交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】北欧一の有名大学! スウェーデンルンド大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、南日可那子さん」

【交換留学インタビュー】北欧一の有名大学! スウェーデンルンド大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、南日可那子さん」

【交換留学インタビュー】北欧一の有名大学! スウェーデンルンド大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、南日可那子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回はルンド大学での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。

北欧の最高の環境での交換留学は楽しそうですよね?

どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

まずは、ルンド大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ルンド大学とは???


ルンド大学は1666年に創設された北欧で二番目に古い大学です。交換留学生は4000人近くと、全学生の10%にもなります。理学や生命工学・医学・栄養学をはじめとした理系の学問から、法学や経済学・社会学・歴史学といった文系の学問までを学ぶことができます。QS World Ranking 70位で北欧では1位を誇る大学です。

2.慶應義塾からルンド大学に交換留学に行き、帰国した南日可那子さんにインタビュー

 ルンド大学を交換留学先として決めた理由
私の中でとりあえず二年生で交換留学したいという思いがあり、また、すでにアメリカに4年、ドイツに8年住んでいたということもあり、イギリスやアメリカといった定番の大学に行くのではなく、他の英語圏の国で他の人と違う経験をしたいという思いが強かったです。なので、英語で学べる大学は全て調べあげました。
その中でもスウェーデンという国に非常に興味を持ち始めました。人口は日本の12分の1でありながら世界の最先端で活躍する人材や企業を生み出していて、例えばH&M、IKEA、Skype、VOLVOなどは全てスウェーデン発です。さらにスウェーデンは英語を母国語としない国の中で英語の普及率が一番高いことでも知られています。教育の水準も世界でもっとも高く、男女平等が一番徹底されている国の最高峰の大学 ー それがルンド大学でした。
私は、慶應女子高から大学に進学した内部生だったので、受験勉強に悩まされることなく、将来について考える時間がありました。しかし、いざ大学に進学して、簡単に単位を取っている自分に疑問を持ちました。こんなので自分はいいのかな?って。
このままじゃ将来、社会、まして世界になんて出ていける状態にいないと思いました。だからこそ、今までとは異なる環境で1から自分を鍛え直したかった。なんとなく生きている自分を一度突き落として、ゼロからスタートしてイチから這い上がっていきたい。ハイレベルな環境で自分を置くことで、人間的に成長していきたい!
そう思ったんです。これが私が交換留学に踏み出す理由でした。

ルンド大学に交換留学中に驚いたことや文化の違いなど
文化的に驚いたこととして、「Fikaの重要性」があります。
Fikaとはコーヒーブレイクのようなもので、友人や個人レベルの付き合いだけでなく、職場でも存在しているものです。スウェーデンのスローライフを支えている習慣だと思います。適度にコーヒーを飲んで人と談笑することが、仕事率の向上さらには国の発展にもつながっているのかもしれません。
そして、スウェーデンの大学はサークルやクラブがほぼありません。その代わりにネーションという組織があります!
ルンド大学には13のネーションがあり、ネーションは三十人ほどの主にスウェーデン人の学生によって運営されている組織で、学生生活に必要なすべてのイベントやアクティビティなどを提供しています。例えば、パブやランチ、クラブなど。役員はほとんどスウェーデン人ですが、私もそんな環境に飛び込んで半年間以上役員として活動しました。もともとは、オリエン期間中にKristianstads Nationというネーションのアクティビティに毎回のように参加してたら、いつのまにかネーションの役員や幹部役員と仲良くなっていて、彼らに一緒に役員やろうよ、と誘われたのがきっかけでした。もちろんほとんどオールスウェーデン人の環境に飛び込んだ初期の方は怖気付きそうにもなりましたが、ここでなにも行動を取らなかったら絶対後悔する!と火がつき、気づけば親友と呼べる存在が周りに何人もできました。


ネーションの幹部写真

ルンド大学で得た最重要な経験

そもそもルンド大学に行って、いままで持っていた自信がすべて吹っ飛びました笑 自分の未熟さを痛感し、無知だしなんもできないんだなって気付かされました。意見を出したり考える力がないと思いました。それを、気付かされた背景には友達の存在が大きかったです。今いる友達と出会うための交換留学だったと言っても過言ではありません。

勉強に限らず、自分のことについて考えている人は非常に多いです。自分が何をしたくて、将来何したいのかしっかりと考えています。人間として考える力を身につけていて、知的好奇心を満たすため、更には自分の将来の選択肢を増やすために行動しています。私もこうなりたいって思いました。その姿勢に刺激され、私も新しい環境に飛び込み、新しいことに挑戦し始めました。

13ヶ月間の交換留学を終えて
実は私、6月に一週間ほど帰国し、9月までさらに三ヶ月間ルンドに滞在し、合計13ヶ月間スウェーデンにいました笑。理由はルンドが好き過ぎたから、といういたって単純なものです。その3ヶ月間は、スウェーデン語を週4で学び、ネーションで継続して役員やメンターとしての仕事をしたり、一人でヨーロッパ各国へ旅行しに行ってました。
13ヶ月間という非常に長い交換留学期間を通して、考える力がついた分、目標に近づくために自分が何をしたいか、自分が何をしないといけないかが、明確になったなと感じました。
後輩に伝えたいこと
交換留学から帰ってきたときに胸を張って自分は成長できたって言えるようにすることが大事だと思います。
交換留学で人は必ず成長できるわけではないですが、掴み取ったチャンスを最大限にいかして地道な努力を積んで、積極的に挑戦して努力していって欲しいと思います。壁を1つ1つ必死に乗り越えていくことで、見返したときに前よりも成長したことにふと気づくと思います。辛いことがあるのは当たり前だけど、そこで落ち込むのではなく、その辛い状況を乗り切るために努力をすることが大事だと思います。いつか見返した時、あれはなんてことなかったと絶対思えるようになるので。その時、前よりも一歩進んで「成長」できた自分を見つけることができるのではないでしょうか。そういった意味で私が交換留学を通して得たモットーは「人生において起こることすべてに意味がある」というものです笑。自分を成長させて帰って来てください!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 北欧、スウェーデンへの交換留学、非常に憧れますね!

また、かなこさんのやられているルンド大学のブログはこちら!

かなこの慶應交換留学記

北欧、イギリスといった交換留学先は非常に競争率が高く、しっかりとした戦略を練ることが大事です。

無料相談会

スウェーデンへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スウェーデンへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存