交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜4年生での交換留学 やはり学生のうちに海外に行きたい!〜 2017年度モントリオール大学交換留学「4年Y.Kさん」

〜4年生での交換留学 やはり学生のうちに海外に行きたい!〜 2017年度モントリオール大学交換留学「4年Y.Kさん」

〜4年生での交換留学 やはり学生のうちに海外に行きたい!〜 2017年度モントリオール大学交換留学「4年Y.Kさん」

こんにちは!交換留学.com事務局でインターン中の笹です!
カナダにある大学のうちの1つ、モントリオール大学に現在交換留学中の慶應大学4年生のY.Kさんにインタビューしました。

今回は4年生での交換留学を決めた心持ちからカナダ留学の魅力について話していきたいと思います。この記事は特に現在2年生や3年生で交換留学をするか悩んでる人、カナダ留学について知りたい人に必見です!

 1. 4年生にも関わらず交換留学をしたいと思った理由

高校生の頃から漠然と「海外留学してみたい!」と思っていたものの、大学での勉強や課外活動が忙しかったため、留学の情報収集や準備時間がなかなかとれず、このまま卒業するんだろうな、と3年生の夏まで思っていました。

就職活動をしていくうちに、やっぱり学生のうちに海外に行きたい!海外の視点からの日本を見てみたい!という気持ちが芽生え、3年生の秋学期というかなり遅い時期に交換留学への応募を決意しました。

高校生のときに夏季短期留学でカナダのトロントに行きカナダの環境やカナダ人の人柄のよさに惹かれ、それ以来「留学に行くならカナダがいい!」とずっと思っていたということと、「学生時代に一年くらい海外で勉強したほうがいい」と背中を押してくださったのがフランス語の先生だったということもあり、カナダのフランス語圏しか見ていませんでした(笑)

また私自身ICTに興味があるので、ICTやメディアアートで有名なモントリオールで、日本よりも歴史が長いコミュニケーション学を学ぶためにモントリオール大学へ出願 しました!

仏語圏の大学の中で、フランスのパリ大学に次いで世界第二位の規模で、生徒数、教授、留学生の人数がとっても多いので色々な人に出会える環境だと思います。また、モントリオール大学は4月30日に授業が終わるので、5月に帰国し9月卒業に間に合う、というのも理由の1つでした。

⇨授業開始の一週間前は、La semaine d’accueilといって、大学で様々なアクティビティが行われます。好きなアクティビティに参加できます。そこでできた友人とは未だに交流があります!写真は、アクティビティの中でも新入生向けの大規模なイベント。

 2. モントリオール大学での履修・授業について

交換留学生は担当の先生がつき、その方と相談をしながら履修授業を決めます。モントリオール大学では語学の授業も取ることができるので、言語に不安のある人でもしっかりと言語を学ぶことができます。(もちろんフランス語は完璧!という人は、正規授業だけを取ることもできます。)

私は秋学期に毎朝と、午後は週に二回、というフランス語インテンシブコースの授業を履修しました。毎日のように宿題があり、テストも週に1-2回あるので大変ですが、ケベックのフランス語に慣れる、また、友人を作るには絶好の機会でした。

コミュニケーション学部の授業は、“コミュニケーション”を取ることを重視しているのか、ほとんどの授業でグループワークが評価の対象になります。グループワークは、フランス語でチームメンバーとコミュニケーションを取らなければならないので、他のテストやペーパーだけの授業よりもやや難関だと感じています。

今まで学んだことのある範囲や、日本の歴史・政治経済などの授業を履修すれば内容が分かっている分そこまで難しくないかもしれませんが、初見の範囲を学ぶのはやはり難しいかもしれません。

また、やはり英語と仏語のバイリンガルが多いので、 参考文献はフランス語だけでなく英語のものも多く、フランス語力だけでなく英語力もあげないといけないと日々感じています。

ただ、どの教授の方もとても親切で、改めて来てよかったと感じています。

⇨モントリオール大学で週に1回開かれるランゲージ・エクスチェンジ。大学外でも多くのランゲージ・エクスチェンジがあります。

 3. モントリオール大学に向いているのはこんな人!

モントリオールは“北米のパリ”と呼ばれるように、フランス文化が色濃く残り、街並みがヨーロッパのようでとってもおしゃれです!ダウンタウンは新しいビルが立ち並ぶので、新しい街と古い街並みが融合している、不思議な街です。カナダの中でトロントの次に大きい街なので、欲しいものは手に入れることが容易く、生活に困ることはほぼありません。マルチカルチャーの街で、移民も多く、様々な異国の料理を食べることができます。本当にご飯が美味しいです!また、夜中に一人で歩いても平気なくらい治安が良いのも特徴の一つです。

英語とフランス語を学びたい人、フランス語(ケベコワ)を上達させたい人、フランスのフランス語とケベックのフランス語の違いを肌で感じてみたい人、マルチカルチャーを体感したい人、安全で素敵な街で学びたい人、日本人の少ない環境で学びたい人、マンモス校で多くの学生と知り合いたい人…!
フランス語を学んでいるとフランスへの留学を考える方が多いと思いますが、モントリオールもフランスとは違った良さがあります。

大学にはフランス人留学生も多くいるため、フランス人のフランス語を学ぶこともできますし、仏語を学ぶにも異なる観点から学ぶことができてとても面白いと思います!

モントリオールは、マギル大学やコンコルディア大学など英語系の大学と、モントリオール大学やケベック大学などフランス語系の大学が混在しており、「学生の街」といった印象があるため、非常に留学しやすい環境だと思います。

今までは日本からモントリオールへの直行便がなく少々不便だったのですが、今年の6月から直行便ができ、モントリオールに行きやすくなります!

⇨ヨーロッパのようなモントリオールの街並み!

 4. 最後に後輩に一言!

私は3年生の秋から留学の準備を本格的に始めたので、1-2年生から準備をしている他の学生と比べてとても遅く、準備時間を十分に取ることができませんでした。

きっと社会人になっても留学をする機会は作れるとは思いますが、学生での留学とは目的も環境も異なると思います。そういった意味で、学生時代でしかできない交換留学に挑戦することは非常に意味のあることだと思っていますし、現に留学は毎日がとても刺激的です。

もちろん出願の準備は早いに越したことはないと思いますが、モヤモヤしている気持ちがある人は、「遅すぎるから」という理由で出願を諦めずに、チャレンジしてみると何か良いことがあるかもしれません!☺

そして、交換留学への出願を考える際にモントリオール大学や、ケベックへの留学を視野に入れていただけたらとても嬉しいです!

 5. まとめ

いかがでしたでしょうか?
交換留学は大学生でしかできません。海外に行くチャンスは将来的にいくらでもあるかもしれませんが、就職をする前に交換留学を通して自分の視野を広げることは今後の人生にとって大きな意味をなしていくでしょう。このまま学生生活を終えていいのかと少しでも感じるのならば、交換留学に挑戦してみてみることをおすすめします!

交換留学先には様々な国があり、悩むことも多いですがアメリカだけでなく自分が何を勉強したいのかをよく考えて選ぶことが、交換留学に受かった後のためにも大切だと思います。ぜひ留学先を選ぶ際には慎重に選びましょう!

無料相談会

カナダへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

カナダへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA