交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)に行く早稲田生にインタビュー「2年川崎 温恕くん」

【交換留学インタビュー】UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)に行く早稲田生にインタビュー「2年川崎 温恕くん」

【交換留学インタビュー】UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)に行く早稲田生にインタビュー「2年川崎 温恕くん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はUCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)に交換留学予定の早稲田大学の川崎温恕くんにインタビューさせてもらいました。慶應の中でも最難関と言われるUCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか?サンディエゴ校はどういう場所なのか?細かいところをお聞きしました!

まずは、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.カリフォルニア大学サンディエゴ校UCSDとは???

UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)はサンディエゴ校を含む、10大学の大学の連合群です。サンディエゴ校は1960年に設立されました。社会科学・人文科学の分野に強く、経済学中心が人気です。
特に、ビーチがキャンパスの目の前にあるので、キャンパスライフの楽しさは想像するまでもないでしょう。

2.UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)に行く川崎 温恕くんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
初めて考えたのは高2の冬の時です。高2の夏に早稲田のオープンキャンパスに行きました。その時に資料をもらって、検討を始めました。内部生だったので準備する時間はありました。
高3の夏に部活が終わった。交換留学のために勉強するなら今だと思いました。10月の頭に英語の塾のアゴスに説明を聞きに行って、11月頭にアゴスに入りました。
トフルの点数を挙げようと思って入ったので、英語できるようになったらいいなって思いました。


トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?
高校三年生の1月の時点で70点
3月 83点
5月 88点
8月 94点
9月 102点という形でした。英語の塾に通っていたので英語の点数は伸びました。

UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)を選んだ理由は何ですか?
ミーハーだったからというのもあります笑
いい大学に行けば、いい大学といい教授がいると思いました。
大学ランキングを見て、判断しましたがUCを志望順位の上の方にしてたのは気候とか治安がいいからでした。
UCSDを選んだのは、授業の感じをみてて経済の学部生が取れる授業がいいものが多かったからです。。
LAの方が治安が怖いイメージがあったので、LAは第三希望にしていました笑


GPAはどうやってあげましたか?
頑張るしかないです笑
選べる授業を選んでGPA上げるべきだと思います。自分は国際政経だったので、授業を選ぶことは難しかったですが。
それか、1年生の前期だけ教科数を減らすという手段をとる人もいます。

エントリーシートには何を書きましたか?
アゴスに何度も添削してもらって書き直しました。6回くらいです。
はじめに行ったときに担当してくれた人が無料で見てくれました。
英文は大学の英語の先生にお願いしました。
書くときに意識したものは自分と志望理由書の内容を紐づけることでした。(なんでそういう風に思ったかを書く、国際協力したいとかは
誰でもできちゃうので。具体的に自分の経験とかを入れるなど!)

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)に期待するものとは?
早稲田よりもレベルの高い環境なので自分がどれだけやれるかを試したいし。そこにいる人と議論する中で成長していきたいと思います。
日本で快適な生活してたのでタフになりたいです。そして、経済系をしっかり勉強できればいいと思います。

後輩に一言お願いします!
行ってみて損はないと思います。プログラムは関係ないのでお金はかかるけど、将来への投資だと思うので一歩外に出るっていうのが大事な経験だと思います。グローバル化が進む中で価値観を知るっていうのが大事だと思います。
何かあればいつでも連絡を!

※交換留学中の川崎くんに11/16に新たにインタビューしました!

交換留学先の授業について
授業に関してですが、思っていた通り課題の量が多い反面(特に政治)、内容的には日本にいた時の方が難しかったなあと感じてます。こっちの学生は勤勉ではありますが、きっと日本の学生の方が元の力は高いと思います。多分負けているのは発言力くらいです笑
また、秋の履修については記憶があやふやですが、冬の履修はわりと上位で登録できたので、取りたい授業が取れそうです。経済はpre- requisiteの設定が多いです。けど、日本の大学の成績を元に申請すれば全部通してくれます。upperもいくらでも取れます。語学とディスカッション以外出席ありません。授業を切らない強い自制心が必要です笑


交換留学先の生活について
日常生活では、寮ではないので人と話す機会が少ないことが、思い描いてたこととの1番のギャップです。
多様性に関しては、アジア系が多いですが、わりと満遍なくいる気がします。中国語と韓国語は聞かない日がないです。気候や治安に関しては言うことなしです。基本いい天気でまだ2回しか雨降ってません。1人で出歩けるし、夜も怖い雰囲気は全くないです。食事も困ることはないです。外食はちょっと高いので、自炊しています。スーパーも沢山あって、よっぽどのものでなければ日本食スーパーまで行かなくても近所で買えちゃいます。車で20分くらいのところに日本食スーパーもあるので、困ったらそこに行けばなんでも揃います。
あ、dining hallの飯は美味しくないです。なので、campusで食べるときは、サブウェイとかバーガーキングとかで食べています。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? アメリカへの交換留学は非常に倍率が高く、戦略的に受験することが大事です!

無料相談会

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、カリフォルニア大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA