交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れるのも夢じゃない?春の慶應交換留学フェア


慶應発、世界行き!留学の切符を手に入れろ春の慶應交換留学フェアの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜大学選びは掛け算と必然性!〜 ワシントン大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 小牧秀之くん」

〜大学選びは掛け算と必然性!〜 ワシントン大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 小牧秀之くん」

〜大学選びは掛け算と必然性!〜 ワシントン大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「3年 小牧秀之くん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はワシントン大学に交換留学予定の慶應義塾大学の小牧秀之くんにインタビューさせてもらいました。ワシントン大学に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか細かいところをお聞きしました!

ちなみにワシントン大学はワシントン州にありますが、ワシントンD.C.にあるのではなく、西海岸にあります笑 一番近い都市はシアトルですね!

1.交換留学に行きたいと思ったきっかけ

もともとワシントン大学への編入をするか、交換留学をするかで迷っていました。そんな中ワシントン大学の知り合いに慶應義塾のワシントン大学夏季講座に参加してとりあえずワシントン大学を見にこないかと勧められました。目的は実際に見に行って友人や教授の知り合いを作ることでした。
このプログラムへの参加が大きなきっかけになり、交換留学への出願を決めました。

2.トフル(TOEFL)はどうやって勉強しましたか?

最終的にトフルは96点で出願しました。リーディングとライティングの点数が高かった記憶があります。演習は過去問を集中的に行い、ライティングはトフルゼミナールの教科書を使用しました。

新版TOEFL TEST対策iBTライティング

新品価格
¥2,700から
(2017/8/1 16:03時点)

3. ワシントン大学を選んだ理由は何ですか?

きっかけは慶應義塾のワシントン大学の夏季講座でしたが、ワシントン大学のあるシアトルにはアマゾンやボーイング(ボーイングの本社は現在移転)、Microsoftの本社があり、それらの企業と提携した授業を受けられることも魅力です。
出願当時はヒューマンリソースについて学びに行くつもりでした。特に人材系の授業が交換留学生向けに開かれているのはワシントン大学しかなかったからです。現在ではコンピュータサイエンスとディープラーニングを学びに行きたいと考えています。アマゾンなどの企業と提携した研究室もあり、実践的な物を学べるのは楽しみです。

4. 面接で何を聞かれましたか?

面接はかなりラフでした。
質問はすべて日本語でした。
Q1:志望動機を簡潔に述べてください。

Q2:なぜワシントン大学なのか?

Q3:第二外国語をフランス語にした理由とは?

Q4:ワシントン大学の授業でわからないところがあったらどう対応するか?

Q5:現地の生活でトラブル等があった時にどう対応するか?

Q6:なぜスペイン語も勉強していたの?

参考までにビックデータの話を書いていたらかなり突っ込まれた友人もいるので面接官の専門範囲によると思われます。

5. エントリーシートには何を書きましたか?

志望理由書は過去・現在・未来を意識して筋を通しました。
そのほかに掛け算をすることが大事だと思っています。学校自体にこういう特色があり、そこで学べることはこういうことだという説明を心がけることで、大学としてのバリューとして生まれ必然性が出ます。交換留学計画書にはプログラムを参加した時のこと、授業を具体的に何をとるかを書きました。

6. ワシントン大学に期待するものとは?

人脈、環境、研究環境です。ワシントン大学は機械学習に対して積極的で、学部関係なくデータサイエンスと組み合わせて何か生み出していこうという動きが大きいことに好感が持てます。
組み合わせて何かを生み出す、スタートアップ精神が魅力です。
企業と大学のつながりが強く、新しいことを生み出していこうという環境を期待しています。

7. 後輩に一言お願いします!

個人的に相談受ける中で交換留学の目的が見つからないという人も多いです。しかし、交換留学に興味を持った理由があると思うので、自分の中であきらめないで突きつめていくうちに目的は見つかると思います。探究心というか。消化して目的を見つけるべきだと思います。なんでも聞いてください。

自分は結果的にやりたいことは変わったが突きつめていった結果によるものでした。直されて書いて調べての繰り返しを行うことで自分の真の目的が見つかると思います。頑張ってください。

8. 交換留学中の小牧くんに追加でインタビュー! ワシントン大学で学んでいることとは?

交換留学先で学ぶことに特に変化はなくコンピューターサイエンスとインフォマティクスを専攻しています。

授業の履修について、コンピューターサイエンスはかなり複雑です。

UWの授業ではJAVAという言語を主に使うため、JAVAの経験がないと履修が難しいコースがかなりあります。その為、Python R Go JS の経験しかなかった僕はCSE143Xと呼ばれる1クオーターでJAVAの基礎とデータストラクチャをまなぶ授業を履修しました。この授業を履修することで、残り2クオーターの中でかなりのComputer Science と Infomatics のprerequisiteをクリアするのでおすすめです。ですが、注意点としては基本的にこの授業はプログラミングの経験がある生徒が対象で、履修のためのアプリケーションを提出する必要があります。内容は難しくありませんが、UWのコンピューターサイエンスは全米5、6本指に入ることもあり生徒のレベルは非常に高く、宿題やテストの平均点は9割ほどです。

もう一つ最初の学期に履修すると良い科目はINFO201という授業で、githubを用いたバージョン管理やRを使ったデータ分析の基礎を学ぶ授業です。この授業を履修することで、Web 開発やデータサイエンスの授業を履修することができるようになります。(とは言いつつもデータサイエンスの授業は人気なので、なるべく履修人数が少ない秋学期に履修することをおすすめします。Infomaticsの学部は、基本的に学部生が優先ですが、履修登録の2periodより交換留学生も履修できるので、期間が始まったらすぐにprerequisiteに該当する慶応の科目があるtranscriptを持ってオフィスに行くなりメールするなりしてください。本当に履修争奪戦はシビアなので早めに行動してください)。

INFO201の授業は基本的に宿題とファイナルプロジェクトで決まるので楽です。特に経験がある人は楽しめるかと思います。(実際に1/3程授業をスキップしましたが4.0取ることができました)

その他の注意点としては、Computer Scienceの300番台(基礎から中級くらいまでのクラス)は枠がある場合のみ履修ができるので基本的にプログラミング初心者や慶応で該当する授業を取っていない人が履修することは不可能に近いです。(Non-major course というCSではない生徒向けの授業は慶応の成績表を提出するないしprerequisiteを着実にクリアすることで履修可能です)一方、400番台(応用・専門クラス)は履修に制限がなく、オフィスとの交渉となります(現在僕は慶応では機械学習・統計関連のゼミに所属しているのでそれを用いて交渉しています)。ですので、Computer Science を履修したい場合は予め慶応でprerequisiteに該当する科目を履修することが重要です。

9. 交換留学中の小牧くんに追加でインタビュー! ワシントン大学でビジネス・経済系を履修する場合は要注意

僕は履修してませんが、ビジネス系経済系も交換留学性は最後の方に回されるので注意です。政治・法学・国際関係論は基本的に枠も空いており、簡単に履修でき、かつ交渉次第では大学院の授業もとれます。

経済系の分析を行いたい方は、ECON学部の計量経済学や計量経済学x機械学習の授業、STAT学部のデータサイエンスがおすすめです。

10. 交換留学中の小牧くんに追加でインタビュー! ワシントン大学の寮はこちらがおすすめ!

寮に関しては、できるだけMercer Court C buildingを取ることをおすすめしています。自炊が可能なので非常に食費を安く抑えることができますし、シングルだと快適です(UWのダブルやトリプルは部屋が狭く、ルームメイトとの相性でかなり快適度が左右されます)。

11. 交換留学中の小牧くんに追加でインタビュー! ワシントン大学を目指す後輩にアドバイス

アドバイスとしては、とにかく履修を早い段階で一番最後のクオーターまで見越した上で決めておくことが交換留学生活を充実させる鍵なので本当に。8月になる前にどんな授業があるかだけでも確認しておいてください。

12.まとめ

いかがでしたでしょうか?交換留学先では、日本では学ぶことができないような学問を学ぶことができます。
ぜひ交換留学を目指してみてください!

無料相談会

アメリカ、ワシントン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、ワシントン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA