。

交換留学中の武田さんにインタビュー! ケルン大学のいいところ!
まず、私が学んでいるWisoという学部の中にこの学部の留学生のサポートをしてくれるチームがあります。専用のウェブサイトで手続きや生活のサポートについての資料があるほか、オフィスがありそこで直接質問できたりメール対応もしてくれるので安心です。また、大学の人数が多いことに加えて、学部や学科もたくさんのあるので様々な分野を学んでいる学生に出会えるところもいいところです。そして、様々なスポーツのコースが毎日開かれていて無料で参加できるものもたくさんあります。授業後に友達と運動してリフレッシュできます。また、ケルン自体も治安がよく便利なので不安なく大学に通えることは重要な点だと思います。世界遺産のケルン大聖堂とライン川、大都市でありながらも自然のあるケルンは休みの日や放課後に少し出歩くのも楽しいです。


交換留学中の武田さんにインタビュー! ケルン大学のちょっと不便だと思うところ!
慶應のkeio.jpのように大学ごとに通信システムがあるのは当たり前だと思いますが、ケルン大学では交換留学生のためのウェブサイト、授業や試験の登録と管理をするサイト、授業の資料などがアップロードされるサイト、大学内での連絡用のメール、図書館、これらそれぞれにアカウントを作り、パスワードを設定しなければなりません。keio.jpに慣れていただけにすべて登録するのにも時間がかかりましたし、使い方になれるまでどこにどんな機能があるのか戸惑いました。それに加えて履修している授業の教授が個人のウェブサイトなどを用いる場合そこにもアカウントを登録しなければなりませんでした。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 慶應の経済学部枠の交換留学の情報は非常に限られています。

そして交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

ドイツへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

ドイツへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA