交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜自分のルーツを知る為の交換留学〜 国立台湾大学に交換留学中「2年森瞳さん」

〜自分のルーツを知る為の交換留学〜 国立台湾大学に交換留学中「2年森瞳さん」

〜自分のルーツを知る為の交換留学〜 国立台湾大学に交換留学中「2年森瞳さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は国立台湾大学に交換留学中の森瞳さんにインタビューさせていただきました。森さんは台湾と日本のハーフで自分のルーツを見つける為に台湾への交換留学を決断されました。

また、台湾の大学は英語の授業と中国語の授業が半々ということで英語と中国語を学びたい方にはおすすめです。

 1. 台湾に交換留学したいと思った理由

私自身が日本と台湾のハーフなので、母から国立台湾大学のことはよく聞いて知っていました。交換留学の目的として中国語をマスターすること、そして自分自身の台湾のアイデンティティーを見つけるために台湾の大学に交換留学したいと思いました。

 

 2. 台湾への交換留学に必要な語学レベルについて

TOCFLという台湾に交換留学する学生が受ける繁体字の試験を受けました。国立台湾大学に交換留学するのに必要なスコアはLEVEL4で大雑把にHSKで4級でした。

 3. 国立台湾大学の授業は中国語だけでなく英語の授業も多い

国立台湾大学はいろいろな国の交換留学生を受け入れていて、英語の授業が充実しています。中国語を喋れない状態で交換留学する留学生も多く、英語の授業が充実していることが特徴です。中国語と英語の授業数は1:1程度で、私自身は1日1回、中国語の授業を語学のクラスとして取っています。他の授業は英語で取っています。

 4. 交換留学先である台湾の中国語は学びやすいですか?

はい。台湾の中国語は北京語で漢字は繁体字になります。中国本土よりも発音がすごく綺麗で発音が偏らず、わかりやすいです。発音が偏らない。誰が聞いてもわかる中国語を学べます。

 5. 交換留学生は多いですか?また、ローカルの学生との交流は多いですか?

交換留学生の数は本当に多いです。韓国・日本が多いですが、中国からの留学生もいるしドイツからきている大学生もいます。フランス・アメリカからも多いです。台湾人の人と
出かける機会はあまり多くないです。中国語のクラスの友達は週5で会っているので一緒に出かけることが多いです。その他、毎週サークルに行くのでその時に台湾人の友人と会うことがあります。

 6. 国立台湾大学の授業とは?

事前の抽選で半分くらい落ちました。抽選に落ちても同じ授業を再度申請すれば取ることはできます。私のとりたい授業は結果的にとることができました。中国語とミクロ経済・マクロ経済、WTOの法律を履修しており、単位変換をするつもりです。
また、自分の興味に近いものとして台湾女性と社会の関係を履修していますが、こちらは単位変換が難しいかもしれません。また、台湾の各地にある小学校とか中学校に文化を教えるプロジェクトを教授とともに行っています。1回の授業は1コマ50分で、基本連続2,3コマの授業になります。中国語の授業は毎日あり、朝8時からあります。寮から大学まで微妙に距離があって辛いです笑

 

寮の最上階から台北101を眺める

 7.交換留学先である国立台湾大学の特色

台湾の学生はすごくレベルが高いです。例えば、ミクロ経済学で微積が必要です。私はもちろん他の国から来た交換留学生も難しいというような微積ですが、台湾の学生はすらすら解けます。WTOの法律の授業も国際法の前提知識がある学生が多くて驚きました。
また、私の中の大学生のイメージは授業に出て、放課後はバイトをするというイメージだったのですが台湾の学生はテストのなくても勉強しますし、24時間自習室が空いています。テストの量も授業数も多いです。ついていくためには積極的に発言したり、質問しなくてはいけませんし、実際にTAの方に相談したりしています。また教授も話しやすい雰囲気が作る努力をしています。お菓子を持ってきてくれたりします笑 あらゆる手段を使って、自分で埋め合わせるのが大事です!

 8.こういう人には国立台湾大学がおすすめ!

まず、標準的なきれいな中国語を勉強したい人におすすめします!

また、留学報告書で「台湾は留学のレベルが低いから、難しい留学を求める人には合わないかも」と書いている先輩がいました。しかし、私はそうは思いません。言語が通じないという難しさはありますし、生活にも難しさはあります。「所詮台湾でしょ?」みたいなことは思わないで欲しいです。交換留学中に模索していることが多く、すごく楽しいです。
そして、中国語を勉強するから、中国本土に行こうと思っている人が多いですが「反日が怖い」人には台湾はおすすめです。また、外国だと、文化とか環境に慣れるのに時間がかかりますが、台湾は日本と生活が似ているので、すぐに次のステップに移行して本当に自分のやりたいことができます。
加えて、食べ物が美味しくて口にあいますし、台湾は物価がやすいのでおすすめです。
そして、1年中程よく暖かく寒くないです。
台湾は、行きやすい国だし、旅行先で来る場合も多いけれど、住む台湾と旅行する台湾も違うと思います。そういう違いを感じることも1つの楽しみです。

 9.後輩に一言

まず、留学って人生が変わるかって言うと正直わからないです笑 私にとって留学は自分を考えるきっかけになると思いました。いままで、普通のレールを辿ってきたけど、いざ海外に出て一人で暮らすとなると母の母国だから慣れているとはいえ、ぶつかることが多かったです。自分がどうやって問題に立ち向かっていけばいいとか、自分だけにしか出てこない問題があります。自分を深く知るいい機会になりました。何しなかったら普通に過ぎる1年ですが、どれだけ濃くするかは自分次第です。恥ずかしいとか難しいは捨てて新しい自分を見つけて欲しいと思います。

勉強以外に生活面でも、日本と台湾のハーフだから元々知っていることは多くて、スタートラインは人よりも進んでいました。他の交換留学生は中国語を勉強するところから始めないといけないですが、私は中国語がある程度できるところからスタートしました。私は、そのリードを保たないといけないのに、世界各国から来た優秀な交換留学生に追いつかれそうで怖いです。

私は交換留学を通じて、自分の限界を知りたいと思えるようになりました。日本では中学・高校・大学で特に頑張らなくてもある程度の結果を出すことができました。要領がいいというわけでも死ぬほど頑張ったわけでもありませんでした。 高校もちょっと頑張ったらいい点がとれたし、大学では課題も書けば単位が来ました。交換留学先に来るとそんな自分では歯が立ちませんでした。

レベルが違うから、頑張らないといけない状況になりました。実は、いま単位交換をしないと卒業できない状況になっています。台湾の授業は単位が来るかどうか微妙な授業もあります。ですが、自分がどこまでできるのか知って、ベストを尽くしてみたいです。いろんな壁にぶつかることもあるけど、自分がこう頑張れるんだっていうのがわかって安心したいです。
死ぬ気で頑張ってできなかったらそれが自分の限界で、自分の限界までやったら潔く諦めようってなります。自分の限界をしること。自分と向き合ってみること。それが留学だと思います。そして、自分自身にいまも向き合い続けています。

 

 10. まとめ

いかがでしたでしょうか?  近いようで遠い、台湾の交換留学、中国語でも英語でも授業が取れますので二ヶ国語学んでみたいという方にはおすすめなのではないでしょうか?

交換留学にぜひ国立台湾大学を検討してみてください!

国立台湾大学に興味がある慶應生のみなさん。交換留学はまずは周到な計画が必要です。

無料相談会

台湾への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

台湾への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA