交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

授業が始まって2ヶ月、ケルン大学の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應2年生 武田紗弥さん〜

授業が始まって2ヶ月、ケルン大学の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應2年生 武田紗弥さん〜

授業が始まって2ヶ月、ケルン大学の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應2年生 武田紗弥さん〜

 

1.ケルン大学の交換留学生の1週間!

月曜から金曜まで基本的に授業があるので毎日大学には行きます。そのうち3日間は早い時間に授業が終わるのでその後は図書館で勉強したり友達出かけたりご飯を食べたりして過ごしています。学食でお昼ご飯を食べるのは週に3、4日くらいです。学生定期は1学期間で3万円ほどの金額を支払い、その期間はノルトライン・ヴェストファーレン州内の結構広い区間で行き放題なので週末は友達とケルンから出て他の街を観光したり家事をしたり課題をしたり様々です。そしてたまにはドイツに近いヨーロッパの国に旅行に出かけたりもします。

 

 

 

2.ケルン大学授業紹介① Deutsch als Fremdsprache

1週間に2回、1回3時間の授業です。テストでレベル別に分けられて授業があります。文法ばかりを学ぶか会話の練習が多いかなど授業内容は先生によってけっこう違います。私が現在受けているB1のコースはひたすら文法を勉強しています。ペースも早くたくさんのことを学ぶため、復習、宿題にはけっこう時間がかかります。

3.ケルン大学授業紹介② Business English 

宿題として文章を読んできてそれについてディスカッションをします。また、ビジネスに関する単語の学習も毎回あります。内容はビジネスといっても身近な親しみやすいものが多いです。出席に加えてプレゼンテーション、エッセイ、期末試験が評価の対象になるようです。

4.ケルン大学授業紹介③ Channel Management

商品が作られ消費者に届くまでの経路の多様性について学ぶ授業です。セミナー形式の分類の授業ですが、基本的には教授が解説をして、1回の授業で2回ほどディスカッショントピックが与えられそれについて考えます。

5.ケルン大学授業紹介④ Topics in Public Economics

講義形式の授業です。この授業を履修するにあたりミクロ経済学、公共経済学の基礎を知っていることが前提となると言われました。 現在までの内容は所得税がどのように効率的に用いられるかということを計算とグラフで考える授業でした。

6.授業が始まって2ヶ月、ケルン大学の授業についてぶっちゃけてみた〜慶應2年生 武田紗弥さん〜 まとめ

基本的にすでにスライドが用意されていてそれをどんどん解説していくためスピード感は早いように感じます。また、履修を考えるときに困ったのは英語で開講されている授業のシラバスの半くらいはドイツ語で書かれていたことです。ドイツ語を勉強していたといっても経済学の専門的な内容を読む力は到底なく辞書や翻訳機能に頼りながらなんとか読めたという感じです。

いかがだったでしょうか? 交換留学にいって海外の授業を受けることは大学生にとっての憧れですよね?

無料相談会

ドイツへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

ドイツへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存