交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜交換留学するという選択は必然〜 ダラム大学に交換留学する東大生「3年仲井成志さん」

〜交換留学するという選択は必然〜 ダラム大学に交換留学する東大生「3年仲井成志さん」

〜交換留学するという選択は必然〜 ダラム大学に交換留学する東大生「3年仲井成志さん」

1.自己紹介:日本での大学生活

【世界史?法学?文学?】

大学に入学した僕が直面した問題は、「どの学部に進学するか」ということ。リベラルアーツ(教養教育)を掲げる東京大学では、新入生が全員「(前期)教養学部」に所属し、自分の興味の赴くままに自由に履修を組むことができます。

僕は素直に、あまりに素直に、興味のある分野を片っ端から勉強し始めました。時期によって関心が二転三転するのですが、1~2年次は大まかに「世界史」(西洋史、社会史)→「法学」(憲法、安保法制)→「文学」(漱石をはじめ明治文学など)という変遷を辿りました。詳述は避けますが、面白いのは「人文科学」→「社会科学」→「人文科学」という法則性が存在すること。反動の力学が働いたことは言うまでもありません。

【そして、国際関係論へ】

結果的に僕が進学したのは「(後期)教養学部教養学科国際関係論コース」。その名の通り、国際関係についての学問です。法学部・文学部と悩みに悩んでの決断でした。しかし今振り返ってみると、世界史のグローバルな視点、法学の実務的・理論的視点、文学の哲学的視点が三つ巴となってうまく調和しているのが「国際関係論」だったのです。

いまは「国際社会における国家とは何か、国家の果たすべき役割とは何か」、「国際社会に普遍的正義は存在するか」を、国際政治経済や政治哲学、社会学など様々な視点から考えています。この学問領域では社会科学と人文科学が見事に溶け合っており、その意味で1~2年次のリベラルアーツが生きている、と言えるかもしれません。

ここだけの話、生意気にも「既存の学問領域を超越したい」という大それた構想を練っています。問題領域の広い国際関係論コースだからこそできることではないでしょうか。

【論文を追い、論文に追われる毎日】

国際関係論コースでは毎日2~3コマの授業を履修していますが、演習が講義に較べて格段に多く、毎週の課題である数百ページの英語論文に苦しみながらも、演習におけるアカデミックな雰囲気に楽しみを見出しています。

生活の軸となっているのは授業とJISS、趣味(ミュージカル観劇、読書)の三本柱。なお、JISSではライターとしてホームページの活動記事を執筆しています。

2.交換留学を決意するまで

交換留学を決意した理由はいたって簡単です。国際関係を学ぶ者として、グローバルな視点を身に付けるためにも日本を飛び出して海外で研鑽を積む必要性を感じたからです。

2016年はブレグジットやトランプ大統領の台頭など、世界的にグローバリズムが危機的状況に陥ったことも大きな要因でした。今世界で何が起こっているのかを、この目で、この耳で感じたいと思ったのです。

3.交換留学先はどうやって選んだのか

国際関係論の研究が盛ん―というよりも、二大拠点となっている―のはイギリスとアメリカです。では、どうしてアメリカではなくイギリスなのか。

アメリカの国際関係論には、簡単に言えば実証的・科学的な伝統があります。それに対し、イギリスのいわゆる「英国学派」は広義には歴史・思想・哲学的アプローチをとることが多く、人文科学と社会科学の融合という点では、イギリスの国際関係論が僕にとってより魅力的だったのです。

東京大学と全学交換留学の協定を結んでいるイギリスの大学の中で、国際関係論を学ぶにあたってより良い環境が整っているのがダラム大学でした。

4.交換留学するまでのプロセス(動機、語学学習、選考、奨学金、部屋探し、その他手続きなど)

語学学習や選考に関してはこれといって特筆すべきことが無いので、ここでは奨学金に限って、これから留学を控える方々へのアドバイスを含めて書かせていただきます。

【奨学金】

僕は「業務スーパージャパンドリーム財団」(以下「業務スーパー奨学金」)の奨学生となり、月額15万円の奨学金を受給させていただくこととなりました。業務スーパー奨学金は民間としては最大の支給金額を誇っており、志望者数も近年激増しているようです。

選考は学内選考(書類審査)を経て、業務スーパーの本社がある兵庫県神戸市三宮での面接試験で最終的に決定されます。面接は留学志望先の国別に集団(10人ほど)で行われ、面接官は4名です。15万円(×10か月程度)を賭けた面接という事もあり終始緊迫した雰囲気の中で行われましたが、質問はそれほど高度ではありません。むしろ虚飾の無い回答を引き出し、そこに人間性を見出すという方針をとっておられるようで、ある意味「変則的」(しかしながら良質)な質問が多かった印象です。

候補者10名が順番に自己紹介(留学理由、奨学金希望理由)を行った後、さっそく衝撃的な質問がなされました。それは、有名な洋楽「You Raise Me up」を聴いて(YouTubeで再生)、自分が将来、曲中に言う「You」となるためには何をしなければならないか、というもの。変則的でありながら、機転を利かせて将来構想を語らせるにはうってつけの質問かもしれません。続いては「イギリス嫌いな私にイギリスの魅力を教えてください」というもの。これもかなりの変化球ですが、歴史や文化について自らの見解を披露する絶好のチャンスです。大切なことは、挙手制で時間制限がある(全員が発言できるわけではない)ため、なるべく早めに挙手・発表すること。先陣を切ると印象が良いのは言うまでもありません。

事務面で注意すべきは、大学ごとに学内選考の時期が異なること。面接試験が3月末に行われるため、多くの大学は1月末から2月初頭に学内選考の締め切りが設定されていると思われます。

業務スーパー奨学金は、その他の奨学金よりも選考のハードルが低く、それでいて支給金額が多いという「穴場」です。奨学金を検討する際に候補に入れておくといいでしょう。

5.交換留学準備で注意すること!

月並みですが、正確な情報を得るために常にアンテナを高くしておくこと。人づてに聞いた話では信憑性がありません。奨学金の情報などは、必ず大学や政府、民間企業のホームページをチェックしましょう。また、留学に必要な語学要件は留学先大学ごとに大きく異なるので、なるべく早めに情報を仕入れ、TOEFLやIELTSなどの英語検定対策を進めたいところです。

6.どんな交換留学生活を送りたい?

授業を中心とした勉学に生活の軸を定めつつも、重層的で色彩豊かな歴史・伝統・文化をもつイギリスでの留学というアドバンテージを生かし、観光も積極的に行いたいと思っています。豊富な歴史的建造物への観光のみならず、ウェストエンド(ロンドン)でのミュージカル観劇やグローブ座でのシェイクスピア演劇も存分に楽しむつもりです。また、英国を代表する詩人ワーズワースがこよなく愛したというスコットランドの湖水地方にも足を運びたいと思っています。日本人にとっての田園風景のように、湖水地方にはイギリス人の原点があるように思うのです。

イギリスの歴史・文化に触れることで日本文化を相対化し、ひいては僕自身のアイデンティティも発見・確立できるかもしれない、という淡い期待を抱いています。

※こちらの記事は交換留学生のためのコミュニティーJISSから転載しております。

○交換留学生の為のコミュニティーJISSとは?:http://jiss.co/wp2/

○採用ページ:http://jiss.co/wp2/recruit/

7.まとめ

いかがだったでしょうか?イギリス・ダラム大学のお話から奨学金についての細かいお話までもいただきました。
交換留学は高額な奨学金が出て実質タダで行けるのも魅力ですね!

無料相談会

イギリス交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリス交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA