交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

~大学生活の軸としての交換留学!~ ウェスタンミシガン大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「1年 山崎実也」

~大学生活の軸としての交換留学!~ ウェスタンミシガン大学に交換留学する慶應義塾生にインタビュー「1年 山崎実也」

〜激動のイギリスへ!〜 ウェスタンミシガン大学へ交換留学する慶應義塾生インタビュー「1年、山崎実也」

こんにちは!交換留学.com事務局でインターン中の山崎実也です!

現在は法学部法律学科の1年生で、2018年度の9月からアメリカのウェスタンミシガン大学に留学予定です。
今回は慶應義塾中等部からの内部生であり、英語が相対的に得意でない私がどういった経緯で交換留学を決意し、いかにして交換留学の切符を掴むことが出来たのかを2~3回に分けて詳しく書いていければと思います。
大学でやることが決まっていない内部生にはぜひ読んで頂きたいです。
ぜひご覧ください!

1.交換留学を決意したきっかけは?

私が交換留学を決意したきっかけは、積極的な理由消極的な理由の2つがありました。
これだけ言われてもよくわからないと思うので、一つずつ説明していきたいと思います!
まずは、交換留学という機会を生かして、
海外で生活したい!英語でコミュニケーションを取れるようになりたい!という積極的な理由です。
というのも、僕は小4~小6までの3年間をシンガポールで過ごしていたことが大きいのではないかと思います。当初、父親のシンガポール駐在が決まったときは日本の友達と別れなくてはならず辛かったということと、漠然とした海外に対する不安があったため、絶対に行きたくないと思っていました。
ですが、家庭の事情ではあるので渋々といった感じではありましたが、シンガポールでの生活が始まりました。すると日本人学校の友達にも恵まれ、なんと楽しいことか、シンガポール!という具合に、あっという間にシンガポールでの生活が楽しくなり海外に対する不安というものはなくなっていました。
例えば、日本人学校の遠足一つとっても、チャイナタウン(中国人街)やリトルインディア(イスラム人街)に行き、宗教儀式を体験させてもらったり、民族料理を食べたり、といったような日本での遠足ではおよそ体験できないことが出来るわけです。
シンガポールでの生活によって海外へのイメージが良い意味で裏切られ、将来はもっと多くの国を訪れてみたいと漠然と思うようになりました。と同時に、海外に行くからには英語が話せないと意思の疎通が出来ないために楽しくないだろうとも考えました。しかし、僕はシンガポールでも日本人学校に通っていたため、英語は全く上達しませんでした。そこで海外で生活する事、英語力の向上という両目的を満たすことが出来るのは「留学」だと思い、中等部の頃から、ゆくゆくは留学に行って海外で生活したいということを意識はしていました。
続いて、この漠然と留学したいという気持ちが以下に述べる消極的な理由によって、
「交換留学」に限定されることになります。一旦、話が飛ぶのですが、私はシンガポールで3年間過ごした後、慶應義塾中等部に入学することになります。中等部ではテニス部に入部し、塾高でも続けたので計6年間テニスをしていたことになります。まあここまでは内部生の既定路線という感じで、受験勉強がない分、運動に打ち込みましたという典型的なパターンだと思います。ですが、大学で何をするかというのは、内部生なら良くわかって頂けると思いますが、かなりまちまちだと思います。ここでは良くあるパターンを紹介します。

1.體育會
2.一貫教育校の部活コーチ(塾高・普通部・中等部)
3.サークル
4.資格勉強(弁護士・公認会計士)
5.留学(私費・交換)

これはあくまで一例ですが、大学生には無数の選択肢があると思います。
中等部や塾高の友人で、運動神経が良かったり、忍耐力がある子は體育會に進んだり、地頭がいい子は資格の勉強をしたりという感じで、私の周りには以上の選択肢を選んだ友人が多かったように思います。
残念ながら僕には、體育會に入るような実力も根性もなく、難関資格に合格できるようなポテンシャルも持っていないと分かっていたので、何を軸に大学生活を過ごそうかという事を悩んでいました。
先ほども述べたように、中等部の頃から留学には行きたいなと思っていたので、留学という選択肢は第一候補ではありました。そして、交換留学制度の存在自体は知っていましたが、具体的にどういう人が選ばれるのかとか、どの程度の英語力が必要なのかであるとか、そういった詳細を全くと言っていいほど知りませんでした。
何をするかが全く決まっていないまま大学に入学し、4.5月はある程度授業に行って、ごくたまにサークルでテニスしてという具合になんとなく大学生活を過ごしていました。6月に入ってから、大学で国際センター主催の留学フェアが開催されるとの噂を聞きつけ、興味があったので参加しました。今振り返るとこのイベントが自分にとってはターニングポイントだったように思います。留学フェアは、実際に留学を終えた方やこれから留学に行かれる予定の方がラウンジに常駐してくださり、留学に興味を持っている僕のような人が話を聞きにいくという形式のイベントでした。この頃は交換留学をぼんやりと考えていた段階であり、その時の自身の現状を先輩方にお話ししたら、親身になって相談に乗ってくださいました。中でも印象的だったのが、交換留学は準備に時間がかかるために、否が応でも4年間の大学生活の軸となり、生半可な準備では達成できないという事でした。話を聞く前までは、交換留学がそんなにハードルの高いものだとは思っておらず、大学生活を送る上で、多くの活動の中の一つというくらいの位置づけに考えていたのですが、現状は全く異なっていました。ですが、交換留学を実現する事がいかに大変なことであるかを知ったことで、やる気に火がつき何が何でも交換留学に行きたいという決意を固めることが出来ました。

2.留学準備について教えてください!

6月の留学フェアに行ったことで、交換留学を大学生活の軸とする決意を固めることが出来たので、そこからは交換留学準備を早速スタートさせました。
一番最初に始めたのは、情報収集でした。留学フェアでお話しさせて頂いた先輩方が口を揃えて仰っていたのが、「交換留学は情報戦」という事でした。早速、先輩方からLINEで交換留学に関する情報をひたすら収集しました。例えば、「TOEFLのスコアは基準点超えてれば関係ない」「GPAが重要」「留学書類の志望理由書は過去・現在・未来に分けて書く」といった、当時の僕にとっては目から鱗な情報をたくさん教えて頂きました。
結果的に分かったこととしては、慶應義塾大学の交換留学の選考は主に3つの要素を総合的に加味されるという事でした。ここからはそれぞれの要素に分けて行った準備を書いていきたいと思います。
〇TOEFL 高3の10月からAGOSというTOEFL専門の塾に通っていました。僕は英語が非常に苦手だったので、始めはTOEFLの勉強をするレベルには達していなかったと思います。なのでAGOSに通う前に、その下準備として独学でTOEICの勉強を行い、基礎的な英語力をつけてから入校しました。正直、英語が苦手な人にとっていきなりTOEFLを学習するのは辛いですし、長続きしないと思います。なので、個人的にはTOEICで基礎を作ってからというのがいいのではないかと思います。もちろんTOEICとTOEFLの形式は全く違うので、TOEICの勉強をしても意味がない考え方の人もいるので、そこは自分にとって最適な方法を模索する必要があるのではないかと思います。

 

〇GPA
6月に行った留学フェアで、GPAの重要性を分かってからはひたすら試験対策に時間を使っていた気がします。僕は法法なので、法律系のサークルで試験対策プリントを集めたり、頭のいい友達のノートをもらったり、時には語学の教授のご機嫌を取ったり(笑)というようにあらゆる手を尽くしました。かなり頑張って準備したつもりだったのですが、結果は散々なものでした。という感じなので、GPAを高く獲得するコツみたいなものはハッキリ言ってわかりませんが、とにかく授業に出ていることが大事なのではないかと思います。

 

〇留学書類
以下に記載する内容は、あくまで僕自身にとっての最善の方法であり、これをお読みいただいている全ての方にとってベストな方法であるとは言い兼ねます。できることなら僕も自分自身の本心を留学書類に書きたかったですが、その本心は交換留学に行く目的と合致しなかったために、戦略的に志望理由を組み立てるという形を取りました。自分自身の中に軸があって、書ける内容があれば以下の方法で留学書類を作成する事はおすすめできません。逆に、僕のように過去の経験から説得力のある留学書類が作成できない、でもどうしても交換留学に行きたいと考えている方にとっては一つの手段ではあると思います。交換留学選考が終わってから、いくらでもやりたいことは変わるわけですし、留学書類で書くことと実際に留学先で学ぶ分野やしたい課外活動は一緒ではなくていいのではないかと思います。つまり何が言いたいのかというと、交換留学書類の作成段階では必ずしも自分の本心を書く必要性はあまりないという事です。
前置きが長くなってしまいましたが、交換留学選考準備の中で一番時間を掛けたのはここです。それだけ書類が重要であるという事を強く述べておきます。
交換留学の志望理由書を書く上では、過去・現在・未来という構成を以て、留学をしなくてはいけない必然性を出すという書き方が鉄板とされています。なので、僕もその構成に従って書き始めました。しかしながら、留学に行きたい目的が「海外で生活したい」ということと「英語力を高めたい」と思っていた当時の僕には説得力のある志望理由書を書けるネタがありませんでした。
そういった悩みを多くの先輩方にぶつけたところ、やはり同じことで苦労された方が大勢いらっしゃいました。その方々が仰っていたのが、自分が行きたい大学(出願する大学)の特徴から逆算して書くという方法でした。僕自身の例を挙げて説明させて頂きますと、自分は志望理由書を書き始めた8月上旬の時点ではワシントン大学に留学したいと考えていました。なので、ワシントン大学の特徴をネットで調べ倒しました。すると、どうやらワシントン大学はコンピューターサイエンスや法律の分野に強い大学であるという事が分かりました。最終的に「~の理由から、コンピューターサイエンスと法律の分野が世界トップレベルであるワシントン大学に行きたい!」というように逆算して考えることにしました。
まずは、未来からです。コンピューターサイエンスと法律という2つの分野の知識を必要とする職業って何だろうという事から考え始めたのですが、なかなか思いつきませんでした。かなり長い時間かけて悩んだうちに、かなり安易ではあるのですが「コンピューターサイエンスに精通している弁護士」という考えにたどり着きました。なんとなく将来の形が決まったところで、過去や現在について考え始めました。先ほども述べたように、大学入学前はテニスしかしてこなかった僕にとって、将来の形につながる過去の経験はありませんでした。しかし、幸い大学入学後に入っていた学生団体で、とある研修プログラムに参加したのですが、そのプログラムの一環として教育系のITベンチャーでインターンっぽいことをさせて頂いたことがあり、その経験を「過去」の部分で書くことにしました。という感じで、
「将来①」ITベンチャーの起業に携わる弁護士になりたい。
「過去」ITベンチャーでインターンをしたことで、これからの時代はテクノロジーが世界を変えると思った。
「現在」慶應で学んでいるが、慶應ではコンピューターサイエンスを学べない。(本当はSFCでは学べます笑)
→コンピューターサイエンスと法律の分野において世界的なレベルにあるワシントン大学への留学は自身にとって不可欠なものである。
このような構成で書きました。整理すると、
出願したい大学の特徴をリサーチする。→大学の特徴をもとに将来の形を決める。→自身の過去の経験から将来の形につながりそうな経験を見つける。→なぜ、現状の環境では将来の形がないか分析する。→分析した結果、留学は自分にとって不可欠なものである。という感じです。
偉そうに書いてますが、これは全然いい方法ではありません。正直、苦肉の策という感じです。ただ、最終手段としてはこう言った方法もありますよという事だけを紹介しておきます。

以下、出願にあたっての自分自身のタイムスケジュールを書いてみました。

次回は、実際の面接について書いていきたいと思います!

いかがだったでしょうか? 山崎くんが話してくれたように交換留学を目指すためには周到な計画が必要です。

無料相談会

アメリカ・ウェスタンミシガン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、ウェスタンミシガン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA