交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

最年少学年で交換留学に挑む:2年時に交換留学行くのってどうなの? 〜慶應3年生 南日可那子〜

最年少学年で交換留学に挑む:2年時に交換留学行くのってどうなの? 〜慶應3年生 南日可那子〜

最年少学年で交換留学に挑む:2年時に交換留学行くのってどうなの? 〜慶應3年生 南日可那子〜

こんにちは!現在未だ交換留学先のルンド大学に滞在中の南日です!6月中旬に「本帰国」をした6日後に再び出国してスウェーデンにカムバックして来ました。その理由についてはまた別記事にて共有できたらいいなと思ってます。ちなみに二度目で最後の本帰国がついに六時間後となり、鬱になってる心の余裕もありません。

それはともかくですね、今回は2年生として交換留学に挑むとはどういうことなのかについて書いていきたいと思います!そもそも2年生で交換留学行く人が少ないからこそ、それに関する情報が少ないのも確かです。なので2年生として交換留学へ行った人たちを(勝手に)代表して説明していきたいと思います!

1. 2年生で交換留学する人ってどれぐらいいるの?

慶應の交換留学は2年時に出願し、3年時に派遣されるのが圧倒的大多数なのが現状です。2016年度派遣者(第一期・二期)の中で当時二年生として交換留学に行った慶應生は私の知ってる限りなんと15人ほどしかいません。約200人中。

なんでこんなに少ないのか?それは、そもそも大学二年生で交換留学するということは、大学一年生というかなり早い時期に出願しないといけない点にあると思います。大学入学して半年後に出願。ぶっちゃけ、ようやくキラキラの慶應ガール・ボーイ生活に慣れた頃に「さあ、日本を出よう」って人、滅多にいないと思います。笑。私の場合は慶應女子からのいわゆる内部生だったので、慶應の交換留学制度についてはなんとなく大学入学前から知ってました。なので早い段階で準備し、出願することができました。じゃあ2年生で交換留学行く人はほとんど内部生なのか?そんなことは全くありません。外部受験をして慶應に入り、すぐに交換留学の準備に入った学生も全然います!いずれにせよ、早い段階での情報収集・準備が必要となってくることは間違いありません。少しでも交換留学したいと思ったらすぐに行動を取って見てください!

2. 2年生で交換留学するデメリットってあるの?

私は派遣時法律学科の2年生でしたが、デメリットとしてあげられるのは進級・卒業条件をクリアすることが大変であることだと思います。(各学科・学部で異なるので学生部に確認を取って見てください。)法律学科生は30単位以上を取得すれば進級できるので、私の場合は2年生の春学期に30単位以上を取得し、3年生に進級することができました。また、帰国後の3年の秋学期中に再び30単位以上を取ることができれば4年生に進級することができます。しかし法律学科生は2つ大変なことがあります。

まず全員に当てはまることとしては、帰国後の履修登録は時期によっては余り物の中から授業を選ばないといけないということ。余り物=エグ単。頑張りましょう。

その上で法律学科生だと大変なことの一つ目は語学の来日です。二年生の秋学期時の語学を取れないぶん、それを三年生の秋学期時に日吉までわざわざ行って取る必要があります。私は帰国後ドイツ語2コマ、外国語特殊(英語)1コマを家からドアツードアで片道三時間かかる日吉まで取りに行かないといけない、、。普通に泣けます。いや待て、冷静に考えてルンド大学では英語で全て授業を受け、英語を毎日話していたんだからせめて英語だけは免除でしょと必死の思いで学生部に「語学の来日はどう頑張っても避けられない運命なのか」とメール。答えはイェスでまた泣けました。

二つ目は、法律学科は特に3年生からしか取れない法律科目が多いぶん、交換留学直前の二年生春学期時に30単位以上取得という進級条件をクリアするために、必要のない般教を取らないといけないことです。私もすでに卒業条件に必要な般教の単位数はクリアしていたにもかかわらず、12単位分の無駄な般教を取らないといけなかったです。3年生からしか取れない法律科目が多いということは、帰国後苦労するということも意味します。

また、デメリットではありませんが、ぶっちゃけ1年生として出願することは立場的に不利です。出願生のほとんどは2年生で、3年生で交換留学を目指し4年生時に帰国する学生な訳ですが、2年生で出願する彼らに取ってはそれが交換留学できる最後のチャンスなわけです。国際センターのホームページには一年生で出願することは不利に働かないと書かれていますが、もし出願時1年生と2年生の二人の学生の実力が同程度だった時、交換留学できる最後のチャンスである2年生を選ぶと思われます。じゃあどうすればいいのか?2年生として交換留学しなければいけない理由。これを自分なりにきちんと考え、それを出願書類や面接等ではっきりとアピールすることが大事です!

3. 2年生として交換留学するメリットは?

やはり一番のメリットとしては就活に響かないということではないでしょうか?3年生時に派遣されるほとんどの慶應生の一番の悩みが、交換留学に行くことによって就活に遅れをとってしまわないか、就活に悪影響をもたらしてしまうのではないか、といったものです。ヨーロッパ留学なのに冬休みにわざわざボスキャリのためにアメリカへ出向いていた先輩方を私自身目の当たりにして来ましたが普通に大変そうでした。私はその間頑張れとエールを送りながらフランスでチーズとシャンパンを満喫して見事にぶくぶく太っていました。すみません、要は何が言いたいかというと、2年生でいけば3年生の夏前には帰ってくるので、かなりこういった就活関連の障壁は少ないのではないでしょうか、ということです。

また、ゼミ活動にも比較的支障をきたしません。二年生で交換留学するとゼミは一学期分のみ参加できませんが、三年生で交換留学すると一年間参加できないことになります。

個人的に一番のメリットは早い段階で多様な価値観や考えに触れることができ、交換留学先で作り上げた土台を元に帰国後はそこから発展していける点ではないかと思います。3年生での交換留学は1・2年生で基礎作りをしてからの交換留学となります。しかし2年生の場合であればそれを海外ですることができます。そして帰国後はまだ学生生活が一年半残っているため、時間をかけて自分の土台を発展していけるのではないでしょうか。

4.まとめ

2年時での交換留学には大変な面もあるかもしれませんが、そのぶんメリットがかなり大きいです!また、仮にダメだったとしても次の年もう一度挑戦することができます!そう言った意味でもチャレンジャーとして選考においては攻めていけるのではないでしょうか!以上、スウェーデン出国3時間前の南日からお届けしました!

いかがだったでしょうか? 2年生が交換留学に合格するのは容易ではありません! 

無料相談会

2年生での交換留学(1年次出願)の交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

2年生での交換留学(1年次出願)の交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存