交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】UCB(カリフォルニア大学バークレー校)に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 下川真実さん」

【交換留学インタビュー】UCB(カリフォルニア大学バークレー校)に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 下川真実さん」

【交換留学インタビュー】UCB(カリフォルニア大学バークレー校)に行く慶應義塾生にインタビュー「3年 下川真実さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はUCB(カリフォルニア大学バークレー校)に交換留学予定の慶應義塾大学の下川真実さんにインタビューさせてもらいました。慶應義塾大学の交換留学枠の中でも最難関と言われるUCB(カリフォルニア大学バークレー校)に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか細かいところをお聞きしました!

まずは、カリフォルニア大学(UCB)がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.UCB(カリフォルニア大学バークレー校)とは???


UCB(カリフォルニア大学バークレー校)はバークレー校を含む、10大学の大学の連合群です。バークレー校(UCB)はシリコンバレーに非常に近く、多くの起業家を輩出しています。資金面で大きな支援もあります。カリフォルニア大学は世界大学ランキングでは常に上位を占めています。男女比は若干女性の方が多く、サンフランシスコ市内から地下鉄で25分の所にあります。社会科学や人文科学、自然科学など学べる分野は多岐にわたります。

2.UCB(カリフォルニア大学バークレー校)に行く下川真実さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
高校生の時から英語が好きで、高3の時に自宅療養するときに海外もののドラマ(Hannah Montanaというディズニーチャンネルの番組)を見ました。その映画の舞台がカリフォルニアで、そこに行って長く住んでみたいと思いました。交換留学に行きたいという理由だけで、1年生の時に慶應義塾大学経済学部独自枠でカリフォルニア大学(UCB)に出願しました。しかし、受かることはできず交換留学を一度あきらめていました。2年生の夏にカリフォルニア大学バークレー校(UCB)に遊びに行きました。スタンフォード大学のVIAという団体主催のESI(Exploring Social Innovations)(イノベーションを見に行くプログラム)というものでした。そして、やっぱりカリフォルニアに行きたいと思いました。
自分は、ビジネスを勉強して、革新的なアイデアを持ってる人のフォロワーとして支えたいと思いました。
結局、8月半ばに出願を決めました。第一希望はカリフォルニア大学(UCB)で出して第二希望と第三希望を書きましたが、カリフォルニア大学に落ちたら第二・第三希望は断るつもりでした。

トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
高校時代から英会話スクールに週一で通っていました。慶應義塾に入ってからは経済学部の特上の英語のクラスに入っていたので、良い対策になりました。大学1年の夏のTOEFLでは84点が出たのでその点数で出願しました。

UCB(カリフォルニア大学バークレー校)を選んだ理由は何ですか?
大学二年生の夏にスタンフォード大学のVIAという団体主催のESI(Exploring Social Innovations)(イノベーションを見に行くプログラム)カリフォルニア大学バークレー校(UCB)に行ったからというのが第一の理由です。そして第二の理由として気候がいいとこじゃないと嫌だったからです笑 バークレー校(UCB)のオープンキャンパスに行ったんですが、生徒がたくさんいて、自分たちが開発したものをブースでデモをやっていました。非常に明るくて、バークレー校(UCB)はフレンドリーな感じだったのでバークレー校(UCB)に行きたいと思いました。

交換留学の面接で何を聞かれましたか?
カジュアルな感じでした。交換留学の面接でやさしい雰囲気の先生に当たったのが良かったです。
志望理由のことだけ聞かれました。カンボジアのボランティアのプログラム(孤児院の子供と遊ぶプログラム)に参加したと書いてあったのでそれについて深堀されたという感じです。

交換留学のエントリーシートには何を書きましたか?
前、別のプログラムで会ったカリフォルニア大学サンタバーバラ校に行った人に添削をしてもらいました。自分の行きたいキャンパスに特化して書いた方が具体的になるし熱意が伝わると思います。アドバイスもらいすぎて困惑するのがいやだったので、その人と父親、母親に客観的に見てもらいました。過去・現在・未来がつながってて、その軸線上に交換留学が乗っかってるというような書き方を心がけました。エントリーシートをわかりやすくすることは重要だと思います。

UCBに期待するものとは?
家が欲しいです笑(このインタビュー時点で下川さんは入寮が決まっていません泣)
慶應義塾大学では経済の理論的なところしかやってないので、UCBではケーススタディーをやりたいと思います。UCBがある土地柄を生かして色々とやりたいです。アントレプレナーシップを学んだり、DECAL(院生や学部生による生徒のための授業)に参加したいです。
ビジネススクールの院生と触れ合ったり情報収集ができることも楽しみです!

後輩に一言お願いします!
交換留学に少しでも向かおうと思うなら、思い立った時に応募できる状況にあった方がいいです。自分がそうだったので。慶應義塾大学では数値を満たしてないといけないのでGPAなり英語なりを高めてほしいと思います。どんだけエントリーシートで盛ろうと思っても、わかってしまう。書くときにつらいと思っても自分と向き合って、交換留学の目的を見つけてほしいです。いくらでも添削します。頑張ってください。そして英語を楽しんで勉強してください!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? カリフォルニア大学バークレー校は慶應の交換留学先の中で最大の人気を誇ります! しっかりとした選考の対策が必要です!

無料相談会

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA