交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜この学問は日本では勉強できない〜 シドニー大学に交換留学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 荻野レティシアさん」

〜この学問は日本では勉強できない〜 シドニー大学に交換留学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 荻野レティシアさん」

〜この学問は日本では勉強できない〜 シドニー大学に交換留学に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 荻野レティシアさん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はシドニー大学に交換留学予定の慶應義塾大学の荻野レティシアさんにインタビューさせてもらいました。

みなさんは勉強したい学問が日本で学べなかったり、友人に話しても理解してもらえないものだったらどうしますか?
そんな環境を打破すべく交換留学を決めた荻野さんのストーリーをごらんください!

まずは、シドニー大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.シドニー大学とは???

シドニー大学は1850年に設立されたオーストラリア最古の大学です。学生数は46000人であり文系から理系まであらゆる学問を学ぶことができます。世界大学ランキングでも45位と高位を獲得しており、非常に学ぶ価値のある大学です。

2.シドニー大学に行く 荻野レティシアさんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
私は、小・中・高と日本にあるフランス系インターナショナルスクールに通っていました。インターナショナルな環境で育ったので周りに交換留学や海外の大学に進学する子が多く、自分もいつか留学するんだろうなと漠然と思っていました。また、姉がSFCの卒業生で交換留学でカナダに行っていたのでそんな姉をみて高校のころから大学での交換留学は意識していました。
しかし、大学に入ると1年生のときは楽しくて交換留学を考えなくなった時期もありました笑
2年生になり自分の将来について考えるようになると、大学院で公衆衛生学を勉強したいと思うようになりました。そしてそのために学部の段階から、生物統計学や医療経済学、健康科学など公衆衛生の基盤となる知識を身につけたいと思ったんです。ですが、これらの分野を今の環境では専門的に学ぶことができず、物足りなさを感じていました。
語学や勉強面で相当苦労するとは思いますが、日本での大学生活はもう十分楽しんできたので、1年間海外の名門大学で真面目に勉強に打ち込んでみようと思い交換留学を決意しました。

トフルはどうやって勉強しましたか?
リスニング以外はほとんど勉強しませんでした。全てのセクションをバランス良く勉強することが理想的だと思いますが、私は特にリスニングが苦手だったのと、リスニング力を鍛えることでアウトプットセクションの点数も伸びると思ったので。
リスニングは参考書に付属されているCDやトフルのリスニングアプリのレクチャーを繰り返し聞いていました。リーディングに関しては、授業の空き時間に速読の練習をしたり過去問をいくつか解いたりして対策しました。
点数をあげるためには、お金はかかるけど根気強く何度も受験することだと思います!あとは本番と同じ制限時間内で、時間配分を意識しながら過去問をひたすら解いていくのもいいと思います。

シドニー大学に交換留学する理由とは?
まず、高校でも大学でも周りに英語をしゃべれる子が多く、自分が英語を喋れないことに対してコンプレックスを持っていました。なので、自分の英語力を伸ばしたいという意欲が強く、英語圏に行くことを目指していました。アメリカの方が公衆衛生は学べるのではないか?という意見もあると思いますが、国として公衆衛生における取り組みにかなり力を入れているため学術面以外にも様々な政策や事例も学べそうだと思い、オーストラリアを選びました。
志望校は、第一志望はメルボルン大学、第二志望はシドニー大学で出願しました。
結果的に、シドニー大学に決定しましたが、公衆衛生においてシドニー大学はオーストラリアの大学の中で最も歴史があり、他の大学と違って学部に所属する必要がないため自由に授業をとることができるのでよかったです。健康科学も、医療における統計学や経済学も勉強できるので、学部の段階で様々な視点から公衆衛生学を勉強できるところに魅力を感じました。

エントリーシートには何を書きましたか?
まず、公衆衛生学に興味を持ったきっかけと今どういうことを勉強しているか、将来やりたいことを実現するために何故交換留学する必要があるかを首尾一貫するように書きました。
あとはなぜオーストラリアでなければいけないのかを意識しました。この部分が一番苦労しましたが、どれだけ具体的に書けるかによって志望理由全体の説得力も変わってくるので、出願する大学や国の取り組みなどについてかなり調べました。オーストラリアにおける公衆衛生の重要性や役割について調べ、喫煙率をどのようにして下げたか、同じ英語圏であるアメリカとかに比べて肥満率を下げるためにどのような政策を行っているか。
なぜ日本で勉強するのではダメなのか?ではなくオーストラリアのプラスの面について重点的に書いていきました。また数ある大学の中でなぜメルボルン大学とシドニー大学を選んだかという理由についても書きました。

面接で何を聞かれましたか?
面接官は3人で、慶應の教授1人と外国人の面接官が1人、書記の人が1人いました。
最初は日本語で志望理由となぜ、メルボルン大学を第一志望にしていたか?を聞かれました。
そのあとに外国人の面接官に英語で、なぜ今の研究会(データサイエンス研究会)に入っていてヘルスサイエンスなどを勉強したいのか?今、何を研究しているかについて聞かれたので、生活習慣病の要因と対策について統計データを用いて研究していると述べました。そして私は9月入学なので、卒業の時期について延期するのか4年で卒業するのか聞かれました。
最後に再び日本語で自己アピールを求められ、交換留学することで大学に何を還元できますか?と聞かれました。☆シドニー大学に期待するものとは?

シドニー大学に期待するものとは?
興味分野である健康科学・生物統計学・医療経済学などを勉強してる人が慶應では周りに1人もいません。そういうことに興味あるっていうと意外だと思われることが多いです。大学には同じ興味分野を持った仲間がいないから、そういう学問について学んでる人と助け合って学べたらいいと思います。
5人に1人が留学生の大学なので、いろんなバックグラウンドを持った学生と積極的に交流したいです。

後輩に一言お願いします!

私自身が交換留学するって決断したのが遅く短期間で書類などを仕上げてしまったので、当然ですが余裕をもってやるのが一番ですね笑

あとは周囲の声にあまり惑わされないことも大事だと思います。留学に対する意見は人それぞれで、私自身留学を考えていると言うと周りから色々なことを言われました。周りに何言われてもしっかり自分自身と向き合って意志を持って、がんばってほしいです!
漠然となんとなく交換留学したい人は多いけど、語学力の問題や海外で生活することに対する不安などでどうしようか悩んでる人って多いと思うんです。私自身GPAもTOEFLのスコアも決して高くなかったし海外での在住経験がない分不安も大きくて、かなり悩みました。ただちょっとでも交換留学に興味を持っているのであれば、こんなチャンスは滅多にないので、ぜひ前向きに検討してみてください!
オースラリアに留学したいと考えている人がいましたらできる限りのサポートはするのでお気軽にご連絡ください!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 萩野さんがおっしゃっているようにぜひ交換留学のチャンスを活かしてください!

そして、書類の作成や志望校の選定には戦略が必要です。

無料相談会

オーストラリアへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

オーストラリアへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA