交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

慶應生の交換留学〜アジア1のエリートに会う交換留学〜 経済学部3年「天野央登」

慶應生の交換留学〜アジア1のエリートに会う交換留学〜 経済学部3年「天野央登」

慶應生の交換留学〜アジア1のエリートに会う交換留学〜 経済学部3年「天野央登」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は自分自身が交換留学に出発するということで、どのような理由で交換留学することになったのか自分の中でまとめておきたかったというのと、アジアの交換留学を志す学生が少しでも増えて欲しいという思いから今回の記事を執筆しました。

なので想定される質問を自分で答えて行っているという形式です笑

1.そもそも一番最初に交換留学を考えたのはいつ???

これは高校生の時に遡ります。私が通っていた学校にカナダ短期留学というプログラムがあったので親父に頼んで行かせてもらおうと思ったんです。ですが、親父は人生で留学費を出すのは1回だけだから大学になったら行けと言ったんです笑

それならせめて今年の夏は海外旅行に!と頼みましたが、それも断られ笑 親に3万円もらったので、そのお金と手持ちのお金を組み合わせて一人で中国に行きました。(当時高校2年生)

当時の中国は本当に途上国で、英語も通じないし、カオスだし、人生で最初のカルチャーショックを受けました笑
あれ以上のショックはなかったので今ではどの国に行ってもある程度のことは耐えることができます笑

そんなわけで、海外への思いが強くなり大学に入ったら絶対に交換留学してやるぞという考えがありました。

2.トフル(英語)の勉強したのはいつからですか? またオススメの参考書は?

実際に動き出したのはかなりギリギリで大学2年生の6月でした。行くかどうかすら迷っていましたが、ある人にそれなら交換留学目指してみたら?と言われなぜかスイッチが入りました笑
スイッチが入るとかなり集中してできる方だったので2年生の8月はまるまる英語に費やしました。トフルは6月の時点で62点しかなく、どこの大学にも出せませんでしたが、8月1ヶ月間塾に通って77点まであげました。(8月末時点)
スピーキングとリスニングを1ヶ月で伸ばすのは難しいので、純ジャパはリーディングとライティングを練習するのが一番だと思います。
スピーキングは出願後も毎日30分DMM英会話を実施して、練習をしました。
毎日30分できて月額5千円なのでおすすめです!



リーディングはトフルゼミナールの市販の問題集やトフルの公式問題集を使いました。

TOEFL TEST対策iBTリーディング

新品価格
¥2,000から
(2017/8/1 15:57時点)

TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing

中古価格
¥189から
(2017/8/1 16:03時点)

新版TOEFL TEST対策iBTライティング

新品価格
¥2,700から
(2017/8/1 16:03時点)

Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)

新品価格
¥2,600から
(2017/8/1 16:04時点)

3.どうしてシンガポール国立大学を選んだのですか? 

まず、一番最初にもお話させていただいた通り、僕はアジアの気風、文化が本当に好きなのでアメリカやイギリスへの交換留学はあまり考えていませんでした。シンガポール国立大学へはビジネス・都市政策などを学びに行きますが、シンガポールで様々な人脈を作り、今まで見てこなかった世界を見たいと思ったからです。シンガポール国立大学はアジア中、ひいては世界中のエリートが集結する大学です。そんな環境で切磋琢磨することは私の人生観を多少なりとも変化させると思います。

4.シンガポール国立大学で具体的に何をする予定か教えてください。 

シンガポール国立大学でというよりはシンガポールでということになりますが、まずはビジネスにおける人脈をしっかりと作ることです。私はアジアでビジネスをしたいと思っているので、それに向けていろいろ準備をしたいと思っています。次に交換留学生の為のこのメディアをより大きくしていくことです。また、シンガポールは東南アジアの中心にあるので東南アジア中の様々な国にアクセスできます。滞在中にできた友人と休日に東南アジアを旅行していたいです。そして、最後に交換留学中は「日本人、自分とは何なのか?」を徹底的に考えたいと思います。ちょうど大学の研究課題が日本企業の組織についてなので、日本と世界を相対化して自己確立をしていきたいと思います。

5. 交換留学を目指す後輩にコメントをお願いします!

交換留学は敷居が高いと思っている人が大半のようですが、そんなことはないと思います笑
しっかりと基準をクリアし、目標を持って取り組めば誰しもが交換留学に行けます。
必要なのは行動すること。常に動き続け、情報を仕入れることです。
受け身ではなく能動的に情報を仕入れ、交換留学を勝ち取ってくれることを望みます。

そして、何事に対しても感謝を続けてください。特にお金を出してくれるご両親に。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか? 世界トップレベルの大学で学友を持つことは大学生の憧れですよね?

しかし、交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

シンガポール国立大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

シンガポール国立大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA