交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】東大よりも上位!? 香港大学に突撃した慶應生インタビュー「2年、妹尾真成君」

【交換留学インタビュー】東大よりも上位!? 香港大学に突撃した慶應生インタビュー「2年、妹尾真成君」

【交換留学インタビュー】東大よりも上位!? 香港大学に突撃した慶應生インタビュー「2年、妹尾真成君」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は2年生(選考時1年生)で香港大学にチャレンジした妹尾真成くんにインタビューさせてもらいました。慶應の中でもかなり人気の高い香港大学を選んだ理由、アジアへの交換留学を選んだ理由、そして攻略のコツを聞きました。

まずは、香港大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.香港大学とは???

香港大学は1887年に創設されました。世界大学ランキングでは、アジアトップを巡ってシンガポール国立大学と争う立場にあります。官僚になる卒業生が多いです。医学部・歯学部・工学部・教育学部・法学部・人文学部・理学部といった学部があります。世界中から大学生が来ています。中国本土からの交換留学生も多く、国際性は高いです。

2.慶應義塾から香港大学に行く妹尾真成君にインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
中学から漠然と交換留学したいとは考えていました。大学入って体育会入るのを断念して、他に目標を持とうとして交換留学をしようと決意しました。中学の時にちょうど尖閣諸島問題があって、中国や韓国の方とも交流を持ちたかったことも理由です。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
6月から英語の塾に通い始めました。最初に受けたときは62点でしたが、夏休みで一気に伸ばして申請時には87点まで上げました。塾では基礎的なノウハウを教えてくれるので、ある程度までは上がりました。僕は、リーディング・ライティング・リスニングを教えてくれるコースに2ヶ月間週1で通いました。その後は、自分で勉強をしていきました。自分は、リーディングは得意だったんですが、リスニングが苦手だったんですよ。なので、リスニングで出てくる単語を聞いて日本語の意味がパッと思い浮かぶように勉強しました。具体的には、単語帳を読みながら発音して、単語の意味と音をきちんとリンクさせたりしました。そうやって自分で勉強法を考えてやっていきました。現在のトフルの点数は92点です。実は基準点から1点足りないんですが、香港大学からは何も言われていませんし、慶應義塾からも何も言われないので大丈夫だと思っています。一応、香港大学の方にはいきたいという熱意をメールで伝えておきました笑

香港大学を選んだ理由は何ですか?
実は最初はアメリカの大学が良かったんですが、あまり志望理由が見つからなかったんです。そこで、ちゃんと考えたら自分はアジアの方が興味あるなって思って。高校の卒論で、尖閣諸島や慰安婦の問題など東アジアの問題を取り扱ったので、そこから東アジア諸国に興味がありました。東アジアの中でも、シンガポールと香港に絞ったのは、春学期の6月くらいですね。私は交換留学先でビジネス、特にマーケティングを学びたかったので、それが学べるこの2校にしぼりました。さらに英語で授業が行われているというもの大きかったです。その後、直接、香港とシンガポールに行って決めました。香港の町並みを見て、イギリスの文化と中国の文化が混ざっているのが面白いと思ったんですよ。例えば、レンガの建物の隣に農家の市場があったりします。こういうところが面白いと思いましたし、自分の交換留学生活をイメージできたので香港に決めました。あとは、NUSは交換留学生の場合、半期しかビジネスの授業を取れないので微妙だと思いました。

面接で何を聞かれましたか?

 なぜ香港大学かと交換留学先での計画、並びに将来にどう生かしていくか、普段の学びで心がけていることは何か?
なぜ2年生で行こうと思ったのか? TPPについてどう思うか?でした。
TPPについては、自分はビジネスとか国際物流に興味があるって言ったから、聞かれたんだと思います。分からないと正直に答えたら、面接官がべらべら教えてくれましたw
でも、その後キミは3年生になってから交換留学やった方がいいよって言われて絶対落ちたと思ってました笑
これからは反省して、向こうで政治経済の勉強をしていきたいと思っている。今は新聞も読んでます
あと、普段の学びについて心がけていることを聞かれたときに、面接前に学問のススメを読んでおきましたw
それに則って、「実学の精神が大事だと思っていて、これをどうやって活かすかを考えて授業受けています」と言ったら好感触でした。
ネタで学問のススメを読んでおいただけだったので、助かりました笑

エントリーシートには何を書きましたか?
自分は将来こういう人材になりたい。そして、この夢を達成するためには香港大学で学ぶ必要がある。というフレームに自分の実体験を入れていくことを意識して書きました。
あと、添削も何回もしてもらいました。香港大学に過去に交換留学した卒業生の方や、親戚のおじさん、高校の担任にも添削してもらいました。

香港大学に期待するものとは?
勉強も頑張りたいけれど、生活面でも頑張りたいです。バスケを長いことやってたので、バスケのチームに入ってコミュニケーションをとります!
寮の友達ともコミュニケーションをとり、中国本土からの交換留学生とは中国語でコミュニケーションを取りたいです。あと、遊びたいです。すべてをひっくるめて交換留学だと思います。

後輩に一言お願いします!
交換留学は慶應義塾だからこそ行く意味があると思っています。交換留学の先輩たちはコンタクトをとったらしっかり会ってくれるし、よくしてもらっています。先輩たちがみんないうのは後輩に還元してあげるべきということです。早稲田とか東大とか比べたらいい意味での先輩後輩での伝統があると思います。現地では三田会もあり、現地の三田会を通じてOBを紹介してもらえることもあるそうです。他の大学とも違った交換留学が楽しめると思います。また、アジアの交換留学もお勧めです。米英は英語が母国語だから交換留学生にお構いなしでコミュニケーションをとったり、人種差別の問題があったりしますが、香港は英語が母国語の人が少ないのでお互いにお互いのことを聞こうというスタンスがあります。香港大学は欧米からの交換留学生が多いが、東アジアに興味もってくれるので純ジャパにとっても交換留学しやすい環境だと思います。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 香港大学は交換留学の倍率が高く、しっかりとした出願書類の作成を行う必要があります。そして香港大学はTOEFLの要求点も高く、英語学習も軽視できません。

交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

香港大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

香港大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 
保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA