交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜開発学と自分に本気で向き合うイギリス留学〜 バーミンガム大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 加藤杏咲さん」

〜開発学と自分に本気で向き合うイギリス留学〜 バーミンガム大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 加藤杏咲さん」

〜開発学と自分に本気で向き合うイギリス交換留学〜 バーミンガム大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 加藤杏咲さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の下川です!日本もようやく涼しくなってきたみたいですね!

今回はイギリス・バーミンガム大学に現在交換留学中の加藤杏咲さんにインタビューさせてもらっちゃいました!

一度きりの学生生活だから!ということで、ボランティア活動等に参加したことがある方も多いのではないでしょうか?

加藤さんはスリランカにて教育支援活動をされていたそうで、その時の思いがベースとなり、開発学を学ぶ交換留学を志した方です。

開発学に興味がある方、途上国の教育現場を改善したい思いのある方、ボランティア活動などで得た気持ちをどのように今後活かしていけるか分からない方・・・必見の記事です!

1.バーミンガム大学とは???

開発学、アフリカ研究の分野が注目されているイギリスの大規模大学の一つです。開発学の分野では世界的な機関から依頼を受けてリサーチのプロジェクトを行っていたり、生徒による途上国へのスタディーツアーが企画されたりするようです。また、記事にも書かれていますが、世界で唯一の西アフリカ研究センターが大学内にあり、最先端の研究によりアフリカの現状が多角的に研究されています。学んだことをアウトプットできる環境が、特にこの2つの分野では優れています。

国際都市であるバーミンガムは豊かな緑に恵まれた穏やかな場所です。多くの交換留学生が学んでいるためサポートも手厚く、多様性に富んだ大学でもあります。

↑きれい・・・!登校するたびにうきうきしちゃいそうです。

 

2.バーミンガム大学に交換留学中の加藤杏咲さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
もともと大学に入る前から交換留学したいなと思う憧れ的なものはありました。ただ、異文化交流のために行かなくてもいいかぁと思う気持ちが強く、大学入学以後は特に何も考えていなかったんです。 ただ、スリランカにて3ヶ月間、教育支援活動に従事したことが大きなきっかけでした。高校生の時から途上国支援に興味があった私は、大学に入るとすぐ、じぶんで納得のいく支援プログラムを作り、子供達を幸せにしたい・多くの選択肢から納得のいく選択ができる社会を作りたいという大志を抱き活動を開始。活動を進める中で、どうしたらこの国の人々が苦しむことから解放され、幸せになれるのかという問題解決ができない自分に、ひたすら情けなさを覚えた苦い経験は大きな原動力となりました。 自分がやりたい支援は、比較政治的側面から判明した社会課題とそれに向けた対応から解決策を導くことには限界があり、地域研究的側面から開発学を学場なければいけない。それができるのは開発学の本場イギリスだ、この思いで交換留学を決めました。なので、交換留学を本格的に決めたのは、1年生のプロジェクトを終え、何となく違和感を感じ始めていた2年生の6月です。現地での勉強を通して、自分が本当に途上国に興味があって、さらに追求していきたいと思うのかを試す機会にしたいなとも思っています。 アカデミックレベルの英語力を身に付けたい!!場に臆することなくガンガン発言できる姿勢を身に付けたい!!世界を担うだろう若者が今何を考え何に一生懸命になっているのか知りたい!!という思いも同時にありました。不確実な未来に向かって世界がどう舵切りをしていくのか、イギリスという地で俯瞰してこようと思います。

アイエルツはどうやって勉強しましたか?
イギリス留学に絞っていたのでIELTSで点数を取りました。 交換留学決定が出願の3ヶ月前くらいで、3回しかテストが受けられないと決まっていたので笑、結構必死に勉強した覚えがあります。readingに関しては同じ文章を何度も通読して早く読めるようにしたり、writingはある程度、型みたいなものを自分で覚えてテストに臨んでいました! listeningはdictationが1番伸びると聞いていたので、これをやっていた気がします。
 ↑加藤さんいわく「信じられないよ!!ってほど普通に美味しいイギリス飯」だそうです笑

バーミンガム大学を選んだ理由は何ですか?
大学の交換留学協定先のなかで、学部から開発学が学べ、かつ都市から離れている大学という条件に合う大学は、バーミンガム大学だけでした!! 前者に関しては交換留学を志望した理由に記した通りです。田舎暮らしに関しては、生まれた時から東京で暮らしているので、単純に田舎のゆったりとした暮らしに憧れがあり、そこで普段なかなかサボっている思考みたいなものに向き合えたらなと思っています。
 ↑バーミンガムののんびりした雰囲気が伝わる写真を送っていただきました^^このベンチにすわってぼーっと考え事しながら、ゆっくりランチしてみたいです。

エントリーシートはどのように書きましたか?
先輩からいただいていたESをもとに雰囲気をつかんだ後、自分で書いたものを2人の先輩にみていただきました。 英語の部分は、帰国子女の友達に添削をお願いしました。

面接で聞かれた内容とは?
開発学はSOAS(ロンドンの大学)のほうがいいのでは? →主にアフリカにフォーカスしたいのと、都会ではなく落ち着いた田舎で生活がしたい旨を伝えました 英語の質問もあったのですが、失念してしまいました…。

バーミンガム大学に期待するものとは?
開発学に関する充実した研究ですね。教授との密なコミュニケーションが楽しみです!西アフリカ研究所というマスターの人たちの研究所もあるのでそこにもお邪魔できたらと思っています。
 ↑お友達と一緒にいる写真も送っていただきました!多様性あふれる国際都市であるバーミンガムですが、インド系の生徒が多いんだそうです!
2枚目は3D映画かなにかですかね~~楽しそう!交換留学といえば第1にもちろん勉強ですが、現地生徒との交流がなんといっても楽しいものです!

後輩に一言お願いします!
とにかく臆せずに色々な先輩の力を借りるといいと思います!! あと奨学金に関しては早めのリサーチをしないといい条件のものが意外とすぐ応募終了してしまったりするので、資料集め含めこれだけは早めの行動をお勧めします笑。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分のやりたいことを絞った後は、学校選びのフェーズに入る方が多いと思います。

もちろん学びたい内容が充実していることは大事ですが、あとは加藤さんのように「都心から離れている」など、住環境に対する条件を考慮することも同様に大切だと感じます!日々モチベーションを保って生活するわけですし、自分がどんな場所なら快適に過ごしていけるのか、理想の場所はどんな感じなのか・・・・。 どうやって理想の大学を選んだらいいのだろうか? 

無料相談会

イギリス、バーミンガム大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリス、バーミンガム大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA