交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】フランス文学研究にぴったり!パリ・ディドロ(パリ第7)大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石黒大地君」

【交換留学インタビュー】フランス文学研究にぴったり!パリ・ディドロ(パリ第7)大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石黒大地君」

【交換留学インタビュー】パリ・ディドロ(パリ第7)大学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 石黒大地君」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はパリ・ディドロ(パリ第7)大学に交換留学予定の慶應義塾大学の石黒大地君にインタビューさせてもらいました!
華の都パリへの交換留学、おしゃれですよね~!
石黒君は日常生活はもちろん、授業や友達作りもすべてフランス語で行っていきます。
大学からしかなかなか学ぶ機会のないフランス語。彼はどのようにして語学力を高め、交換留学の切符を手にしたのでしょうか?

まずは、パリ・ディドロ(パリ第7)大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.パリ・ディドロ(パリ第7)大学とは???

パリ大学は、13の大学からなる大学の総称で、ヨーロッパの中でもかなり歴史のある大学郡です。
その中でもこのパリ・ディドロ(パリ第7)大学は、フランスの啓蒙思想家であり美術や哲学に関する研究で著名は、ドゥニ・ディドロを輩出した学校です。

2.パリ・ディドロ(パリ第7)大学に行く 石黒大地君にインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。

以前から交換留学には興味があったのですが、大学院への進学か交換留学かのどちらをとるか、長い間決めあぐねていました。結果として、語学クラスの先生の勧めもあり、交換留学という形で留学へ行くことを決めました。記憶は定かではありませんが、決心の付くのが遅すぎたこともあり、その時点で願書の提出期限を目前としていたため、徹夜で志望書と計画書を仕上げていたように思えます。
そもそもの交換留学を希望した動機ですが、フランスへ行きたい、フランスへ行くならパリへ行きたい、パリへ行くなら、パリ大がいい、といった漠然としたものだったような気がします。(本当は最初、高等師範学校への志望書を書いたのですが、先生からストップがかかりました)
文学の勉強が出来る大学が、交換留学の提携校では限られていたので、最終的に願書を送ったのは、パリ第七大学のみでした。

フランス語はどうやって勉強しましたか?

フランス語能力に関してですが、僕のフランス語は、僕の専攻の中では中の下といった感じですかね。この前、語学の足しになるかとル・クレジオというフランスの現代作家の小説を原文で読んでみたのですが、結果として実用的なフランス語能力は一切つきませんでした。ですから最近は、付け焼き刃ではありますが、「生活のためのフランス語」みたいな名前の参考書を一冊買って、フランスにもっていくべきなのかと考えています。こんな僕でも交換留学にいける訳ですから、交換留学に必要なのはやる気と楽観主義なのかもしれません。

パリ・ディドロ(パリ第7)大学を選んだ理由は何ですか?

なぜ、パリ第七を選んだかと言いますと、元はと言えばかなり安直な選び方ではありましたね。上でお話ししたと思うのですが、フランスに行きたい、パリに行きたい、パリ大へ行こう!といった感じです。ただ、慶應はパリ第四との提携がどうやら今はないようで、文学を勉強しようと思うと、やはり限りがある訳です。(ノルマルとの提携はありますが…。)そんなときに、第七の文学研究科を眺めていると、アルトーとドゥルーズを研究している方が見つかったので、ここにしよう、と志望先が見つかったという次第です

面接で何を聞かれましたか?
面接についてですが、おそらく志望書がきちんとかけていれば、日本語の面接では特に困ることはないと思います。僕の場合は、交換留学先大学の教員を調べて、その中にジル・ドゥルーズという思想家と、アントナン・アルトーという演劇家を研究されている方がいたので、主にそのアルトーという作家の本に関して触れて、その研究者の授業を受けたくてしょうがないのだということを書きました。ですから、志望書の内容面に関しては特に問題はなく、挙句来年のゼミの先生は(当時は二回生でしたので)はどうするか、なんていう質問を受けました。日本語での他の質問は形式的な質問ですので、常識的な答えを返していれば余裕でした。ただ、フランス語圏の交換留学に関しては、ネイティヴの教員のフランス語での面接があって、これが本当にエグいです。内容としては、まず向こうから指定のテクストが与えられ、それの音読、内容の説明、内容について自分の意見を述べる、の三つの試験があり、その後で志望書の内容に関して、(僕の場合)専門的な質問がありしまた。お話しした通り、僕のフランス語能力は相当悲惨ですから、ネイティヴの方の「アントナン・アルトーはシュールレアリストか?」という日本語でも簡単には答えることのできないような難問に、「アルトーは感じ、ブルトンは考えた」というめちゃくちゃな回答を返し、なんとか僕の言わんとしたことを汲み取ってもらったというような有様です。

エントリーシートには何を書きましたか?

エントリーシートに関しては、僕にとってパリ第七はやっと見つけた志望先だったので、ここに受からなければ交換留学は諦める覚悟でした。ですから、志望書ではこの一校についてしか触れていません。幸い、この選択が吉とでて、無事この大学への審査に合格することとなりましたが、志望先大学をどこまで絞るかという選択は人それぞれだと思います。ただ、いずれにせよ字数は日本語でたかだか800字ですので、志望書を書く際は、字数を埋めることよりむしろ削ることが問題になると思います。

パリ・ディドロ(パリ第7)大学に期待するものとは?

向こうでは、楽しくやりたいですね。あとは身の安全ですかね。学びたいことを学んで、楽しくやれたら僕はそれで十分です。

後輩に一言お願いします!

行こうと思った時が交換留学の始まりです。動き始めればスピードは後から付いてきます。必要なものは熱意と若干の楽観主義です。交換留学準備は本当に忙しいですが、頑張ってください。僕もいまビザがとれず焦っています。でも、なんとかなります。頑張りましょう。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? フランスに留学するというのは大学生の憧れですよね? フランスの文化を学んでみたい!フランス人の友人を作りたい!という方はぜひ交換留学を目指してみてください!

無料相談会

フランス・パリ第7大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

パリ第7大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA