交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜自分を成長させるために 世界へ飛び立つ!〜2018年度ロイヤルホロウェイ(ロンドン大学)交換留学「2年S.Hさん」

〜自分を成長させるために 世界へ飛び立つ!〜2018年度ロイヤルホロウェイ(ロンドン大学)交換留学「2年S.Hさん」

〜自分を成長させるために 世界へ飛び立つ!〜2018年度ロイヤルホロウェイ(ロンドン大学)交換留学「2年S.Hさん」

こんにちは!交換留学.com事務局でインターン中の笹です!
イギリスにある大学の1つ、ロンドン大学ロイヤルホロウェイに2018年度交換留学予定の慶應大学商学部のS.Hさんにインタビューしました。

今回はイギリスに留学を決意した理由から何のために何を勉強しに交換留学をするのかについて話していきたいと思います。この記事は特にイギリス留学かアメリカ留学で悩んでいる人、国際関係論に興味がある人に必見です!

 1.イギリスでの交換留学を目指すきっかけはなんですか?

きっかけは高校2年生のときに、親戚がアメリカに住んでいるつながりで、UCLAを見に行って、なんとなく外の大学に興味を持ちました。大学で教わる内容は海外も日本(慶應)もそこまで変わらないと思うけど海外に行くと同じような文化的背景でない人と授業を受けることができる。いろいろな人と関わって様々な考えを知りたいです。

留学したい理由として自分の世界を広げたいという気持ちはかなり大きいです。

交換留学先としてイギリスを選んだのはもともとビートルズ好きだったことがきっかけです。イギリス文化・政治・社会制度にも興味があったので留学するならイギリスに行きたいと思い、イギリスの大学に絞りました。さらにその中で応募に必要な英語のスコアやその大学のカリキュラムを見てロンドン大学ロイヤルホロウェイに出願することを決めました。

ちなみに大学1年生と2年生の間の春休みにパリ政治学院の短期留学をして、非常に良い環境だと個人的に思ったためパリも留学先の選択肢に入っていました。しかしパリ政治学院は第2期募集なので第1期ではイギリスに決めました。第1期で落ちたら、パリ政治学院に出願していたと思います。留学の出願の時期が様々なのでそれも考えた上で出願先を決めることが大切だと思います。

 2. 交換留学先では何を勉強する予定ですか?

専門である経営学と国際関係論を勉強したいです!私は商学部なのでカリキュラムに沿った流れのある国際関係論を勉強する機会にはなかなか恵まれなかったのでとてもいいチャンスだと思っています。

そもそもなんで興味を持つようになったかというと、知り合いが模擬国連(1)には入っていてその知り合いは一刻の大使として国際法などを使い議論しているのがとてもカッコよくて自分も入ろうと決めました。もともとは国際関係論に興味はなかったのですがサークルの活動の中で国連、国際関係について扱う中で、徐々に国際関係論に興味を持つようになりました。

(1)模擬国連は一人一国の大使を任され、特定の議題について担当国の政策や歴史、外交関係などに照らし合わせて、実際の国連における会議と同じように議論、交渉し、決議を採択することを目的とし、国際問題への理解や交渉術の深化を図る、世界中の学生によって行われている活動。

 3. 交換留学に向けてどのように準備しましたか?

IELTSは大学1年生の1月から準備をして、志望理由書は9月から書き始めました。

出願先によってはIELTSの合計点だけでなく、各セクションごとに必要な点数が細かく決まっている場合もあるのでよく確認する必要があると思います。勉強法としてはIELTSの問題集をやりました。スピーキングについては帰国の友達にお願いして英語で問題を出してもらって英会話の練習をしました。

出願書類については、書類の中で話が一貫していて矛盾していないかを一番注意して書きました。自分で確認するだけでなく、留学に行っている先輩複数人に見てもらいました。

一番大切なのは志望理由書だと思います!8割は志望理由書。

私の場合面接は5分ぐらいで終わった気がします。面接での質問内容は以下の通りです。

1、留学を目指した理由、研究計画、志望大学の順番と理由

2、イギリスがEUを離脱して、EUにどのような影響を与えたと思うか
⇨自分が書類に書いたことに対して自分がどのぐらい知っているのかを試されたと思います。ただ書いただけではなく分野に対する考察をどれだけ普段からしているか。

3最後になぜか書類のダメ出し笑
⇨書類に書いてある内容からもう少し地に足をつけるようにと言われた。また、志望理由書の英語の部分に対して、純粋にアドバイスをしてくれました笑

   4. 最後に!留学を通して達成したいことはなんですか?

具体的には決まっていませんが大学1年生の必修の授業で菊澤教授の経営学の授業がとても面白かったので経営戦略をさらに深めたいと思っています。経営戦略に対する見方を多角化するために国際関係論の要素が生かせるのではないかと考えているので留学する理由の一つである国際関係論を学ぶことを重要視しています。

あとは英語という言語の壁もありますし、いろいろなトラブルを乗り越える力をつけ生きていく力をつけたいですね!


Photo on Visual hunt

 5. まとめ

いかがでしたでしょうか?
自分がなんとなく興味を持った国はあとになって留学先になることは多いのではないでしょうか?私自身もその一人です。それがいつか就職先になるなんてこともあるかもしれません。将来のためにも自分のためにも世界を広げていくことは大切だと思います。その方法として交換留学は最初の一歩になるのではないでしょうか?交換留学を成功させるためにはまずは交換留学先のことをよくリサーチすることがとても大切です!

無料相談会

イギリス交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリス交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA