交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜最高にユニークな環境へ〜 ロンドン大学東洋アフリカ学院に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 寺尾彩子さん」

〜最高にユニークな環境へ〜 ロンドン大学東洋アフリカ学院に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 寺尾彩子さん」

〜最高にユニークな環境へ〜 ロンドン大学東洋アフリカ学院に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 寺尾彩子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はロンドン大学東洋アフリカ学院に交換留学予定の慶應義塾大学の寺尾彩子さんにインタビューさせてもらいました。

第1希望の大学でなければ交換留学には行くことはなかったと言い切る寺尾さん。そんな彼女がどういった動機で、何を学びに行くのか?
かなりディープな内容になっております!

まずは、ロンドン大学東洋アフリカ学院がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ロンドン大学東洋アフリカ学院とは???

ロンドン大学東洋アフリカ学院は、1916年に設立されたロンドン大学連合の一員です。学生の40%が交換留学生であり、イギリスの大学で唯一、アジア・アフリカ・中東研究を専門としています。研究施設も充実しており、世界中から集めた貴重な書籍を所蔵しています。交換留学生に対する支援も手厚く、交換留学がしやすい大学であると言えます。

2.ロンドン大学東洋アフリカ学院に行く寺尾彩子 さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学・ロンドン大学東洋アフリカ学院に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
大学1年生の時に軽い気持ちで交換留学に行きたいかなと思って、アイエルツを1回受けました。その点数が足りなくて1度交換留学を諦めかけました笑
2年生になった時に点数が取れたら交換留学に行こうかなと思ってアイエルツを受けたら、Overallが出願資格を満たしました。Overall足りていましたが、各セクションは足りなかったので合格後に受けなおしました。
第1志望はロンドン大学東洋アフリカ学院で第2志望以下は書いていません。ロンドン大学東洋アフリカ学院に行きたかったから交換留学することにしたので、他の大学については考えていませんでした。イギリスに昔住んでいたということもありイギリス英語が好きで、イギリスに行きたかったです。その中でも、以下の理由でロンドン大学東洋アフリカ学院を選びました。第1にアフリカについて勉強したかったということです。社会科の資料集の内戦のページを見てアフリカに興味を持ちました。1個の大陸にいろんな国があるのが面白いと思ったからです。直感的に何も知らない地域だということ惹かれました。第2に比較政治について勉強したかったということです。高校の時に1番最初は国際政治を勉強したいと思っていました。その後、2個の国の内部の違いを比べて一般的な理論を出すという点が面白いと思ったので比較政治をやりたいと思うようになりました。

そして、これらを慶應では十分に学べませんでした。ゼミは比較政治のゼミを選びましたが、アフリカだけでなく他の国を研究することもあるので、アフリカを専門的に研究するということはできませんでした。
比較政治の知識を慶應で身につけ、地域研究もすることでアフリカ全般をロンドン大学東洋アフリカ学院で学びたいと思っていました!
ロンドン大学東洋アフリカ学院にした理由は交換留学生が多くて、自分が比較政治で取扱っている国から来た人たちとも会うことができると考えたからです。その国の人と会えばその国についてよくわかると思いました。

アイエルツ(IELTS)はどうやって勉強しましたか?
アイエルツは初回は勉強せずに受けました。条件付きでロンドン大学東洋アフリカ学院に合格した後は、足りなかったスピーキングとライティングを集中的に勉強しました。リスニングとリーディングはほぼやりませんでした。インターネット上にあったアイエルツ・ライティングの教材を使って勉強しました。
スピーキングはひたすらYoutubeにアップロードされていたアイエルツのテープに対して、自分がしゃべれるようにするという練習をしました。スピーキングはやればやるだけしゃべれるようになりました。 アイエルツのスピーキングは評価者が面接官1人なので、評価がぶれることがあります。それに左右されないスピーキング力をつけないといけないと思います。

エントリーシートには何を書きましたか?
志望理由書には、まず比較政治のことを述べました。
特に私はロンドン大学東洋アフリカ学院に志望大学を絞っていたので、それに徹して書きました。
大学の1、2年生の時に比較政治の本を読んでて、3年生のゼミで絶対比較政治を勉強すると述べました。
実は、私は慶應のアフリカを研究するゼミに入りたかったのですが、自分の代でなくなってしまいました。一番研究したいことが突如できなくなってしまったので、それを叶えるために交換留学をすると述べました。 慶應ではとりあえず、比較政治全般を学ぶゼミに入って、ロンドン大学東洋アフリカ学院でアフリカについて学ぶという方針を首尾一貫させました。本当にその学問をやりたいと訴えかけました。留学計画書は本当に自己流でした。シラバスで授業はしっかりと調べました。
自分が今すべきこと、向こうで学ぶべきことを明確に区別して書きました。
今は本を読んだり、今の授業をちゃんとやることを心がける。
そして、向こうでやるべきこととしてこの授業を取って勉強するという到達目標を書きました。授業は比較政治学やアフリカの国際政治の授業をとると述べました。そして、一番最後に自分が帰ってきてから何をするかを書きました。当時は大学院に行きたかったので、ロンドン大学東洋アフリカ学院で学んだ知識を大学院のために使うと述べました。

面接で何を聞かれましたか?
まず最初に、日本語で聞かれました。
Q: なんで第1志望だけで他のところは志望しなかったのか?
A:比較政治とアフリカを同時に学べるのは第1志望しかなかったからです。 Q:なんでイギリスなのか?
A:アメリカの大学も調べましたが、アメリカの大学は国際政治は強いけどアフリカという地域に絞ってることはないからロンドン大学東洋アフリカ学院のほうがいい。Q:将来何になりたいですか?
A:NGOで政策面の支援か、教育系の支援を行いたいです。NGOで働きたいと思います。Q:NGOについて調べていますか?
A:調べました。経済面の支援をするNGOが多いですが政策面から支援するNGOに行きたいです。以下は英語で聞かれました。

Q:せっかくアフリカ研究の大学に行くのにアフリカの言語を学ばないのか?
A:言語は道具だから自分でいくらでも勉強できると思います。 それは自分でやっていきたいです。アフリカだから英語・フランス語が通じるのでとりあえずそれを今勉強しています。独学でできる言語じゃなくて比較政治を研究してる教授から学びたいと思います。

ロンドン大学東洋アフリカ学院に期待するものとは?
第1にロンドン大学東洋アフリカ学院は1個の授業の時間が2時間、3時間あるので1個のことについて極めたいと思います。宿題に関しても1回に文献がすごい量でるので、文献を読んでインプットした上でのディスカッションが楽しみです。講義とディスカッションが組み合わさった授業で、教授から文献を超えた内容の話が聞けるのが魅力的です!
また、ロンドン大学東洋アフリカ学院には、中東・アジアに興味ある人、途上国に興味があるユニークな人が集まってるので、そういう人たちと1年間学べるのが楽しみで仕方ないです! いろんな視野を持った友人たちと勉強するのも楽しみです!

後輩に一言お願いします!
交換留学に行けるっていうチャンスはすごい大きいことですが、交換留学したいという理由で大学を選ぶのは良くないので、大学を選ぶ時にしっかりとした理由が欲しいと思います。そうじゃないと実際に交換留学行っても学びにはならないです。これが学びたいっていうのを専攻して学びたいことを学んだほうがいいと思います。ぜひ頑張ってください!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? イギリスへの交換留学は毎年高い倍率を誇りますし、十分なIELTSの点数を取ることが不可欠です。

語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

イギリスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA