交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

到着して3週間、NUS(シンガポール国立大学)の交換留学についてぶっちゃけてみた〜慶應3年生 天野央登〜

到着して3週間、NUS(シンガポール国立大学)の交換留学についてぶっちゃけてみた〜慶應3年生 天野央登〜

到着して3週間、NUS(シンガポール国立大学)の交換留学についてぶっちゃけてみた〜慶應3年生 天野央登〜

こんにちは!シンガポール国立大学に交換留学中の天野です!
ぶっちゃけ交換留学する前はこういうことがやりたいとか、こんなことができるとか考えてますが行ってみて違ったとか考えられますよね笑

ですので、こんかいはNUSについてぶっちゃけてみようかなぁと笑

1.まず、NUS(シンガポール国立大学)について確認します

シンガポール国立大学(NUS)はQSの世界大学ランキングで世界12位、アジアでトップにランクインする大学です。

特にコンピューティング、医学、薬学、ビジネスに力を入れており、その実力はアジア1位に恥じません。

2.シンガポール国立大学(NUS)の学習環境

たぶん、この学習環境については世界1位だと思っています。大学生はあらゆる楽が許されたある種の特権階級です笑
キャンパス内はバスで移動できますし、寮のすぐ目の前には食堂・スーパーがあります。
すぐ横のスターバックスは24時間ですし、コンビニも24時間です。

あと、ジム・プールが無料で使用できます!!!!!

とにかく環境面では文句がないです笑
]

3.シンガポール国立大学(NUS)授業のレベル

正直これは日本と変わらない気がします。(まだ3週間なのでなんとも言えませんが笑)良い授業も悪い授業もあります。生徒もピンからキリまでいるというイメージです。TPPのことを知らない生徒は日本にもシンガポールにもいます笑

ただ、課題の量は半端ないです。今これを書き終わったら英文を30ページ読まなくてはいけません笑

とにかく日本の授業よりも準備や宿題に時間がかかるという感じです。
授業の人数は20人のものから400人規模のものがあり様々ですが、人数が多いクラスにはチュートリアルという20人くらいのプレゼンや質問を行うクラスがついているので日本よりもはるかに面倒見はいいと思います。

あと、個人的に注目したいのは日本に関する学問(Japanese studies)の授業が多いということです。日本ではそういった授業ないのでぜひ設置するべきだと思います。

4.生徒の質について

英語という言語障壁をとれば東大生の方がポテンシャルが高い気がします。
シンガポール国立大学はアジアの中で1位とはいえ、シンガポール560万の人口から選ばれた3万人なので倍率がすごい高いというわけではありません。(日本でいうセンター試験みたいなのが12歳、16歳、18歳の3回あって一個でもこけるとNUS には来れないらしいですが・・・)

に対して東大は1億2000万人中の2万人なので、やはり倍率はこっちの方が高いですね笑

ただ、どの組織でも上と下はいるのでシンガポール国立大学(NUS)のトップは平均的な東大生よりもはるかに優れていると思います。

5.まとめ

交換留学先として、シンガポール国立大学を選んだことは全く後悔していません。この1年が実りあるものになるよう、ひたすら邁進していきます!引き続き発信していきますね〜

いかがだったでしょうか? 交換留学をして世界最高レベルの大学で学んでみませんか?

無料相談会

シンガポールへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

シンガポールへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存