交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜最高のコーディネーターに最高の環境で教わる!〜 ライプツィヒ大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、小山勇さん」

〜最高のコーディネーターに最高の環境で教わる!〜 ライプツィヒ大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、小山勇さん」

〜最高のコーディネーターに最高の環境で教わる!〜 ライプツィヒ大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、小山勇さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました! 小山さんはドイツという経済学が盛んな場所で通常の人とは異なった経験をされたようです!

ドイツですが、授業はドイツ語ではなく英語で行われることも多いようでドイツと聞いてハードルを高く感じる方も多いですが、気軽に交換留学できちゃいます!

どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

まずは、ライプツィヒ大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ライプツィヒ大学とは???


Photo by Polybert49 on VisualHunt / CC BY-SA

ライプツィヒ大学は1406年に設立された、ドイツで二番目に古い大学です。メルケル首相が卒業した大学としても有名です。現在では14の学部と150の学科を抱えるほどドイツでも有名な総合大学の一つです。一部の授業は英語で行われており、ドイツといえども英語で授業を受けることができます。また、英語の授業だけで学位を取得することができます!

2.交換留学先にライプツィヒ大学を選んだ理由

交換留学がカッコイイと思っており、経済学を英語で学べるLeipzig大学を選択しました。また、ドイツはヨーロッパの中心であり、EUへのネガティブな考え方を知るためにドイツを選びました。

Leipzig大学では、大学院の授業を主に受けることとなり、日本では学ぶことのできないオーストリア学派経済学を学ぶことができました。コーディネーターのProfesssor Dr. Schnablはとても優しく面倒見がいいだけでなく、世界的にも著名な学者のひとりであり、彼の下で一年間学べたことは非常に大きな収穫でした。

ライプツィヒ交換留学生

3.交換留学先で履修した授業

International Economics
現在の金融の流れを学びます。財市場と金融市場の関係や、外資系証券会社の動きによる影響を知り、世の中の経済の流れを理屈から学びます。

International Trade(国際経済学)
木村先生の行っている基本的に授業と同じ。ロロンモデルを習うのが中心で、リカードの比較優位とか…

Economic Policy(経済政策)
ドイツに行ったからこそ学べる学問。マネタリスト、ケインジアンのように、オーストリア学派というものがあり、彼らがいかに経済政策をしていったほうがよいかを学べる授業。Hayekという人の考えが中心です。

European Integration
EUがどういった背景で成立し、どのような仕組みで動いているのか、EU内での問題点を習います。

4.交換留学先で驚いたこと、文化の違いなど

ドイツでは、ご飯に期待してはいけないこと(10kg痩せました)→私の周囲では、皆Musliというコンフレークを食べていました。外食しても、料理は冷たいものが多く、15ユーロもかかるにもかかわらず、満足感はないということがザラです。なので、ドイツ人は朝食やおやつに、リンゴをまるかじりしていて、驚きました笑

5.交換留学先で得た貴重な経験

三田会に参加したこと!そして、友人との旅行は大変楽しかったです!

ヨーロッパの最大の強みは旅行がしやすいことで、友人と旅行には頻繁に行きました。交換留学中に、15か国を訪れました。

三田会については、日本人の学生が少ないので、優しく接してもらえて、親しくなれます。真摯に話に聞いてくれて、取り計らってくれる。就活を意識した人ならば、社会人に話を聞くことがしやすい印象です。

6.交換留学から帰国して何をしましたか?

慶應の授業は、海外より難しいくらいハイレベルです。しかし、課題やディベートがないため、海外より楽だと思います。その負担の軽さを生かして、勉強に取り組むもいいと思いますし、趣味や遊びに力を注ぐのもいいと思います。私の場合は、帰国後に友達に影響されて、就活に向けた準備をし始めました。

7.交換留学後に進路に対する考えが変わった

外資系企業やドイツの会社に現地採用で働くという選択肢が大きくなりました。ドイツでは、大学院卒業後に、日本より労働環境がよく、サラリーもよい会社に入社できます。

8.後輩に一言

交換留学は楽しいことばかりではなく、むしろつらいことのほうが多いかもしれません。言語の問題、文化の問題は思っているより、影響を受けてストレスがたまると思います。私の場合、現地について、住むところがなくて四苦八苦しました笑。しかし、それを乗り越えた時に大きな糧となると思うので、是非迷っている人はチャレンジしてほしいです!

9.まとめ

いかがでしたでしょうか? 交換留学は日本とは異なる環境で、自分自身の成長につながるということです。交換留学に悩んでいる方は是非、一歩を踏み出してください。

無料相談会

ドイツ交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

ドイツへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存