交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

NUS(シンガポール国立大学)での10ヶ月の交換留学を振り返ってみた〜慶應3年生 天野央登〜

NUS(シンガポール国立大学)での10ヶ月の交換留学を振り返ってみた〜慶應3年生 天野央登〜

NUS(シンガポール国立大学)での10ヶ月の交換留学を振り返ってみた〜慶應3年生 天野央登〜

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はいよいよ終わる交換留学、シンガポールでみてきたもの学んできたものをまとめてみました。
自身が経験してきたことをこれから交換留学に向かう大学生、そして少しでも多くの人に海外の大学で学んで気づきを得て欲しいという思いで書いています。

まだまだ、考えや認識が甘い自分ですが自分なりの視点で書いてみました。

1. 当たり前なんてない 前提を疑ってみる

海外で留学していて学ぶ一番大きなこと。それは、日本での前提が通用しないということです。コミュニケーションの取り方から勉強方法、試験の受け方まで前提が違います。日本と同じやり方でやっていては通用しなかった。

日本人はコミュニケーションの基本が似ているので話し方を間違えなければ大体の内容は言葉で伝わると思います。しかし、海外に来ると育ちも国の人たちがいる、コミュニケーションはもちろん複雑になります。”感じ取って欲しい””空気を読む”というアイデアは海外では通用しません。言いたいことははっきりいうこと。それが海外でのコミュニケーションの基本です。

郷に入れば郷に従えということで、日本式の内向的なコミュニケーションは基本的に通用しません。”英語を話す”以前にコミュニケーションのギャップを埋めるために話し方や話す内容を変えなくてはいけないのです。

普段からの勉強も同じです。日本でこのくらいでやっていたから海外でもこのくらいの時間と量で勉強しておけば大丈夫だと思うかもしれません。しかし、海外の学生は勉強の質と量が圧倒的に違います。英語力でハンデを持ったまま、質と量を追いかけることはシンガポール国立大学での交換留学中非常に苦労したことです。

2. シンガポールの学生はとびきり優秀


(クラスでは皆必死にメモをとる)

シンガポールに来てまず授業で驚くことは皆タイピングの速度が異常に速いことです。シンガポールでは高校でブラインドタッチができるように訓練させられるらしく、その速度はさながら攻殻機動隊のタイピングロボットのよう。。。タイピングが遅い僕は(決して僕も日本人の中では遅い方ではないはず)メモ速度ですでに置いて行かれます。

特に僕が所属していたSchool of Computingの学生のタイピング速度は目を見張るものがありました….


(引用元:Youtube)

個人の能力もさることながら、シンガポールの大学生はチームワークもしっかりとれます。ほぼ全ての授業でグループワーク(チームを組んで学期末までに特定の課題を行う)がありましたが、少しでも気を抜いていると置いて行かれます(というか大体置いて行かれます)

チームメンバーだった彼らが会社につとめ始めたら恐ろしい速度で仕事を進めていくんだろうな…と思いここでもシンガポールの大学生のすごさを思い知らされます。


(グループメンバーのWhatsAppグループ、放っておくと気づいたら話が進んでいて置いて行かれます)

言語の壁がある中、日本よりレベルの高い授業をこなすのは正直こたえました笑 実際、一部のテストは本当にうまく行かなくて苦虫を噛んでいます笑

 

3. まだまだ甘い自分


(日本にいた時より圧倒的に本を読みました)

上述したようにまだまだインプットもアウトプットも足りていない。世界では全く通用しないということ。それがこの交換留学中に悟れたことです。シンガポールの大学生の方が僕なんかよりも圧倒的に質の高いアウトプットをしてきますし、たとえインプット量が多くてもアウトプット力がなければインプットした知識が無駄になってしまう。それが悔しくて、できる限りこの交換留学中にもがいてきました。しかし、まだまだもがき続けないといけない。日本のレベルで物事を考えていると小さくまとまってしまう。もっと大きな視野で自分の能力や自分がやっていきたいことを見極めなくてはいけないと強く感じました。

4. シンガポール国立大学(NUS)を選んでよかったこと

シンガポールは街のイメージがありますが、実はとても自然豊かなところです。
さるからリス、コモドドラゴンからパイソンまで。とにかく色々な生き物が出てきます。

バナナを奪ったさる


キャンパス内を散歩する鳥の親子


脱皮するへび(マックリッジにて)

キャンパス内にも自然があふれていて、リフレッシュできます。

また、ジムプールが無料、寮が25階建などこれ以上ないほど施設がゴージャスで勉強に集中できます笑

大学寮があるUtownは夕暮れになると非常に美しいです。


プールも無料、奥の建物が僕が住んでいた寮です。

勉強する環境としては申し分なく、快適に過ごしたい人におすすめな大学です。
1年間全くと言っていいほど不自由なく暮らすことができました。

5. まとめ

10ヶ月間シンガポールに交換留学をして、色々な挫折を経験し、色々な方にご迷惑をおかけしました。自分なりに考える機会・経験が多く出発前よりも成長できたのではないかと思っています。
それだけに、まだまだ自分が甘いこと、子供であることを体感しました。(色々な面で)

この記事を読んでいらっしゃるあなたもインターンや交換留学など色々な形でシンガポールにきてみませんか?
東南アジアでもっとも熱い(暑い)国で優秀な学生に揉まれながら過ごす交換留学、ぜひ検討してみてください!

マリーナベイサンズと年明けのライトアップ

無料相談会

シンガポールに関する交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

 

シンガポール・中国交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

 

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

 

 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA