交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜金融の中心、香港に交換留学!〜 香港中文に交換留学中「中村舜生さん」

〜金融の中心、香港に交換留学!〜 香港中文に交換留学中「中村舜生さん」

〜金融の中心、香港に交換留学!〜 香港中文に交換留学中「中村舜生さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です。
今回は香港中文大学に交換留学中の中村舜生さんに香港でインタビューさせていただきました。

香港は中華系だけでなく、フィリピン・ベトナムなどのアジア系、インドやパキスタンなどインド系の人、そして欧米系の人が入り混じる雑多な場所です。

また、香港は中国本土とつながる金融の中心ですね!そんな素敵な香港で学んでいる中村さんにお話をお聞きしました。

経済学部から交換留学を考えている人、アジア留学を考えている人は必見の記事です!

1.香港中文大学を交換留学先に選んだ理由

 理由としては主に3つあって、
①留学先としてポピュラーな欧米とは異なるアジアという場所で、みんなと違う体験をしたかったから。
②カオスな香港という街を面白いと思ったから。
③興味があった金融に関して、Accounting&Financeのランキングで世界23位(QS World University Rankings by Subject 2017)という高いレベルで学べる場であり、伸ばしたいと考えていた中国語の教育でも高い評価を得ているなど自分の求めていた勉強が出来る場所であったから。
以上の理由からCUHKを選択しました。

キャンパス内池と海

2.香港中文大学の授業

 【特色】
 慶應の授業と比較して大きな違いを感じたのは、理論を学ぶのに留まるのか、学んだ理論を実践する場があるかどうかです。慶應でも金融系の授業をとっていましたが、理論の習得に終始することが多かったです。
 一方で香港中文大学においては、自分達の手を動かすプロジェクトを多く経験しています。例えば、投資の授業で実際に投資ポートフォリオを作成し、インデックスとのリターンを比較してその株式構成の背景となる根拠を説明するプレゼンをしたり、財務諸表分析の授業では、リサーチに基づき企業のバリュエーションを実際に行うなど学んだ内容を実践する機会が多くあります。
 また、日本の授業と違いを感じたもう一つの点として教授が給与やキャリアパスなどお金に絡んだ話をすることが挙げられます。日本において教授がお金の話をぐいぐいするというのは滅多にないことだと思いますが、香港では金銭に関する話題がよりオープンに議論され、投資銀行等実務家出身の教授から実際の仕事での生々しい話が聞けます。

【実際に履修中の授業】
 今期は4つの授業を履修していて、
①中国語、②中国の金融制度 (Emerging Financial Markets of China)、③デリバティブ (Options and Futures )、④財務諸表の分析 (Financial Statement Analysis)です。
 授業は一般的には165分で、人数が多い授業は2時間のレクチャーと45分の少人数クラスに分けて週2回行われます。語学は90分です

【授業の難易度・履修制度等】
 講義コード1000番台、2000番台(1・2年生向けの授業)は日本と変わらない程度ですが、4000番台(4年生向けの授業)は高度な内容に踏み込むので時間をかなり割くことを求められます。
 交換留学生は学部に縛られず、比較的自由に授業を履修できます。履修に前提条件がある授業もあるので注意が必要ですが、交渉すれば通る授業も多いので諦めないで頑張ってほしいです。交渉の流れとしては、
1.教授に口頭で相談
2.前提知識証明などの書類や成績表を添付したメールを教授に送信
3.教授から認められた場合、学生部に届け出
を経て履修が承認されるというものでした。

香港中文大学では金融・ビジネス系の授業は人気が高く、履修したい授業が取れない事態が発生することも多いので、第一希望・第二希望・第三希望を考えて調整できるように備えておくと良いと思います。

3.香港中文大学での生活

【余暇】
ジムで鍛える、格闘技の練習をする、近隣諸国への旅行などが主な授業以外の時間の過ごし方です。また香港日本人商工会議所の学生リサーチチームに所属し、大湾区開発(香港・広東省・マカオの統合経済圏構想)についての調査を行っており、4月にプレゼンテーションを行う予定です。蘭桂坊というバーが軒を連ねる通りに友人と繰り出すことも稀にあります。
【寮での生活】
香港人のルームメイトと二人部屋をシェアしています。ルームメイトが誰になるかはランダムで、他の交換留学生か、中国人の正規生になる場合もあります。寮は月3万円程度で、火水木の夜ご飯もついていて綺麗な部屋なのでとても満足しています。
【香港全般】
香港の生活で予想と違ったこととして、意外と英語が通じないところも存在することが挙げられます。中心部である香港島では英語が通じるものの、九龍半島は英語が通じない場合も多いです。本当にローカルな場所では広東語しか通じず、気合で乗り切ることもたまにあります。広東語が街中で最も飛び交っている言語で普通話が耳に入ることはそこまで無いです。
また、飲食店などでのサービスは日本とは全く違うと言えます笑 素っ気なく丁寧なおもてなしの心は存在しません。慣れないと驚くかもしれないですが、慣れれば自分も気を使わなくていいので楽になります。

友人たちとPeakにお出かけ!

中村さんが住んでいる寮

3.こういう人には香港中文大学がオススメ!

中華圏の人と触れ合いたい人(中国本土、台湾人、香港人など様々な人と触れ合えます。)

香港に行きたいものの、雑多ではなく自然豊かで落ち着いているキャンパスがいい人

中国語か広東語を勉強したい人

大学内の森

4.後輩に一言

【語学】
英語を伸ばしたいのであれば英語ディベート部(Keio Debate Squad)に入ることをおすすめします 。僕自身はTOEFLの対策を特段行いませんでしたが、英語ディベートの活動を通じてTOEFLの点数が勝手にそして爆発的に上がりました。また留学する仲間や先輩が多くいるので困ったときに相談できるプラットフォームが整っています。

【香港のユニークネス】
香港という場所は中国との中継拠点として様々な国の企業がビジネスを行っており、色々な方法や場でそういったビジネスの実際を知ることが出来る機会が存在します。またそういった土地柄、実践に役立つ学問を求める気風が強く金融などの専門性を高めたい人には最適な場所であると言えます。

またアジアの色々な国から人が来ているので、その人達が実際にどういう生活をしているのかアジアの多様なコミュニティーを知れるのは非常にいい文化の体験です。例えば中文大には、中国・台湾・韓国・ブルネイ・インドネシア・カザフスタン・ネパールなど多彩な国から交換留学生や正規留学生が来ています。

【GPA等に自信がない人へ】
僕自身も誇れるような成績ではありませんでしたが留学の機会を頂くことが出来ました。無理かもしれないと思っても諦めないで挑戦してみてください!

 5. まとめ

いかがでしたでしょうか?香港という多様性の街で学ぶことは、自身の視野を広げるだけでなく、一生忘れることのできない経験となるはずです。

中村さん、ありがとうございました^^

まずは交換留学先のことをよくリサーチすることがとても大切です!

無料相談会

香港交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

香港交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA