交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】経営の本場! シンガポールマネージメント大(SMU)へ突撃した慶應生インタビュー「3年、白井直樹君」

【交換留学インタビュー】経営の本場! シンガポールマネージメント大(SMU)へ突撃した慶應生インタビュー「3年、白井直樹君」

【交換留学インタビュー】経営の本場! シンガポールマネージメント大(SMU)へ突撃した慶應生インタビュー「3年、白井直樹君」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は僕と同じく、シンガポールに行く交換留学生にインタビューさせてもらいました。内部生であった彼が如何にして英語の点数をアップさせたのか?必見です!そして、白井君がシンガポールマネージメント大学を選んだ理由、アジアへの交換留学を選んだ理由、そして攻略のコツを聞きました。

まずは、シンガポールマネージメント大学(SMU)がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.シンガポールマネージメント大学(SMU)とは???


シンガポールマネージメント大学(SMU)は1997年に創設された。かなり新しい大学です。大学自体は街の中心部にあり、実業界とのつながりが強くなっています。授業はケーススタディーを用いた少人数チーム制のものが多く、ビジネスを実践的に学べる場として近年は人気を高めています。

2.慶應義塾からシンガポールマネージメント大学(SMU)に行く白井直樹君にインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
高校三年生の2月です。僕は内部出身で大学受験をしなかったので、部活を引退してから大学では何をしようかずっと考えていました。周りの友達の多くが体育会を続けるなかで、僕は体育会には所属せず、その代わり何か大きなことにチャレンジしたいと思いました。もともと海外留学には興味があったため、交換留学の中でも最もハードルが高いと言われる交換留学を大学生活の目標としました。体育会ではなく交換留学を選んだのは僕にとってとても大きな選択でした。交換留学の切符を手にするまで1年半以上かかりましたが、今振り返るとそれは間違ってなかったなと感じています。


トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
最終スコアは82点(R22/L22/S19/W19)でした。僕はこれまで日本で育った純ジャパで、かつ大学受験を経験しなかったため大学入学時の英語力はひどかったです(笑)そこから1年半かけて50点近くスコアを伸ばしました。僕の場合、TOEFL対策は二軸で、独学での勉強と、海外留学専門の英語塾を利用していました。前者では純粋な英語力を伸ばしつつ、後者ではTOEFL試験に特化したスキルを身につけました。自分では日々単語を覚え、ディクテーション・シャドーイングなどでヒヤリング力を上げました。加えてTOEFLは資格試験であり、特に純ジャパの人がスコアを伸ばすには試験対策のテクニックがある程度必要だと思います。例えば、Readingでの問題タイプ別の解き方やListeningでのNote-takingの仕方から、試験会場選びや会場入りの時間、ダミー問題中にすべきことなども含まれます。その点でスコアを効率よく上げるためにTOEFLのノウハウを学べる塾に通うことはオススメです。

シンガポールマネージメント大学(SMU)を選んだ理由は何ですか?
シンガポールにある大学でかつ実学重視の教育スタイルに魅力を感じたからです。僕の場合、出願時に希望したのはシンガポールの大学二校(NUS・SMU)のみでした。これは何がなんでもシンガポールに交換留学したかったからです。自分がそこで生まれたという事実だけを残して記憶のないまま日本に帰国してしまったこと、それから10年後に訪れた母国の姿に衝撃を受けた経験から、「シンガポールという国をもっと知りたい」「どうして資源のない小国が著しい経済発展を遂げられたのか」興味を抱き、交換留学するならシンガポールしかないと考えていました。また、将来は父のようにビジネスセクターにおいて海外を拠点に働きたいという夢がありました。SMUは実業界とのネットワークが強く、ケーススタディを通じた実践的な教育が特徴です。21世紀はアジアの時代、そのアジアのハブであるシンガポールでビジネスの側面から新興するアジア市場を学べる環境は唯一無二だと思い、SMUを志望しました。


面接で何を聞かれましたか?
1問目は志望理由、学習計画、招来の夢についてコンパクトに教えてくださいというよくある質問でした。
2問目に僕がシンガポール出身であると書類に書いていたため、それの記憶があるかどうかを聞かれました。正直に覚えていないと答えました笑
3問目がアジア以外の地域で欧州やアフリカはどう思う?というものでした。
4問目が、異文化を乗り越えるために意識している点があれば、君の経験を交えて教えてくださいというものでした。 上記が実際の面接で質問された内容です。正直、事前に用意した質問はほとんど聞かれず、ESの内容を深掘りされることもなかったです。面接官の印象としては、気まぐれで質問を投げかけているような感じを受けました。なので、このような予想外の質問に対して、笑顔でハキハキと、聞かれていることに対して正確に答えることが求められているのかなと思います。英語での質問はありませんでしたが、他のグループでは一部、英語面接があったそうです。

 


エントリーシートには何を書きましたか?
志望理由書と研究学習計画とで書き方が異なります。まず、志望理由書では過去・現在・未来を意識して一貫性のあるマイ・ストーリーを書きました。皆さんが口をそろえてこの方法を推しているのは、やはり実体験ベースで述べる理由には説得力があるからなのだと思います。また、最近の時事ネタを織り交ぜながら自分の中で問題意識や考えを言及しました。(僕の場合は’15年のASEAN共同体の発足について) この二つの要素が上手に組み合わさり、筋が通っている志望理由書が最強だと思います。
次に、研究学習計画では交換留学先大学に関するかなり詳しい情報を載せながら、自分がプランしていることを書きました。例えば、取りたい授業の内容だけでなく担当教授がどのような人物であるのか、住みたい学生寮で行われてるイベントなどです。加えて、帰国後についても触れました。所属したいゼミと、その理由です。ここでは出来る限り詳しい情報に加えて、自分はなぜその選択をするのかを述べられると本気度が伝わる良い学習計画になるのではと思います。


シンガポールマネージメント大学(SMU)に期待するものとは?
二つあります。一つ目は、アジアのみならず世界中から集うエリートたちとインタラクティブに学び合える環境です。SMUの授業は全て少人数クラス(45人)で、プレゼンテーションとグループワークがマストです。なので、クラスメートと常に近い距離でワークできるチャンスで溢れています。二つ目は、東南アジア市場のナレッジを実践的に得られる経験です。SMUはシンガポールのCity-campusであることから、実業界との繋がりが非常に強いです。現地企業のCEOやスタッフらとコラボレーションできるプログラムが充実しており、ケーススタディに重きをおいた内容です。


後輩に一言お願いします!
交換留学に対する強い想いさえあれば、あとは成るように成ります。苦しいこともたくさんあると思いますが、最後まで諦めずにがんばってくださいね!皆さんの夢が叶うこと、心から願ってます。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 慶應高校や慶應女子、志木高校やSFC高校から大学に進学した方は交換留学について検討している方が多いのではないでしょうか?

無料相談会

シンガポールへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

シンガポールへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA