交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

初めての交換留学は不安。初留学で注意すべき15のポイント

初めての交換留学は不安。初留学で注意すべき15のポイント

初めての海外留学。期待がありますが、もちろん不安もありますね。でも、さまざまな「注意すべき点」を前もって 知り、入念に準備をしておけば安心です。
そう、「備えあれば憂い無し」です。
では、どのようなことに注意しておけばいいでしょうか?

■滞在先での生活についての注意点

1.滞在先の大使館や緊急連絡先等の必要な連絡先をチェックしておく

交換留学する学校の連絡先、ホームステイ先、困った時に連絡できるエージェントの連絡先などを1枚の紙にまとめておき、リストにしておいて携帯できるようにしておくといいです。そして、滞在先などが決定したら、家族に交換留学先での滞在先や連絡先の電話番号を伝えておきましょう。
また、パスポート盗難・紛失などの対応や災害時に備えて、事前に「在留届」をインターネットを通じて申請しておくことをおすすめします(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/”>外務省HPから「在留届」に関する詳細と申請の流れが確認できます

そうすれば、災害に見舞われた時に情報をもらえたり、何らかの手助けをしてくれます。
さらに、外務省の安全情報メール配信サービス「たびレジ」に事前に登録しておくことも大切です。「たびレジ」は、旅行日程や滞在先、連絡先等を登録しておくと、在外公館などから滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メールなどを受け取ることができるシステムです。自分だけではなく、日本にいる家族も登録しておくことで情報を入手することが出来るようになります。(http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_campaign/”>外務省HP「たびレジ」についてのページで詳細を確認できます

 

2.滞在先の国の政治、治安、よくある犯罪等を意識し、未然に防げるように行動・服装・持ち物などにしっかり気を配る

海外では、自分の身は自分で守るのが基本です。どんなに 治安の良い国・地域に交換留学しても、日本以上に治安の良い国はないといえます。
日本人が海外に滞在中にひったくりや、盗難、強盗にあうことはよく耳にする話です。では、どういうことに特に気をつけて行動したら良いのでしょうか?
それは、日頃からあらゆるリスクを考え、自分で出来る予防策をとっておくことが大切になります。       自分でできる予防策は、よく日頃から現地の人の行動を見て参考にすることです。特に、気をつける所持品に関することを以下に書いておきます。

 

①貴重品の管理

パスポートなどの貴重品類は肌身離さずに持ち歩くか、鍵のかかるセーフティーボックスがあれば、そこに保管するようにするといいです。パスポートの提示が必要な場合でもほとんどはコピーでOKですので、パスポートのコピーを必ず持ち歩くようにしましょう。
どうしてもオリジナルのパスポートを持ち歩く必要がある場合には、紐の付いているポシェットやウエストポーチのようなものに入れたうえで、持ち歩くのが安全です。

 

②現金の管理

できるだけ使う分だけをそのつど、クレジットカードを使ってATMから引き出すようにし、その日に必要の無いお金をなるべく持ち歩かないようにしたほうがいいです。
渡航した当初は、眼に見えないリスクを感じる気持が強く、警戒心を強く持っていたとしても、滞在してから時間が経ち、現地の雰囲気に慣れ始めてくると警戒心が徐々に薄れていき始めてくるものです。
「現地に溶け込んでいるから大丈夫」という考え方は甘く、自分でどんなに現地に慣れてきたと思っていても、周囲からは日本人として見られているのです。
一般的に現地での滞在して「渡航直後」「3ヵ月後」「1年経過後」「帰国直前」が被害が多い時期と言われているそうです。初めての体験による「不慣れ」や、自分が現地に同化していると思っている「油断」や「慢心」が被害を生む要因となります。危機管理意識を忘れないよう、継続して持つように心がけましょう。
外務省HPの「海外安全に対するホームページ」
を参考にしてください。

 

3.滞在する国の法律、規則を予め調査しておく

海外には、日本とは違う様々な物の考え方があり、日本では法律違反や規則違反にならないようなことでも国によっては、違法行為になることがあります。
そのようなことに出くわすことがないように交換留学前に調べておきましょう。

 

4.宗教や文化、習慣、マナーなどを知り、敬意をもって行動する。

日本と全く違った、宗教に対する考え方、生活習慣、マナーに出くわした時に違和感を覚えることもあるかもしれません。そのような時に「自分はこの国にきている外国人であり、この国に来ている以上は、この国の文化や習慣がここにあるんだ」という意識を持ち、その考えに反発するよりは「郷に入っては郷に従え」という気持ちでできるだけ受け入れる方が交換留学先での生活に馴染んでいきやすいと思います。
初めは、異文化の考えの中でショックを受けたり、戸惑うことがあるかもしれません。でも、これを受け入れていけば楽しい交換留学生活が送れるようになるはずです。
できるだけ滞在国の文化やマナー、宗教に対する考え方を知り、滞在先の方たちを敬ってコミュニケーションをとるように心がけましょう!

 

5.セクシャルハラスメントの認識を持って、明確な意思表示を出来るように心がける

日本人は、「イエスかノーかをはっきり言わない傾向」があるため、そのことが理由でとんでもないトラブルに巻き込まれることがあります。
特に、日本人は「ノー」と言うことに対して抵抗があるために断ることや相手の言っていることに同意できない時にはっきりとそのことを伝えられないようなことが多くあると思います。しかし、海外ではノーをはっきり言わなかったことでとんでもない誤解を招くことになる恐れがあります。

 

6.急病の時やケガを負ったときの対応してくれる先を確保しておく

留学保険や海外旅行保険に加入しておくことをおススメします。出来れば、治療・救援費用の補償額が3,000万以上にすることを推奨します。
その上で、現地での救急病院などをよく調べておき、緊急の病気の対応、重病への対応、事故などのような突発的なケガへの対応が安心してできるように備えられるようにしておきましょう。

 

7.食品衛生や飲料水のことなど、交換留学先の衛生状態について知っておく

交換留学先の国や地域によっては衛生状態が悪いことがあります。飲み水がそのまま飲めるといく場所はごく限られています。
食べ物や水が合わないことが原因で胃腸を壊したり、便秘が続いたりなど体調を壊すこともありますので、渡航前にどの程度の衛生状態なのかを調べておき、現地でどのようにしたらよいかの対策を立てておくと良いと思います。

 

8.予防接種について調べ、必要なものを接種しておく

交換留学先の国でかかりやすい病気について、行く前に調べておき、必要な予防接種は受けておくことをおすすめします。

 

9.健康診断・歯科検診を受けておく

必要な治療があれば、日本で受けておいた方がいいです。
海外の滞在先で信頼のおける病院や先生を探すのは、難しいです。そして、医療費もかなり高くつきます。
持病がある方は、英文の診断書や処方薬説明書を取得して持って行きましょう。

 

10.メンタルヘルスへの適応

渡航先で、初めはホームステイ先や学校などの現地の環境になかなか馴染めずに孤独に陥ったりすることがあるかもしれません。その際にどこか相談できる場所を事前に調べておいて、相談できる人がいないかを探しておきましょう。
どうしてもいない場合、自分でどうやって乗り越えるのかを考えておきましょう。

 

■交換留学先に関わる諸注意事項

11.交換留学する学校を選ぶ上での注意

交換留学先の学校パンフレットに書いてあることや写真、インターネットでの口コミなど、さまざまな情報が入手できますが、出来れば決める前に実際の内容の通りかどうかを自分の目で確かめるために留学先の学校に見学に行かれると良いと思います。
自分で視察して本当に大丈夫と思えるようであれば、交換留学してから後悔することはあまりないと思います。
ただし。時間や費用がかかるため、事前に見学が難しい場合は、正確な情報を入手するようにさまざまな方面からの情報を得るようにしましょう。

 

12.学校の授業を受ける上で注意

自分が思っていたよりもレベルが高く、今の自分では追いついていけないと思った場合でも英語を勉強するために交換留学しているのですから、最初から授業の全てを理解していなくても問題ありません。ただ、「自分だけが理解できていない」と焦ったり、「間違えると恥ずかしい」と尻込みしてわからないことをそのままに放っておくことはやめた方がいいです。
どんどん遅れてしまうことよりも、理解できないことは恥ずかしいことでないので、聞き取れないことはわかるまで繰り返してもらい理解する、間違えても気にせずに発言することが上達への近道になります。

 

13.学校内に日本人が多くいた場合の注意点

「日本人が多い」とわかった時点でそれほどネガティブに考える必要はありません。どこの国や地域を選んだとしても、ある程度日本人がいます。それだけ日本人を多く受け入れている学校であり、日本人への対応や日本人のくせをわかっていて、教え方も熟知していたり、サポート体制が整っているかもしれません。
しかしどうしても日本人相手に日本語を使ってしまうと、楽な方に流されてついつい日本語の環境にい続けてしまうということもよく聞く話です。そうなると、何のために「語学留学しにきたのだろう」ということになりかねません。自分なりに日本人どうしの付き合い方を決めて、あえてよほど必要な時以外は日本人と話さないとか、日本語を使わないで話すなどの工夫が必要です。日本人が多いことと英語の上達するしないの関連性はありません。
クラスでは、積極的に日本人以外のクラスメートに話すようにし、学校だけにとらわれずにホームステイ先やアパートでもできるだけ会話するように心がけましょう。

■ホームステイ先での諸注意 

14.ホームステイ先での食事

ホームステイ先のトラブルの中で食事に関することが一番多いそうです。毎日、同じような食事が出てきたり、量が少ないことや、冷凍食品ばかり、あるいは「夕食の時間に遅れたら用意されていなかった」などの話を聞きます。基本的に外国の過程の食事は日本と比べて質素で、あまり栄養のバランスを考えていない場合が多いです。
朝食はシリアルやパン、コーヒー、夕食もワンプレートでマッシュポテトにソーセージとパンといった内容のものが一般的です。冷凍食品をチンしただけのものが続いたりなどすると、健康を害するのではないかと不安になるかもしれません。あまりにひどいと感じる場合にはまずホストファミリーに相談し、それでも改善がされない場合にはホームステイ先を紹介してくれたエージェントに連絡し、ホームステイ先を取り替えてもらうようにしたほうがいいです。
食べ物の好き嫌いは、はっきりと伝えておきましょう。「これは嫌い」と言うと相手に悪いと思うと、あいまいな態度でいると、相手に伝わらず解決されないので、ストレスになります。そのため、初めにそのことをはっきりと伝えておきましょう。ただし、あくまで相手の許容範囲を超えない程度にする必要があります。あまり好き嫌いが多すぎると、受け入れてくれるホストファミリーがなくなることになりますので、常識的に受け入れてもらえる範囲のリクエストをしましょう。
そして、各家庭の食事の時間帯が設定されているはずなので、食事の時間に遅れそうな場合は前もって伝えたり、外出中の場合には電話するようにしましょう。

 

15.シャワータイム

ホームステイ先でのシャワーの時間はプライベートな時間だと思って、あまり長時間使い続けていると、ホストファミリーから注意を受けることがあります。
家庭によっては、お湯を一定量しか使えないという場合もあります。日本と同じ感覚でバスタブになみなみと湯を入れて入ったり、勢いよくシャワーをだして使っていると、お湯がなくなってしまうということもあるかもしれません。
前もって「シャワーは5分以内で」と言われたり、毎日シャワーを使わせてもらえない家庭もあります。
「日本と同じではない」ということを十分に理解しておきましょう。
まず、あらかじめステイ先のバスルームの使用法を聞いておきましょう。他の家族に迷惑がかからないようにシャワーを浴びる時間に配慮することも大切です。使用後は、髪の毛が落ちたままではないか、床が水浸しではないかなどをチエックするようにし、心配りを忘れずにしましょう。

 

いかかでしょうか?
留学前に知っておいた方が良い注意事項15項目をお伝えしました。けっこう厳しいな~と思われた方もいるかもしれませんが、予め想定しておき、自分がどのように対応したら良いかを知っておけば安心できますので、そう考えて留学準備に役立ててください。

交換留学.comは交換留学に関する様々なご相談、そして交換留学にほぼ確実に留学できる手段をご提供しています。

無料相談会

交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

交換留学についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA