交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜交換留学は新たな挑戦〜 ルクセンブルク大学に交換留学する早稲田生「2年佐藤真璃さん」

〜交換留学は新たな挑戦〜 ルクセンブルク大学に交換留学する早稲田生「2年佐藤真璃さん」

〜交換留学は新たな挑戦〜 ルクセンブルク大学に交換留学する早稲田生「2年佐藤真璃さん」

1.日本での大学生活

【今大学で学んでいること】

Liberal Studiesに基づき、自分の興味の赴くまま幅広い分野について学んでいます。英語で(たまに日本語で)学ぶことや、早期からゼミ形式の少人数制授業が多いのが特徴です。

今まで取った科目は美術、言語学、社会学、ジェンダー論、沖縄学、オペラの歴史と発展(!) など。大学一年生の秋学期からは留学先で使うこともあり、週5でフランス語を受講しています。フランス語は英語と類似点が多いので、英語で学ぶとすんなり頭に入ってきます。オペラの授業は、先生のピアノ生演奏と美声が堪能できます。

国際教養学部は必修科目が少なく、とにかく自由に勉強できるのが魅力です。

【大学生活】

Seiren Musical Projectという早稲田大学公認のミュージカルサークルに参加しています。

大学一年生の夏は演出助手という役職に付き、4年生の指導陣に1人混じって、公演のサポートに全力を注いでいました。秋に早稲田祭に出演したのも良い思い出です。

今年の夏も、留学前に衣装のチーフスタッフとして公演のサポートをする予定です。

舞台に出るだけでなく、創りあげる楽しさを知ることができ、舞台の見方も変わりました。大学2~3年生で留学に行くので本格的に関われる時間は短いですが、ミュージカル好きな仲間がたくさんできたのもとても嬉しいです。

2.交換留学を決意するまで

まず、大学生のうちに長期留学したい!というところから始まり、留学のための環境が整っている早稲田大学国際教養学部に入学しました。当学部は、単位互換制度を利用して1年間の長期留学に行くことがほとんどの学生(日本語を母語とするStudy Plan 1の生徒)の卒業要件となっています。私もその1人として、入学直後から留学準備を始めました。

3.交換留学先はどうやって選んだのか

早稲田大学は国際教養学部(毎年何百人も留学する学部)が存在することもあり、400校を超える海外協定校から留学先を選べます。

わたしの場合は、

①英語で学びたい

②ヨーロッパで学びたい

③人文系で学びたい

④落ち着いた治安の良い国だとなお良い

というざっくりしたところから留学先探しを始めました。

ルクセンブルク大学は、フランス、ドイツ、ベルギーと国境を接するルクセンブルク大公国に立地します。多言語国家(公用語はフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語) でありながら英語の留学プログラムも充実しており、言語学、文学と、とにかくことばについて学べることが魅力的でした。

また、大学の立地はフランス語圏に近いので、英語だけでなくフランス語も話せるようになる!なろう!と思い当大学を選びました。

多言語、多文化のルクセンブルクという国自体に興味があったことも大きいです。

4.留学するまでのプロセス(動機、語学学習、選考、奨学金、部屋探し、その他手続きなど)

大学1年生 春~夏 TOEFL受験・GPA取得

大学1年生 10月 大学内選考出願

大学1年生 12月上旬 出願結果発表

(以下はルクセンブルク大学に関する手続き)

大学2年生 1月上旬 Study Field申請

大学2年生 4月末 オンライン出願完了

大学2年生 6月中旬 現地からの留学許可が下りる

大学2年生 6~7月 ビザ、住居などの申請・許可

大学2年生 9月上旬 渡航

5.留学準備で注意すること!

国際教養学部をこれから目指す人へのメッセージになります。環境は非常に恵まれているので留学すること自体に問題はありません。ですが、留学先は第七希望まで出願し、主にGPAとTOEFL(又はIELTS)の成績順に決まっていきます。シンプルですが、ごまかしが利かないので一番行きたい大学に行くために一年生春学期は留学に向けてしっかり勉強しましょう。留学先を選ぶ中で自分の専攻分野を絞っていけると良いと思います。

奨学金は大学経由で一括申請できますが、トビタテ留学JAPANなど個人的に申請することも可能です。

6.どんな留学生活を送りたい?

二、三度の旅行でしか海外に滞在したことがなく、ずっと東京で親元に暮らしてきた私にとっては留学の何もかもが大きすぎる挑戦です。一体どんな暮らしになるのか想像もつきませんが、新しい生活を一から作ることが不安でもあり、同時に楽しみです。まずは学業に専念しつつ、将来何がしたいのか自分と向き合う時期にしたいです。

私は美術館に行ったり舞台を観たりすることが大好きなので、ヨーロッパで思う存分芸術に触れ、見聞を深める生活も送りたいです。

「ルクセンブルクに留学する」というと、「えっ、それって国?都市?」と聞かれたりします。日本代表として留学に行くことは勿論、日本でのルクセンブルクの知名度を上げる一端になれたら良いなと思います。今後の留学レポートも楽しみにしていてください!

※こちらの記事は交換留学生のためのコミュニティーJISSから転載しております。

○交換留学生の為のコミュニティーJISSとは?:http://jiss.co/wp2/

○採用ページ:http://jiss.co/wp2/recruit/

5.まとめ

いかがだったでしょうか?小国ながらもヨーロッパのなかで抜群の知名度をもつルクセンブルク。そこへの交換留学は人生にとって大きな意味を持つはずです。

無料相談会

ヨーロッパに関する交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

ヨーロッパ交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA