交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜調べるうちに憧れて!〜 シンガポール国立大学に交換留学する東大生「3年村田幸優さん」

〜調べるうちに憧れて!〜 シンガポール国立大学に交換留学する東大生「3年村田幸優さん」

〜調べるうちに憧れて!〜 シンガポール国立大学に交換留学する東大生「3年村田幸優さん」

1.自己紹介:日本での大学生活

東京大学後期教養学部教養学科総合社会科学分科相関社会科学コース3年

趣味は自炊。KOMADという大学近くのシェアスペースによくいます。

2.なぜ交換留学しようと思ったのか

直感。トビタテ奨学金の一次提出の少し前に急に行きたいと思い立った。

友人に学部で海外進学をした友人が多かったことから、大学入学以降「日本でしかできないことは何か」を常に頭に入れて行動してきた。多くの日本の地域をめぐる中で逆に、グローバルな視野、海外の人とも協働できる力の必要性を徐々に感じたことが、遠因だと思う。

3.大学をどうやって選んだのか。

今この瞬間まさに、シンガポールが面白いという情報をよく耳にしており、申請時はアメリカも候補に入れていたが、調べるほどにシンガポールの魅力を発見し、強く行きたいと思うに至った。

4.交換留学しようと思い始めてから、実際に出発するまでのプロセス(動機、語学学習、選考、奨学金、部屋探し、その他手続きなど)

・奨学金の申し込み

:行きたい!と思った気持ちをどう他人に対しても説得的な説明に落とし込むか。過去の記事を読んだり、先輩の話を聞く中で、自分のやりたいことも見えてきて、内容も具体化できる。

NUSやシンガポールは調べれば調べるほど、政治・社会・教育など興味深いことが多く出てきて良かった。

・英語スコア

直前に行きたいと思ったため、一発勝負を強いられてリスキーだった。

・学校の選考申し込み

奨学金よりもアカデミックよりの動機を考えるきっかけとなった。

・学内通過後

:基本的に日本の学校と現地の大学の指示に従うだけだが、どの授業を受けるのかを早めに決める必要がある。

5.上の中で、注意すべきこと、苦労したこと

英語のスコアは早くとるに、学校の成績はいいに越したことはない。例えばNUSはTF learn 奨学金という追加奨学金の数枠用意してあり、学校の成績順で申し込み権が付与される。

その学校がどのような特待制度などを用意しているのか、ウェブや先輩経由で早く情報を集めておいたほうが良い。

6.交換留学先でどういったことをしてみたいか。どんな生活を行いたいか。

・2カ国の比較調査ができる貴重な機会なので、卒論の大枠を完成させる。

・国籍、人種、価値観など、世界の中でも多様な人が集まる寮生活の中で、自分の当たり前を一度崩しながら、人間的にも能力的にも、彼らとも協働できるだけの自分を確立したい。

・空き時間は、政治・教育・産業など多くの分野で最先端と呼ばれるシンガポールの中で(法的規制を外した試みが多い)、日本の近未来への示唆を得られるだけ得たい

※こちらの記事は交換留学生のためのコミュニティーJISSから転載しております。

○交換留学生の為のコミュニティーJISSとは?:http://jiss.co/wp2/

○採用ページ:http://jiss.co/wp2/recruit/

5.まとめ

いかがだったでしょうか?留学して、海外から見る”日本”はまた違うと思います。留学してみないと見ることができない景色をみなさんにもみて欲しいです!交換留学、ぜひ検討してください!

無料相談会

シンガポールへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

シンガポールへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 
保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA