交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】最高の環境!北欧! ウプサラ大学へ飛ぶ慶應義塾生インタビュー「3年、高橋佳歩さん」

【交換留学インタビュー】最高の環境!北欧! ウプサラ大学へ飛ぶ慶應義塾生インタビュー「3年、高橋佳歩さん」

【交換留学インタビュー】最高の環境!北欧! ウプサラ大学へ飛ぶ慶應生インタビュー「3年、高橋佳歩さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は最高の学問の環境がある北欧、スウェーデンのウプサラ大学に交換留学する慶應義塾大学の高橋さんとお話ししてきました。
北欧の大学へ交換留学される方をインタビューするのは初めて!
高橋さんはとても丁寧に説明してくださり、北欧の交換留学を考えている方にもきっと役に立つはず!
ぜひご覧ください!

まずは、ウプサラ大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ウプサラ大学とは???

ウプサラ大学は1477年創設と北欧で一番古い大学です。ヨーロッパの中でもかなり権威のある大学で、数々のノーベル賞授業者を輩出しています。なんと、その歴史はハーバード大学よりも古いです。また、スウェーデンはアメリカに次いで学問環境が整っているとされています。平和学や、環境学に秀でています。そして交換留学生向けの授業が多くその数は700にも及びます。

2.慶應義塾からウプサラ大学に行く高橋佳歩さんにインタビュー

本日はよろしくお願いします!まずは、交換留学に行きたいと思ったきっかけを教えてください。
交換留学は、高校生の頃から行ってみたいと思っていました。私は中学で本格的な英語の勉強を始めました。私の中高は英語教育に力を入れており、長期留学など海外経験のある友人や帰国子女が周囲に多かったです。でも私は、海外経験がほぼ無いに等しく(幼少期に、1度だけ台湾に行ったそうですが覚えてません。笑)、自分は、学校にいたネイティヴの英語の先生に話しかけるのすらいつもドキドキでした。こわがりな性格もあってあまり英語でも日本語でも積極的にコミュニケーションを取るという姿勢がなく、自分から行動するタイプでもありませんでした。今思えば、伝えたいことを伝える英語力も、伝えようとする意欲もあまりなかったのだと思います。「私はアメリカに行きたい!」そう宣言してそれを実行した友人を始めとして、行動力のある友人を見ているうちに、もっと自分から何かに取り組みたいと思いました。そんな中、短期でもいいから留学に行ってみたい!と思っていましたが、高校時代は部活をほぼ毎日やっており、長期休みですら留学プログラムに参加するのは厳しい状態でした。
そのため、慶應義塾大学に入学する前に、慶應義塾大学では交換留学と英語の勉強を第一優先にしようと決めました。それによって、英語力はもちろんのこと、「自分から」何かに取り組む姿勢がつくと考えたからです。

慶應義塾大学に入って交換留学を考え出したのはいつですか?
当初は、2年夏からの交換留学を目指していたため、TOEFLの勉強に必死でした。1年の6月の留学フェアで交換留学を1年遅らせることに決めた私は、(文学部の先生に、1年遅らせた方がより交換留学先の勉強が深まるとアドバイスされたため。)ふと「あれ、あたし海外経験ないのに、交換留学とか決断しちゃって本当にいいの?」と思い立ちました。そして、初めての2週間の留学を決めたのです。
ただ、語学学校で受動的に勉強するのではつまらない!そんな思いからニュージーランドの中高で日本語のネイティヴとして、外国語として日本語を勉強するクラスのお手伝いをしました。この選択をするに当たって、自分が英語を勉強する過程で、外国語として日本語を学ぶ人々に関心を持っていたことも大きかったです。2週間の留学生活は、本当にかけがえのないものでした。今になって、ほぼ初海外なのに日本人が全然いない環境によく飛び込めたなと思いますが、わんぱくな7年生の子どもたち(日本の小6にあたります)や日本のことに興味津々な13年生(日本の高3にあたります)と過ごす時間はとても楽しかったです!
日本の教育との違いはもちろんのこと、2週間のホームステイ先での生活も、日本とはあまりに異なっていて驚きの連続でした!
私のステイ先では、お父さんがご飯を用意し、子どものお迎えに行ったり、スーパーに買い物に行っていました。これが可能だったのは、お父さんの仕事が早く終わっていたからでした。これにより、お母さんは充実した職場での毎日を送れているとのことでした。
この経験を通して、私は教育と女性の仕事や家庭生活に対する姿勢が、日本とは異なる世界が存在するのだということを認識しました。そして、やはり1年間かけて日本とは異なる社会に身を置くことは意味がある!と考え、交換留学をしようと決めました。1年生の後半からは、TOEFLの勉強を続けながら交換留学先を絞っていきました。経済的な理由で交換留学で行くことしか考えていなかったため、交換留学の情報を探しまくりました。クラシック音楽が好きなことや、世界史の勉強が好きだったことから、なんとなくヨーロッパに行きたいなあとは思っていましたが、交換留学先を決められたのは2年の6月頃だったように思います。英語で授業を受けられる大学という条件のもと、交換留学先で何をしたいか考えるうちに、自分の専攻である教育を軸にして、男女平等や女性の社会進出について考えてみたいと思い、交換留学先を北欧にすることに決めました。

トフルの点数は?どうやってトフルの点数を上げましたか?
私の場合、初めてTOEFLを受験したのは高3の2月でした。初回ながら、80点越えをすることができたのは、高校時代にずっと音読に力を入れていたこと、高3の1年間に学校の授業で読んでいた小説のオーディオブック(学校を牛耳っている女子高生の話だったので、喋りが速かったのと、スラングも多かったです!笑)を聴いていたことが大きかったように思います。そこから1年半かけて、計4回受験しました。最終的に96点まで持って行きました!
これといった秘策はないのですが、
・基盤となる英文法の力があったこと(受験英語→純ジャパは、耳から入るとかフィーリングとかそういうのはダメです。絶対文法やった方が早いから!!)
・TOEFLに特化した語彙力をつけたこと(単語帳やりました!)
・TOEFLの問題演習をたくさんしたこと(塾に行きました!復習もしっかりしました!)
・TOEFLを切り抜ける術を身につけたこと=4時間の試験のどこで手を抜いてなんとか集中力を保つか(実際に受けて+ネットで記事をあさる)
が、目標だった90点越えを達成できた理由だと思っています。

ウプサラ大学の授業はスウェーデン語ですか?
いいえ!よく聞かれることが多いですが、実際は英語になります!ウプサラ大学にかぎらず北欧の大学は英語で勉強できますよ!

慶應義塾大学の面接で何を聞かれましたか?
面接ではエントリーシートに則した質問をされたので、これといって突飛な質問はなかったです。また、質問は全て日本語でした!
聞かれた内容としては、ウプサラ大学を志望した理由、ニュージーランドではどんなことをしたのか(エントリーシートに書いていたので。)、将来何をしたいのか、交換留学先で1人で過ごす時間があるが耐えられるか、といった内容でした〜

エントリーシートには何を書きましたか?
夏休み中をかけて、書きました。日本語も英語も何度も書き直しました。特に、英語はおそらく10回ほど書き直し、苦労しました。日本語は、信頼できる友人に、英語は大学の語学の先生(英語ネイティブ2人)、アメリカ大学院を出ているアルバイト先の塾の先生に見ていただきました!
書いた内容は、過去(ニュージーランドの経験を中心に。)→現在(教育学、なかでも比較教育学を学んでいること)→交換留学によって何を得たいか、学びたいか(北欧の教育と男女平等な社会)といった感じです。過去現在未来がつながるように、とよく言われますが、未来はあまり私の場合明確ではなかったので、現時点での内容を手短に書きました。(面接で突っ込まれると予想し、案の定聞かれたので、将来のことがわからなくても少しでも考えておくことをオススメします!)

ウプサラ大学に期待するものとは?
ウプサラ大学は、中世に創設された北欧最古の大学です。街がウプサラ大学とともに発展したため、街並みがとてもきれいです。そんな素敵な環境で、スウェーデンの教育やジェンダー平等について、理解を深めたいと思います。ウプサラ大学の授業の中で、現地の学校へのフィールドワークを含む授業があり、スウェーデンの子どもたちとの関わりも楽しみにしています!

後輩に一言お願いします!
今、このページを読んでいる方は、交換留学に少なからず興味を持っているのではないでしょうか。私の場合、交換留学先で何をしたいかよりも「留学してみたい」という気持ちが先にありました。この気持ちがやっと形になるまで、足かけ5年ほどかかりました。交換留学に対する漠然とした不安、お金の問題、語学力が足りない……。交換留学するとなると、なんとかしなければならないことが多く出て来ます。しかし、それを乗り越えて交換留学に行くという決断をすることには、相応の価値があると思っています。迷うところはあるかもしれませんが、今この瞬間の選択が日本では得られない「気づき」につながるかもしれません。ぜひ皆さんも、大学生活の様々な可能性の中から、交換留学を選びとってみてください!迷ったときには、交換留学経験者の声を聞いてみてください!最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか? 北欧への交換留学、憧れますよね? スウェーデンの大学は毎年倍率が高いのでしっかりと書類を作成する必要があります。

無料相談会

スウェーデンへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

スウェーデンへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA