交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜フランス1のエリート校に交換留学!〜 パリ政治学院に交換留学中「西田美帆さん」

〜フランス1のエリート校に交換留学!〜 パリ政治学院に交換留学中「西田美帆さん」

〜フランス1のエリート校に交換留学!〜 パリ政治学院に交換留学中「西田美帆さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はパリ政治学院に交換留学中の西田美帆 さんに、お話しを伺うことが出来ました!
なぜこの留学先を選んだのか、そして気になるリアルなパリ政治学院ライフの様子をお届けします:)

1.交換留学先にパリ政治学院を選んだ理由

私がパリ政治学院を選んだ理由は大まかに3つあります。

1つ目は、パリ政治学院は、グランゼコールの1つであり、現大統領であるエマニュエルマクロン氏も含め卒業生にはフランスをはじめ各国首脳、国際機関トップ、企業経営者が名を連ねる学校である、ということです。学ぶ”環境”はとても大事なものなので、せっかくですから身の丈に合わないような環境に身を投じ、選ばれた学生達と共に学び、日常生活の中から様々な会話をすることは、自然と自身の成長だったり良い目標設定に繋がると考えました。

2つ目は、パリ政治学院の交換留学プログラムは、学部に所属する形式でない為に、自身の取りたい分野の授業を自由に選択することができるからです。私は慶應義塾大学で文学部に所属し西洋史学を専攻しています。1年間に満たない短い留学生活の中なので、自身の視野と将来の可能性を広げる為に、自身の専攻分野に絞るだけでなく、政治、経済と幅広く、特にGenderに関する分野を学びたいと考えていました。こうした自身の希望にかなっていたからです。

3つ目は、フランスにあり英語で授業履修が可能である、という点です。元々、英語圏に留学したいと考えていたのですが、大学入学後スイスに留学し英語で授業履修を近しい先輩がしていることを知りました。西洋諸国が大好きな私にとっては、最高の発見で、英語だけでなく、第2外国語であるフランス語も学べ、自身の卒論のテーマをフランスにおける女性の権利獲得について書くことに決めている為、その情報も1番簡単に手に入れられる、これらを考慮すると自身にとってフランスが1番良い留学先であると考えました。

2.交換留学先であるパリ政治学院での生活について

 交換留学先では難民支援団体に所属しています。初めてフランスを訪れた際に、地下鉄で、シリアから来た難民です、と書いたボードを持って立っていた女性がいました。それ以来自分の無力さを拭いたく、難民支援をしよう!と決めました。団体の中で、material needsチームに所属して直接、難民に衛生用品や食料品、衣服を週に1度、配給しています。

日々の生活は、友人とパリの市庁舎やエッフェル塔の見えるルーフトップバーで留学生活や、互いの国、家族の話をしたり、ディズニーランドへ足を運んだり、カフェでケーキを半分こしたり。♡ しています。笑

3.交換留学先であるパリ政治学院の授業の内容や難しさ

私が実際に履修した中から2つほど紹介させていただきます。

①art and power
具体的に作品を取り上げて、政治権力との結びつきの観点から分析をします。絵画の読み取り方や、画家がどのようにして”画家”と成りえたのか、DADAやアヴァンギャルドと言った運動の流れなども学べました。
Lectureと呼ばれる講義式のクラスと、seminerと呼ばれる少人数のクラスで構成される週に授業が2回ありました。最初の授業で指定される1作品について20分間のプレゼンテーションが、モネの作品の担当となる学生もいる中で、現代美術家の作品を指定され文献の少なさに苦労した記憶があります。

②gender and development
ジェンダーの観点から、開発問題を概観します。フェミニストや、女性運動家、世界にある問題を具体的に取り上げて授業が行われました。今現在起きているテストは論文を書く形のテストで日本語でも中々論文式のテストは難しい中、持ち込み可なんて訳もなく、難易度が高めでした。テストでは下書き用紙と回答用紙を用意されて3時間ほど教室に閉じ込められました。

履修は、履修登録開始と共に、人気コンサートの様に、人気のクラスは10分程で埋まります。先着順なので(フランス時刻で)、私は10分前にはパソコンの前に待機してました。交換留学生は30CREDIT ( 5 – 6コマ) が最大数です。履修内容が指定の条件を満たせば終了時に証明書が貰えます。

4.こういう人にはパリ政治学院がおすすめ!

パリ政治学院は、特別で特殊な環境でもあると思います。国際公務員になること、国際機関で働くことを志している学生がやはり多く感じます。同様の方には、合ってると思います。

他方で映画監督になりたいという学生や、もちろん未だ将来を模索中の学生もおり、多様性に富んでいますので、自身の現在の専攻であったり私のように文学部の学生にもとてもオススメ。

簡単に入れる学校ではない分、賢いだけでなく人間性も素晴らしい学生が多いように感じます。(パソコンを図書館におき忘れても、見ず知らずの現地学生が持ち帰り保管しておいてくださいました。) 差別などを全く感じることがなく、いい意味で特殊空間かもしれません。

又、華やかな都市が好きな人(→パリというのは、個人的にヨーロッパのどの都市の比べても華やかで美しく心に残るように感じますが、スリも多く地下鉄は綺麗とは言い難いですし、緊張感も付きまといます。1年間、旅とは違い、短いようでじっくり生活する期間、そうしたストレスを良い刺激に感じられるかどうか、否か、はパリ政治学院を留学先に検討する際に注意した方がいいかもしれません。) 、美術・音楽を含めた芸術全般に興味が強い人はパリで間違いありません。(笑)

5.後輩に一言

海外に身を置く、というのは、それだけで日本では得られない感動や経験を得られるものです。
それらが日本に居ても得られることも間違いありませんが、より自分にとって言語や生活面で不自由が多く、異なる場所で、今までとは違った視野から学ぶことというのは、想像以上の楽しみを感じられることであり、必ず人生において大事な分岐点や糧になると思います。◡̈︎

 6. まとめ

いかがでしたでしょうか?パリという美しい街で学ぶこと、そしてエリートが集まる国際性のあるパリ政治学院で学ぶことは、自身の視野を広げるだけでなく、一生忘れることのできない経験となるはずです。

西田さん、ありがとうございました^^

無料相談会

フランス交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

フランス交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA