交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

短期留学は無意味!? 長期留学をすべき3つの理由とは?

短期留学は無意味!? 長期留学をすべき3つの理由とは?

1ヶ月~3ヶ月の短期でもいいから交換留学してみたいと考えている人も結構多いかもしれません。

でも、短期で留学して語学力アップする効果があるのでしょうか?

短期留学のメリット・デメリット、短期留学と長期留学を比較して考えてみたいと思います。

 

■短期留学の留学後の語学力の向上を期待しすぎても空回りしてしまう!

基本的に4か月以上の留学を長期留学といいます。3か月を超えると学生ビザなしでは、滞在ができなくなりますので、長期で留学するためにビザ手続きが必要です。

そのような理由もあり短期留学、1ヶ月~3ヶ月間程度の語学留学に行かれる方は多いのですが、短期留学なのに長期の留学による語学力アップと同じレベルの効果を期待しすぎて、長期の留学レベルに高い目標を設定してしまいます。

やはり、費用をそれなりにかけていくのでどうにかして成果を得たいと思う気持ちが皆さんにあるわけですが、結局は短期間の留学ではたいして語学力が伸びなかったということになりがちです。

特に1ヶ月くらいの短期留学の場合では、やっと現地の生活に慣れてきて、語学力をアップさせようと力を入れだした頃になって、もう帰国する日が近くなってしまったというパターンが多いのです。

なぜなら、短期留学では初めの1ヶ月は現地で「語学を学ぶ」ということ以上に「現地での生活に慣れる」ことの方がメインになってしまうからです。

たとえ、日本国内であっても新しい場所での生活に慣れるまでの間は現地生活に適応することだけに集中してしまって、気持ち的に他のことをする余裕が持てないかと思います。

 

そのような状況の中で、短期留学で語学をステップアップさせることまで手が回らないというのが現状なのです。

短い期間内で語学力をアップさせようと意気込んで長期留学並みの綿密な計画をたて、いざ短期間で留学をしてみたものの、慣れない海外生活になじむために気持ちが精一杯になってしまい、ただ気持ちだけが焦っていって、自分自身にイライラして空回りして終わってしまったという話を多く聞きます。

これではせっかくの留学経験があまり意味のないもので終わってしまいます。

よほど、日本で英語のレベルを上げておき、留学先に来てから日常会話についていけるくらいのレベルになっていたとしても、3ヶ月以内で大きく語学力がアップさせることはなかなか難しいことなのです。

3か月程度の滞在期間でようやく現地の言葉のフレーズが耳慣れてくる程度にわかってきます。しかし、それではまだ日常生活に問題なく暮らせるまでのレベルにはならないです。

でも、もしもどうしても取れる休みの期間や準備できる資金の制限があって3か月以内の短期留学を選択するのであれば、語学力をアップさせることよりも「海外での生活体験」を短期間の中で味わうことにポイントをおいたほうがいいです。

そして語学力のアップを目標にしないのがよいかと思います。

そして短期留学の目的を、日本に帰国してからも自分で語学力をアップさせるためのモチベーションにする目的とすればいいのかもしれません。

どうにかして時間もお金も準備できるようになったら、長期で海外に滞在したほうが効率が良いです。

 

□長期留学のメリット①:短期留学と比べてコスパが良い!

 

3か月以内の短期間の留学であっても、渡航費用は同じように往復分かかるわけですし、滞在先や語学学校での費用も想像以上にかかります。

地域によって滞在費用は少し違ってきますが、一ヶ月くらいの留学であっても40~50万程度の費用がかかります。

結局短期であってもそれほど費用が安く済むわけではないです。

それならば、ある一定の期間は語学力アップのための時間として確保し、それにかかる資金をしっかり準備した上で留学し、長期の留学で語学を習得するための最適な環境の中にどっぷりつかりに行ったほうがはるかに効果的な結果が期待できます。留学経験を就職する際に生かすためにも長期の留学をすることがおすすめです。

しばらく生活してるうちに、現地での生活に馴染み始めてきて、生活に支障をきたさない程度に現地の人が言っていることが聞き取れ、会話のやり取りができるようになってくることでしょう。

そうなると、自分が話す言葉にも自信がついてきて、そこからは弾みがついて、どんどん語学力がアップしていきます。

現地の言葉を使って生活することに慣れてくると、いろいろな人とコミュニケーションをとることが楽しくなって、どんどん多くの人との付き合いができ、広がってきます。

このくらいまで自然にまわりの人との会話が聞き取れるようになるには、どうしても半年以上~一年間程度はかかるでしょう。

そのため、逆に言えば、ある程度の期間以上の留学をしなければ、語学をと習得できるようにはならないといえます。

 

□長期留学のメリット②:長期間の交換留学でその国や地域の日常が見えてくる

 

3か月以上現地に滞在していると、来たばかりの観光客気分のであった時には見えてこなかったこともだんだんと見えてきます。

また、周りの人たちが話している内容も聞き取れるようになってくるので、スムーズにコミュニケーションがとれるようになってきます。

全てがいいことと思えることばかりではないかもしれませんが、自分で海外の生活に飛び込み、体験してみることが、仕事面だけでなく、人生のあらゆる面で役立ちます。

日本人のものの考え方や常識は、日本の国だけのものであり、一歩海外に出ると、人それぞれが違ったものの考え方を持っていることに気づかされるため、戸惑うこともありますが、いろいろな人の考え方や価値観を少しずつ理解し、受け入れることができるようになってきます。そして、人間としての幅も広がっていきます。

 

語学学校での友達や、ホームステイ先の家族、通学の電車の中、エレベーターの中そして、カフェで隣り合わせになった人など、、あらゆる場所での現地の人達との会話のやり取りが語学を習得するためにすべて役立ちます。ただ、それなりに地域になじむまでにはやはりどうしても 6か月以上の時間がかかります。

そう考えると、学んでいる語学を日本語を介さないでスムーズに口から出るようにするためには、最低限一年以上の期間が必要です。

 

□長期留学のメリット③:就職に生かすためにも長期での交換留学がおすすめ!

 

交換留学経験があり、さらに交換留学で「自己アピールするための能力」や「行動力」があると評価されたり、海外留学で専門性が高い内容を学んできたことが分かれば、就職先に対して大きなアドバンテージになります。

そして、単に語学ができるだけでなく、そこにさらにプラスして「グローバルな視野」や「枠にとらわれない新しい発想」「海外で生き抜いていくタフさ」をもっている人材だと評価されることができれば、交換留学経験を生かして自分が得た語学力を生かすことのできるような希望の就職先で働くことができます。

留学している間にそこまでいろいろな能力を身につけて、いろいろな自己アピールできるようにするためには、やはりどうしてもある程度の期間で留学をすることが必要になります。

 

いかがでしたか?

短期留学では身に着けることができにくい海外で生き抜いていくためのタフさや語学力、コミュニケーション力、発想力などの様々な力を長期の留学をする中でつけていくことができるのです。

 

交換留学.comでは以下のようなサービスで交換留学を希望したり、交換留学に行かれる方を応援しています。

無料相談会

交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

交換留学についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA