交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜社会保障の先進国へ〜 ルンド大学に交換留学する「2年伊藤花さん」

〜社会保障の先進国へ〜 ルンド大学に交換留学する「2年伊藤花さん」

〜社会保障の先進国へ〜 ルンド大学に留学する「2年伊藤花さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の山崎です!

今回はスウェーデンの大学の中で最もレベルが高いことで知られるルンド大学に留学される、伊藤花さんにインタビューさせて頂きました。
伊藤さんは社会保障、とりわけ教育の分野に特化して学びたいと思われているそうです。社会保障を留学先で学びたいと思われている方必見のインタビューです!

 1.交換留学を決意したきっかけは?

昔から家族でよく海外旅行に行っていたこともあり、海外に興味を持つようになりました。ですが、海外滞在はアメリカに2週間ホームステイをしたのが最長と、長期で海外に滞在したことがありませんでした。短期で海外に滞在する上で感じるのは、せっかく行っても観光客として軽く体験するにとどまってしまい、国のことを深く知れないということです。なので、長期で海外に滞在して現地の人と関わりたいという思いを持ち、中高の頃から漠然と留学に行きたいと思っていたので、大学入学後に慶應の交換留学制度について調べ始め、世界各地に協定校が多かったのでせっかくだし留学しようと決めました。
また、なぜルンド大学を選んだのかということについてですが、日本の大学では深く学ぶことが難しい社会保障について勉強したいと考えていて、社会保障を学ぶ上では北欧が良いと思ったので、北欧を選びました。北欧の協定校はノルウェーとスウェーデンのどちらかでしたが、スウェーデンの方が社会保障の授業が充実していて、その中でもルンド大学が規模も大きくレベルも高いと感じたので、ルンド大学を選びました。

 2.交換留学準備について教えてください!

入学したときから留学に行きたいと思っていましたが、語学的な面でも、専門的なことを学ぶ上でも、基礎的な知識を慶應で学んでから留学に行こうと考えていたため、1年次での出願は考えずに、2年春から交換留学に関する情報を集め始めました。北欧の大学に留学されている情報収集の方法としては、3人の先輩に志望校選びや就活時期に関してお話を聞くためにコンタクトを取りました。
交換留学書類を書き始めたのは提出締切の1か月前からでしたが、なかなか書き終わらず、締切当日に何度も修正して提出しました。書類を書く上では留学に行かれている先輩、家族、そして違った視点を持った方にもアドバイスを頂きたかったので、留学経験者ではない方にも添削をお願いしました。ただ、内容面でそこまで大きな変更をしたわけではなく、あくまで言葉の言い回しの部分を修正してもらいました。

 3.交換留学書類で書いたことを教えてください!

志望理由は以下の流れで書きました。
社会保障をやりたかったから、北欧に行きたい。→中高の頃から途上国援助に携わりたいと思っていて、将来もそういったことがしたいと思っていた。→その中でも教育分野に興味があった。→具体的な体験としてカンボジアでの教育ボランティアに参加して、途上国援助の中で教育の分野が足りてないのではないかと感じた。→そのために北欧で勉強したい。→留学先で得た知識を活かして、将来は途上国援助に携わる仕事をしたい。

 4.面接で聞かれた内容は?

留学経験者の先輩に頂いた面接対策リストで少し対策をしてから本番に臨みました。
1.志望理由を簡潔に
2.慶應では学べないのか?
3.第二志望以下の大学に決まっても留学する気はあるか?
→ただ留学に行きたいからいろんな大学を志望しているわけではない、ということをアピールする質問だと思いました。
4.異文化の中に飛び込むことに対する不安と対策はあるか?
→海外旅行とかが好きで、もともと海外に興味があるから心配ないです。と答えました。
先輩に話にを聞いたときに頂いた面接対策リストで少し対策をしてから臨みました。

 5.派遣先大学に期待する事は?

せっかく一年間留学するので、慶應に通っていては出来ないことをしたいと思っています。というのも、社会保障を深く学ぶのに加え、ディベートを始めとする少人数制の授業の授業や、3時間かけてエッセイを書くというような試験があるみたいなので、積極的に挑戦したいと考えています!

 6.後輩に向けて一言あればお願いします!

留学を積極的に考えているのであれば、留学先でどんなことをしたいかを少しでも早く考え始めるのがいいと思います。やはり、準備にかけることのできる時間が多く取れますし、なんとなく留学を考えていて直前で準備するのは大変だと思いました。
また、大学を卒業して社会に出た後は、留学に行く機会も可能性も少なくなると思うので、少しでも留学したいと思っているなら、挑戦するべきだと思います!

 7.まとめ

いかがでしたでしょうか?
留学先で社会保障を学びたいと考えている方は多くおられるのではないでしょうか。
北欧は社会保障を学ぶ上では、とても良い環境だと感じたので、検討されている方は早めに準備を始めましょう。

交換留学にぜひルンド大学を検討してみてください!

無料相談会

スウェーデンへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スウェーデンへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA