交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?


留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
ここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。



留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!


交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。



交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

                       

交換留学.comの過去のイベント

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜起業・ビジネスを学ぶ方におすすめの交換留学先〜 WHUに交換留学中「3年津田るりさん」

〜起業・ビジネスを学ぶ方におすすめの交換留学先〜 WHUに交換留学中「3年津田るりさん」

〜起業・ビジネスを学ぶ方におすすめの交換留学先〜 WHUに交換留学中「3年津田るりさん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はWHUに交換留学中の津田るりさんにインタビューさせていただきました。WHUは大学全体で1000人程度ど小規模であるため、授業の人数が少なくきめ細やかな指導が可能なようです。実際にビジネスを学んだり起業したい人にはおすすめなようです!

それでは、実際に津田さんにお話をお聞きしてみましょう!

 1.交換留学先にWHUを選んだ理由とは?

高校の時に交換留学をしていました。その留学の経験から大学でも交換留学に行くことを決意しました。自分が商学部でもあるのに加えて、経営や商学系が専門的に学べるWHUにしました。

WHUの近くの街並み

 2.WHUの授業の特徴と履修している授業について

WHUは大学の規模が1000人程度と少なく1クラスは40人くらい、少ないと10人くらいです。

前の学期は

ドイツ語の授業(語学)
マクロ経済学(英語)
経営学の授業×3(英語)

の5つを履修していました。各授業は1回1.5時間でそれが週2コマあります。
授業の特徴としてテストが難しいので授業内評価がある授業をとることをおすすめします。経営学の中でも留学生が多いInnovation managementが良い授業です。慶應商学部の経営学と近いですが、より実践的な内容です。授業の構成は講義がベースで、授業の最後の方になるとチームでのプレゼンがあります。チームのプレゼンは宿題となるのでその課題をこなすのが大変です。

 3.交換留学先のWHUはテストが難しいと聞きますが、どのように難しいですか?

まず、テストはすべて記述式です。さらに習った知識を応用して新しいケースを分析して解答しなくてはいけません。柔軟に考える必要がありますし、問題数も多いので時間配分に気をつけなくてはいけません。ここだけは絶対とる!と決めて解き進めていくのがおすすめです。

 4.交換留学先での生活について

寮はドミトリーなので隣同士は仲良くなりやすいですが、あくまでも一人暮らしなので積極的に関わらないと友達はできにくいかもしれません。WHUはドイツの中でも留学生の割合が高い大学でドイツ人と留学生の割合が1:1くらいです。(ただし留学生は正規留学生が多い)大学側が留学生に慣れているので交換留学生向けのイベントが多いです。そういう意味で交換留学生同士は仲良くなりやすいです。ローカルの学生については学校側がクラブ活動を紹介しているので、それに参加すると仲良くなりやすいと思います。また、週末は友人たちと出かけることも多くてケルンやフランクフルトといった大きな街に日帰りで旅行したり、イタリアのローマに行ったりしました。大きな都市に気軽に行けるので嬉しいです。

友人との飲み会の際の写真

 5.交換留学先のWHUは履修制限がありますか? また、授業を選ぶ際に気をつける点とは?

履修の個人ページがあってそこから授業の履修登録を行います。人数制限がなければ履修できると思います。少なくとも自分がとった授業では履修制限はありませんでした。
1点気をつけなくてはいけないのが、WHUの授業は1週間で授業時間がランダムなので授業同士がダブルブッキングすることがあることです。ダブルブッキングした場合は教授に事情を説明し前半と後半で違った授業に出席することもあります。学期の最初にいつ授業が行われるかはわかっているのでできるだけダブルブッキングが少ない授業をとることがポイントです。

 6.交換留学先のWHUと慶應の大きな違い

慶應とWHUの違いとしてあげられるのが規模の違いです。WHUの方が圧倒的に人数が少ない。それでもいろいろな国から留学生が来ていますし規模が小さいからこそ、ふれ合いやすいです。アフリカからくる人もいますし、アメリカ、アジア、ヨーロッパと多様性に満ちています。

 7.こういう人にはWHUがおすすめ!!

ビジネススクールなので、大学院に行きたいと思っている人。Masterコースをとりたいと思っている人、また将来起業しようと思っている人は、それに関する知識がつきます。そして商学部とか経済学部の人はおすすめですね。

あと、ドイツはヨーロッパ中に旅行しやすいので旅行したい人もおすすめです。

そして意外なことにWHUはドイツ語ができなくても出願することができます。英語のレベルも高いので英語で学びたいという人もおすすめです。ドイツ語で出願する場合A1以上がおすすめですおすすめです。

日本ブースを出店した時の写真

 8.後輩に一言!

もし交換留学自体を迷っている人がいたらとにかく交換留学して欲しいです。どこに行くにしても準備が必要なので迷っているうちに出願期限を越しちゃうんだったら、出願した方がいいと思います。WHUを志望校に入れてもらえると嬉しいです。

 9. まとめ

いかがでしたでしょうか?  ドイツの交換留学というとどうしてもドイツ語で勉強することを想像してしまいますが、WHUを始め英語で授業を取れるところは多いです。また、ドイツの授業レベルも高いので交換留学生活の濃さを期待する人はドイツへの交換留学を検討してみてください。

交換留学にぜひWHUを検討してみてください!

無料相談会

ドイツ、WHUへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

ドイツ・WHUへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA