交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜Japan as No.1 を取り戻したい〜 カーディフ大学に交換留学中の慶應義塾生にインタビュー「2年 薗(その)佳波さん」

〜Japan as No.1 を取り戻したい〜 カーディフ大学に交換留学中の慶應義塾生にインタビュー「2年 薗(その)佳波さん」

〜Japan as No.1を取り戻したい〜 カーディフ大学に交換留学中の慶應義塾生にインタビュー「2年 薗(その)佳波さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!
今回はイギリス・カーディフ大学に現在交換留学中の薗佳波さんにインタビューさせて頂きました!
経済学部に所属する薗さんは、「Japan as No.1」を取り戻す!という目標を実現させるため、交換留学を決意し、カーディフ大学を選びました。
果たしてカーディフ大学とはどんなところなのでしょうか??

きれいなキャンパスの写真もりだくさんでお届けします💛

1.カーディフ大学とは???

豊かな自然、歴史的で美しい街並みが魅力のイギリス・ウェールズ最大の大学です。ロンドンまでは電車で2時間強と、すこし離れています。
生涯教育を提供する大学として知られています。
そしてなんと!3万人の学生のうち1万人が交換留学生(!!)という驚異の交換留学生率を誇る多様性豊かな学校でもあります。
そのため、交換留学生へのサービスが手厚く、ヒースロー空港とカーディフ空港でのお出迎えサービス(これはかなり羨ましい・・・笑)や、授業開始前にリラックスした雰囲気の中で友達作りが出来るよう、充実したオリエンテーション期間が用意されています。
もちろんアカデミックな側面でも非情にハイレベルな大学です。様々な分野の研究において高い成果を残しています。特にMBA、建築学、生物化学の評価が高いようです。

↑こちらは交換留学後に薗さんに送っていただいた空の写真です!こんな景色が日々見れるなんて羨ましいです💛

 

2.カーディフ大学に交換留学中の薗佳波さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
交換留学を考え始めたの自体は高校2年くらいの時、本格的に目指そうと思ったのは大学1年の春でした。
高校の時から漠然と交換留学に行きたいという思いはあったんですが、私が高校3年〜大学1年の時に2個上の姉が留学に行っていたので、リアルタイムで留学報告が聞くことができ、自分の身1つで異国の地での生活に挑戦することに憧れを抱きました。


↑大学近くのNational Museumだそうです!建築学に強い学校になるのもなんだか納得してしまう美しさです・・・!

トフル・アイエルツはどうやって勉強しましたか?
初めはトフルを勉強していたのですが、ほんとに低かったです笑 高校1年の時にトフルの塾に通っていたんですがあまり伸びませんでした…多分70点前半くらい()
その後トフルがあまりにもひどいため高校3年くらいで英国、カナダへの交換留学に的を絞りアイエルツへ方向転換しました。
アイエルツはトフルと違って紙試験だし、スピーキングも人とのface to faceの面談形式なのでコンピュータ画面に向かうより私にとってはやりやすかったです。


↑こちらも大学近辺のCathay Park!バークレーはこういうのどかな公園ないので羨ましいです~嫌なことがあってもここでぼーっとしてれば忘れられそうな気がします笑

カーディフ大学を選んだ理由は何ですか?
イギリスの大学の特徴を調べ、それぞれを比較していき、選びました!
→グラスゴー大学
過去にアダムスミス(経済学の権威)が学んでいた歴史ある学校。交換留学生が多く、サポートも充実している。
→カーディフ大学
交換留学生人口が多く国際色豊か。学生団体の力が大きく、課外活動(クラブ活動やボランティア活動、フィールドワーク)がさかん。現地学生と多様なコミュニケーションが取れる。
→シェフィールド大学
政治学部が分野別大学ランキングTOP5にランクイン。4人のノーベル賞受賞者を輩出するなどイギリスでも屈指の総合大学。国際関係学や比較政治学に強い。スチューデントユニオンが8年連続第1位。充実した学内施設と多彩なクラブ活動やイベント。
といった感じです!


↑観光名所カーディフ城だそう!薗さんいわく「カーディフ唯一」だそうですが、真相はいかに・・・!笑

エントリーシートはどのように書きましたか?
自分の過去と現在と将来に一貫したつながりを持たせることが重要だと思います!そこから自分の将来のための手段として留学が必要不可欠であることを伝えられるといいかと!
書いたESは先輩に見てもらったり、英語の部分はネイティブの人に一回見て直してもらうと安心だと思います(*^^*)


↑カラフルでとってもかわいい大学の裏通り!個人的に、こういうのどかでかわいらしい雰囲気の場所が大好きなので、写真を頂いたときはテンション上がりました~✨

面接で聞かれた内容とは?
・なぜ3年ではなく2年で留学しようと思ったの?(私が2年での留学だったため)
→帰ってからどうしても入りたいゼミがある。留学の成果を還元するためには2年分しっかりとゼミ活動に参加しなければ意味がない。
・留学先で何を勉強したいの?
→(私が経済学部なので)国際政治経済と国際貿易を特に扱いたい。イギリスは島国という点や立憲君主制、議会制を取っている点で日本ととても良く似ている。
産業革命から世界の第一線で活躍してきたイギリスの政治経済を学ぶことで再び日本の国際競争力の向上に貢献できればと思う。
また将来は日本の良質な製品を世界に売り出していきたいと思っているためグローバルなコミュニケーション能力やオーラルプレゼンテーション能力も同時に獲得したい。・それは日本では学べないの?
→日本ではあくまでも「日本から見たイギリス」しか学ぶことができない。実際にその国で歴史を学ぶことで当時の人々の思いや目指していたものなどをリアルに肌で感じることができると考えている。
また日本の商品を世界に売り出していくにあたってグローバルなコミュニケーション能力と多様な価値観は取引の際に必要不可欠であり、日本にとどまっていては身につけることのできないものだと思う。・将来何をしたいか
→日本製品を世界売り出していきたい。japan
as No.1を取り戻したい。そのためにも国際経済系のゼミ(具体的なゼミ名や活動内容をあらかじめリサーチし、他のどのゼミでもないここに入りたい旨を示すと良い)に入り、
留学の成果を還元しながら2年間しっかり学びたい。・いつ経済学に興味を持ったの?(これ聞かれると思わなかったのでちょっと動揺しました笑)
→高校生の時から漠然と留学を志していたので慶應の中でも比較的留学制度が整っている経済学部を視野に入れていた。その後国際関係学への興味が出て来たため、
基本的な経済システムを学びたいと思い経済学部への進学を決めた。・その他
→志望理由(簡潔に1分以内で言えると良いです)
→自己PR(英語でも用意しておくと良いと思います)


↑最後の写真は薗さんの通学路の風景です^^当たり前ですが、長期留学すると毎日見る景色がガラッと変わります。「憧れの場所」が「いつもの景色」になっちゃうなんて素敵ですよね。

カーディフ大学に期待するものとは?
留学生への寛大さ、、とかですかね笑
どんな環境であってもそれをどう捉え、どう自分の成長と生活の充実に繋げていくかは自分次第だと思ってます!(といっても簡単じゃないですけど…笑 ポジティブに頑張ります!)

後輩に一言お願いします!
留学に行きたいという強い気持ちと具体的な目標設定があれば大丈夫です!これらは留学先に来てからも大事になってくるので自分と向き合って深く考えてみましょう♪
分からないことや聞きたいことがあればいつでも力になるので気兼ねなく連絡ください!応援してます(*^^*)

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?
第1期の書類審査も終了し、1週間後に面接を控えてらっしゃる方!書類に思いをぶつけたからあとはそれをしゃべるだけでいいや~~というわけにはいきません!
今こそ志望理由をブラッシュアップし、薗さんがおっしゃっているように「交換留学に行きたいという強い気持ちと具体的な目標設定」をしっかり面接官に伝える練習をしていきましょう!

また、これからは交換留学中の方々にご協力いただいて、こんな感じの写真たっぷり記事にしていきます💛
見た目にも楽しい記事を作成していきますので、今後ともご愛読のほどよろしくおねがいします!

交換留学にいきたいという強い気持ちと具体的な目標設定、交換留学.comでは目標設定を客観的に行うことで交換留学への合格を支援しています。

交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

イギリスへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA