交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

カリフォルニア大学バークレー校(UCB)

カリフォルニア大学バークレー校(UCB)

カリフォルニア大学バークレー校(University of California Berkeley)は、1868年に設立された州立大学です!カリフォルニア州内に10のキャンパスを持つUCシステムの中でも最も歴史のあるトップ校。公立大学としては世界1の名を持っています。

また、東部の名門私立大学郡を「アイビーリーグ(Ivy league)」と称しますが、名門公立大学郡は「パブリック・アイビー(Public Ivy)」と呼ばれ、もちろんカリフォルニア大学バークレー校(UCB)もその1つです。その長い歴史の中で数々の著名人を輩出しており、孫正義が在学中に電子辞書を作ったエピソードは有名です。

合格率は18%と低く、コミュニティカレッジや高校での高いGPAはもちろんのこと、課外活動やエッセイなどが総合的に評価されるため、学生の多くは過去に様々な分野でのリーダーシップを発揮してきた人が多いです。

サンフランシスコまではBARTと呼ばれる電車を使用して約30分で向かうことが出来ます。大学周辺は典型的な学生街になっており、物価の高いこのベイエリアの中でも比較的安価なレストランが立ち並んでいます。生徒たちが勉強の合間に友人と楽しく話してリフレッシュしている様子が見受けられ、常に活気にあふれています。そのため、スタートアップや最新のテクノロジーを気軽に見に行ける環境にあります。

同州内の名門私立校であるスタンフォード大学とはライバル関係にあり、それはまるで日本の慶應と早稲田のようです。毎年11月に行われるアメリカンフットボールのカリフォルニア大学バークレー校(UCB)対スタンフォード戦は「Big Game」と呼ばれ、大いに盛り上がります。カリフォルニア大学バークレー校(UCB)のテーマカラーは紺と黄色で、構内で販売される数々のアイテムがその配色を使用しています。また、マスコットキャラクターとして熊を使用しており、オスキーという名前です。是非調べてみて下さい。そのかわいさと怖さが融合した姿は、1度見たらなかなか忘れないでしょう。掛け声は「Go Bears! 」で、スピーチ終了後など、何かにつけて生徒を応援するために使用されます。

そして、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)を語る上で外せないのはそのリベラルで多様性を尊重する環境です。UCBで学ぶためにアメリカ各地だけでなく世界中から優秀な学生が集まって共に学ぶ中で、多様性を尊重しお互いを認め合う精神は必要不可欠です。毎日夜遅くまで図書館で勉強したり議論を繰り広げたりしている学生の姿に、あなたも多くの刺激を受けることは間違いありません。

また、高いアジア人比率を誇っているため、日本人も比較的なじみ易い環境であると言えるでしょう。海外から来ている学生の多くはInternational House(通称I house)に住んでおり、多様性が売りのカリフォルニア大学バークレー校(UCB)の中でもことさら国際色あふれる環境が整っています。その他の学校運営寮やアパートも基本的にキャンパスから徒歩10~15分程度の距離に固まっています。

西海岸の穏やかな気候の下、世界を様々な分野で牽引していくであろう生徒たちと共にカリフォルニア大学バークレー校(UCB)で学ぶ経験は、その後の人生の糧になる事間違いなしです!!

その他の留学先大学

More