交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜本当の韓国を知りたくて〜 ソウル国立大学に交換留学中「3年井上さん」

〜本当の韓国を知りたくて〜 ソウル国立大学に交換留学中「3年井上さん」

〜本当の韓国を知りたくて〜 ソウル国立大学に交換留学中「3年井上さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は近いようで意外と交換留学する人が少ない、韓国の交換留学に行かれた方にお話をお聞きしました。ソウル国立大学という韓国のトップ大学に交換留学するとどうなのか?

実際に旅行で行くのと交換留学で行くのでは国の文化や政治関係が違ったものとして見えてくるのではないでしょうか?
近いようで遠い、そんな隣国の韓国に交換留学された留学生にお話をお聞きしました!

 1. 韓国に交換留学したいと思った理由

高校生の時にK-POPが好きで韓国によく旅行に行っていました。旅行中、ソウルの地下鉄に乗っていた時にその場に居合わせたおじいさんに「日本人は出て行け」と英語で言われました。その時に、中年のご夫婦がそのおじいさんから私たちを庇って助けてくれました。この出来事をきっかけに、それまで日本の報道で見ていた韓国の「反日国家」という印象が180度変わり、日韓関係や日本での韓国報道に関心を持つようになりました。

大学に入ったら韓国国内トップであるソウル国立大学に交換留学して韓国の文化や日韓関係を学びたいと考えていたので、大学入試の際も協定校にソウル国立大学がある大学を選びました。

大学の第二外国語は入学前から決めていた通り韓国語をとりました。

 2. 韓国語の能力証明について

韓国語の語学能力証明試験は1年に2回しかないので受けるのが大変です。(2017年度から年3回に変更)しかし、私は受けようと思っていた試験の締め切りがすでに終わっており出願できないと思って焦りました汗

書類締め切りの1週間前に、慶應の交換留学のページを見ていたところ、韓国語のクラスの先生から語学能力証明書を2通貰えばいいということがわかり急いで先生に書類をいただきました。

 3. 慶應文学部の交換留学について

文学部はゼミが必修となっているため交換留学をすると基本的に4年では卒業できません。(社会科学と人間科学専攻を除く)

 4. 交換留学先のソウル国立大学で受けている授業について

私は1回3時間の授業を2種類、1回90分の授業をひとつ取っています。90分の授業のみ週2回授業があります。授業はすべて韓国語です。授業のための予習・復習で1週間はかなりハードです。特に北朝鮮学概論という授業は1授業60枚のレジュメが配られるなどかなりハードなものになっています。
テストはちゃんと勉強していれば大丈夫ですが、試験勉強をしなくてはいけない量が多いので慶應のテスト勉強の仕方に慣れているとかなり痛い目にあいます。テストはだいたい1時間です。

 5. 休みの日は何をして遊びますか?

友人とソウル市内に出かけることが多いです。ただ、キャンパスが山の上にあるのでキャンパスから市内に出るのが大変で笑 行ってもダウンタウンに行く程度です。私は行ってないですが、韓国はクラブも人気です!

 6. ソウル国立大学に交換留学する日本人留学生は多いですか?

交換留学生は多いですが、多いのは欧米人か中国人で日本人は本当に少ないです。(ソウル国立大学が例外的で、他の大学は一定数いるようです。)留学生が集まるパーティーがあったのですが参加した日本人はたったの4名でした笑 日本人は韓国留学というと語学堂(韓国語の語学学校)への留学が多いのではないでしょうか?

日韓ジュニアフォーラムの様子

 7. 他の国から来た交換留学生との交流は多いですか?

いいえ。私は韓国語の授業を取っているので多くありません。欧米からの留学生は基本的に韓国語を話せないので、英語の授業を取るからです。概して、アジア圏の交換留学生はモチベーションが高いですが欧米系の交換留学生はあまり勉強しないし韓国語も全く話せない場合が多いです。例えば、ルームメイトのアメリカ人は勉強していたところをここ半年見ていないです笑 外国人の友人は授業が被らないので絡みが少ないですね。

友達と街に出かけた際の写真

 8. 交換留学先の授業の履修申告の方法や履修制限について

履修制限はありません。しかし、授業はネット申請で早い者勝ちです。ネット申請なのですごい早く授業が埋まります。日本よりも韓国の方がネット回線が早いので授業が埋まっていることが多かったです。

北朝鮮学概論は履修申請期間で人数がオーバーしても、履修修正期間に申請すればとらせてくれました。

 7.慶應と交換留学先であるソウル国立大学の違いについて

学生がすごい真面目です。慶應だと試験直前にノートを写しあったり渡しあったりすることがありますがソウル国立大学ではそんなことはありません。テスト前は図書館はもちろんのこと、食堂でもすべて席が埋まります。夜中の3時とか5時とかまで勉強しています。図書館の自習室は予約制ですが、ほぼ予約されていて使えません。自宅だとルームメイトに気を使うので勉強できず、勉強場所難民になることもあります。ちなみにルームメイトは夜9時に寝ます笑

 8. 実際に住んでみて感じた日本と韓国の違い

韓国の人の方が親切だと感じました。東京の人は日々急いでいるかも。ソウルでは重い荷物を持ってあげるなど他人に親切にしているところをよく見かけます。その一方で韓国の方がせっかちかもしれません。パリパリ文化(パリは早くという意味)があり、お店の人の対応が早かったり、電車の席の奪い合いが日本より激しかったりします笑

ソウルキムジャン(寒さが厳しい韓国の冬に備えて秋のうちに冬 に食べるぶんのキムチを漬ける伝統文化)文化祭

 9. こういう人がソウル国立大学への交換留学がおすすめ!

韓国が好きというよりは、日韓関係に興味が有る人がいいと思います。授業が難しいので単純に韓国が好きというだけではモチベが下がってしまいます。
また、英語で授業を取ることもできますし、ソウル国立大学生は英語を話せるので、欧米圏は費用が高い、アジアの文化を見てみたいという人には穴場かもしれません。

寮費は年額10万円で、お手洗いとシャワーは共同です。キャンパス内の食事は最安で170円程度でしかもお代わり自由!
月々4万円程度で事足りるので日本にいるよりも安く過ごせます。

そして、韓国では歴史的にカフェ文化が強く根付いています。友達や恋人と遊びに行く時もご飯屋さんで食事をした後はわざわざ場所を移動してカフェで談笑することが定番です。韓国はカフェ代が高いので、友人と出掛ける度に出費が増えるのは少し困り事だったり笑

カフェ巡りが好きという人にはおすすめできるかもしれません。

友達と街に出かけた際の写真

 10. 後輩に一言!

韓国の大学に交換留学するなら日本にいるうちから韓国語の練習、特に会話を練習しておいた方がいいと思います。
日本語ができる人が多いので日本語だけで生活できちゃうということもあり、韓国語だけで生活しないと甘えてしまうと思います。

また、韓国留学は費用が安いことも魅力のひとつかと思います。

また、今は韓国留学を考えてなくても、韓国が好きであったり、韓国に興味があれば視野を広げるためにも考えて欲しいです。韓国は報道されている「反日」のイメージとは全く異なる国です。

 11. まとめ

いかがでしたでしょうか?  韓国への交換留学というと韓国語での授業を想定しがちですが、英語で授業も取れるし費用も安価におさまるということで非常におすすめですね!

交換留学の費用に悩んでいる方はぜひソウル国立大学を検討してみてはいかがでしょうか?

無料相談会

韓国への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

韓国への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA