交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【3人に1人が悩む!留学を目指す人必見!】慶應の交換留学でGPAってどのくらい必要なの?????

【3人に1人が悩む!留学を目指す人必見!】慶應の交換留学でGPAってどのくらい必要なの?????

【3人に1人が悩む!留学を目指す人必見!】慶應の交換留学でGPAってどのくらい必要なの?????

2017年ももう7月ですねー。交換留学が決まってからもう半年以上が経ちました… 交換留学に出願しようかなーと考えている人はちょうど留学の手引きをペラペラめくって各大学の英語のスコアやGPAの基準を確認している時期ですね!僕もちょうどこの時期に「スピーキングのスコアが足りないやべぇ!」とか「今期授業全然出てないけどGPA基準けっこう高いじゃん!」とか焦ってた記憶があります(笑)
さて、今日は出願に必要なもののうち、GPAについて書いていきたいと思います。

【1】GPAとは?

GPAとはGrade Point Averageの略語、つまり成績係数のことです。みなさんご存知の通りAを4、Bを3、Cを2、Dを0として、、、という一般的な計算方法がありますが、慶應の交換留学の出願で使われる数値は「交換留学用成績係数」としてまた別の計算方法が存在します!
その計算は学業成績表の評語(S,A,B,C,D)の単位数を以下の式に当てはめて行います。

2016年度までの履修科目:X=5A+4B+3C+0D
2017年度以降の履修科目:Y=5S+4.5A+4B+3C+0D

交換留学用成績係数=(X+Y)÷(S+A+B+C+D)

この交換留学用成績係数が3.30以上であることが慶應の交換留学自体の出願には必要となります!「学業成績が優秀であること」と冊子には書いてありますが、正直さらっととれちゃう数字ですよね(笑)

【2】出願先大学のGPA

さて、出願に最低限必要なGPA基準を満たして一安心したら次は出願先大学が設けるGPA基準を確認しましょう!
こちらはもう少し厄介です。留学のてびきの募集要項を見ていただけるとわかると思いますが、慶應の交換留学を出願すること自体に必要なGPAよりも高いGPAを求めていたり、専門科目で一定以上のGPAを要求する大学があったりするのです(!)。なので、慶應での専門科目なんかつまらないし交換留学先大学では別の学問を勉強したい!と思っている方々はちょっと注意してください笑

※また、募集要項にのっているGPA基準の多くの場合は4を上限としたGPAの数値になりますので、現在の慶應のSの5を上限とする計算とのズレが生じることになります。中の人はSが導入される前に出願したので、このズレをどう修正するかは分かりません、、、ちょっと怖い方は学生部に聞いてみてください。

さて、無事交換留学したい大学のGPA基準を満たしていたら、あとは出願直前の春学期で成績を落とさないようにするだけです!

【3】最低限のGPAはクリアしたけど、結局どれくらいとればいいの?

みなさん語学の基準でも同じような悩みを持ったことがあるのではないでしょうか?英語のスコアも高ければ高いほどいいと聞きますが、GPAが4.0だったら絶対第一志望に行けるのでしょうか?

GPAに関しては、高ければ高いほど印象がいいのは間違いありません(当たり前ですが笑)が、それが決定的な基準となることはないと思います。一言で言ってしまえば状況次第(笑)。仮に、残りの1枠を争っている評価がほとんど同じ二人がいて、GPAが片方は3.30でもう片方が4.0としたら、GPAが決定的な基準となるかもしれません。ですが、実際の選考では、ESから面接まで総合的に見て評価されますので、GPAが勝敗のすべてを決めるような場面は選考過程の中では生じにくいと思います。もちろん専門科目のGPAがめちゃくちゃ低いのに交換留学先で専門科目をやりたいといった場合には面接で突っ込まれるとは思いますが、これもちゃんとうまく答えきれば問題ないと思います(笑)。したがって、GPA基準は選考でポイント稼ぎとなる基準というよりも、出願先大学のGPAを満たすような、勉強をちゃんとやってきた大学生だけに出願してもらうためのストッパーの役割のほうが強いと思います。
いままでえらそうに話してきましたが、僕は慶應義塾大学ではないので、残念ながら100%そうだとは言い切れません(笑)。不安な方は今学期のテストでGPAをできるだけ挙げておくことをお勧めします。

【4】まとめ

慶應の交換留学の選考は筆記テストも長文作文もないため、不透明なところが多く、みなさん不安になることがよくあると思いますが、一番大事なのは、交換留学で何をしたいか、それがなぜ将来の夢につながるのか、そのために今まで何をしてきたのかをしっかりと伝えきることです!立派な志望動機と面接対応さえできていれば、憲法の成績がCだからとかスペイン語落として来日決まってるからとか、そのようなことは選考で大きく響くことはないと思います。準備頑張ってください!

いかがでしたでしょうか?日本では学んでいない学問を交換留学先で学んでみるのはいかがでしょうか? また、フランスという日本とは一味違う国で学ぶのはいかがでしょうか? 是非交換留学に踏み出してください!

無料相談会

慶應の交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

慶應の交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

留学に関する無料相談


保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA