交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜アートを求めて ロンドンへ!〜2018年度 King’s College London交換留学「新3年遠山 寛志さん」

〜アートを求めて ロンドンへ!〜2018年度 King’s College London交換留学「新3年遠山 寛志さん」

〜アートを求めて ロンドンへ!〜2018年度 King’s College London交換留学「新3年遠山 寛志さん」

こんにちは!交換留学.com事務局でインターン中の笹です!
イギリスにある大学の1つ、King’s College Londonに2018年度交換留学をするの慶應義塾大学3年の遠山寛志さんにインタビューしました。

今回はアートに興味がある人や、留学準備について話していきたいと思います。この記事は特にイギリス留学を悩んでいる人、留学先に迷っている人にも必見です!

 1. King’s College Londonでの交換留学を決意した理由はなんですか?

もともとイギリスに幼い頃住んでいたことと、親が常に1回は海外に長い間行けと言っていたことが大きいですね。僕の興味がある分野はアートなのでその意味ではロンドンは最適な場所です。そうなると学校は限られてくるので必然的にKCLになりました。ちなみに僕はKCLが第1希望でそれ以外は希望を出していません。

KCLがいい理由は,

①KCLがあるロンドンにアートの最新情報が揃っていること
②都市におけるアートマネジメントでロンドンは世界有数なこと
③世界でも稀に見る多文化都市であり世界各国から優秀な学生が揃っている

であろうKCLは哲学を学ぶ上で重要な多様性や様々なバックグラウンドを通した議論が可能であるからです。

 

⇨Tate Modern
-ロンドンにある現代美術の美術館で、かつての火力発電所をできる限り外観を変えずにリフォームし、Tate Galleryの別館としてオープンした。悪かった周辺の治安改善にも役立っており、都市におけるアートマネジメントの大きな成功例。

 2. 志望校合格に向けて何をしましたか?

英語は飯田橋にあるBritish Councilに1年ほど通いました。2017年の2月から7月にかけては平均して1日4時間ぐらいは費やしていたかなと思います。イギリスなのでILETSなのですが、親に頭を下げてお金を出してもらい7、8回受けました。受かった当初は writingが足りず条件付きだったのですが、結局1番高いスコアは7月の学期末テスト前に受けたものでした。

 

願書ではまず学びたいこととして、アートマネジメントと哲学を学びたいと書きました。ただ、僕は経済学部なのでアートも哲学も学部の授業として取っていた訳ではなく、一般教養と選択必修の授業で触りをやったのみでした。なので、いかに経済学部の必修で学んだことなどを留学先で学びたい学問に活かすのか、という課題を考えるのが少し大変でした。そこをうまくリンクさせられるかどうかがターニングポイントだったかなと思っています。また、将来やりたいことや自分が思い描いていることとしてアートが社会の一部になり、もっと重要な要素となることを望んでいると書きました。

 

面接では最初に志望動機を述べました。それは願書で書いたことを言い換えて述べました。

次に、「どんなアートが好きなのか」と「なぜそれが好きなのか」と聞かれました。僕は「コンテンポラリーアート(現代美術)が好きで、その理由としては観て考えることが出来るから」と答えました。

その後、「どうやってアートを社会の一部にするのですか」と聞かれました。いくつか述べたのですが、教育の重要性を述べた時、面接をしてくださっていた教授の1人から「そうだよね!Educationが大事だよね!」とハイテンションで言われたのでこれは受かったかな?(笑)と思いました。最後に、「Writingのスコアだけ足りないので頑張ってくださいね」と言われ、半ば受かったことを確信しました(笑)

 

 3. 留学の合格のために一番大事なことは何だとおもいますか?

自分が何を勉強したいか、そしてなぜそれを留学して行う必要があるかということを考え、できれば実践しておくことかなと思います。ただ国際的な学問をやりたい、だけでなくてそこに行ってしかできない経験があることを強調できると強いかなと思います。

僕の個人的な意見で言えば、学校がある都市やその中での立地はかなり重要でした。もちろんそれは学問にもよりますが、それらはかなり強いアピールポイントになったのではと自分の中では思っています。(ロンドンにおけるアートとアートマネジメント)

   4. 交換留学先で達成したいことは?

まず、多様なバックグラウンドを持った学生と優秀な先生たちとディスカッションをできることを非常に楽しみにしています。日本ではアクティブラーニングが用いられた授業を受講する機会はあまり多くないので少人数で自分の意見を発信できるような授業を受講するつもりです。また、KCLはロンドンの中心部に位置していて、ロンドンのいろんな特徴を活かした授業があるのでそれらを取って行くつもりです。

⇨Photo credit: raphael.chekroun on Visualhunt / CC BY-ND

 5. まとめ

いかがでしたでしょうか?
交換留学をただするだけではなんの意味もありません。留学先以上に留学で何をするかというのはとても大切な要素です。留学先を探す際はぜひ自分自身何を勉強したいのかを問い直してみてください!
まずは交換留学する理由をよく考えることがとても大切です!

無料相談会

イギリス交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリス交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA