交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】国際学のメッカはアメリカの首都にあり! アメリカン大学へ突撃した慶應生インタビュー「3年、山中美希さん」

【交換留学インタビュー】国際学のメッカはアメリカの首都にあり! アメリカン大学へ突撃した慶應生インタビュー「3年、山中美希さん」

【交換留学インタビュー】国際学のメッカはアメリカの首都にあり! アメリカン大学へ突撃した慶應生インタビュー「3年、山中美希さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はアメリカの首都ワシントンDCにあるアメリカン大学に行く交換留学生とお話ししてきました。
帰国生に不利になるらしい慶應義塾の交換留学の選考。
帰国生ながらも見事、アメリカン大学への交換留学切符を手にした彼女のインタビューにご注目!

1. 交換留学に行きたいと思ったきっかけ

私は小学校1年から4年までアメリカに滞在していた経験があり、中高時代は帰国子女のプログラムがある学校に行きました。そこで縁があり、海外の模擬国連会議に出席することができました。

高校2年生の時にオーストラリアでの会議に出席したのですが、日本の授業と違ってそこでは自分の意見を言うディスカッションが主で、勉強をしたことをもとに「考える」ことが重視されていました。日本の教育システムとは大きく違った分カルチャーショックを受けましたが、いざそのような環境に身をおくと刺激的で楽しいなと思いました。ここで、「海外で勉強したい」と漠然と思い、大学で交換留学したいと思い始めました。

2. 帰国生であることは不利ではなかったか?

特に不利ということはなかった気がします。自分の印象としてはそういうことはあまり関係なく、しっかりと交換留学に対する熱意が伝えられれば大丈夫だと思いました。

3. アメリカン大学を選んだ理由

まず、アメリカは住んでいたことがあり文化などにも馴染みがあったので、もう1度アメリカに戻りたいなと思いました。また、アメリカの西海岸に住んでいたので、また違った環境に行きたく志望校は東海岸に絞りました。

何を学びたいかと考えた時、慶應で専攻している政治学の学問分野は狭くて嫌だと感じていたので、もっと幅広く勉強できる国際関係学を学びたいと思いました。国際関係学の中で何を勉強したいかは明確に定まっていなかったのですが、発展途上国について学びたいという思いがありました。実際にインドやカンボジアに渡航経験があり、その国の貧困や貧富の差を目の当たりにして「何か自分ができることはないのかな」と考え始めたのがきっかけです。ここから「途上国の開発」に興味を持ちました。慶應では深く学べない内容だったので、交換留学先で学んでそこからまた自分の学びたいことを深堀りしたいと考えました。

こうした軸を持って志望校を調べていく中で、自分のやりたいことが1番できるのがアメリカン大学でした。国際関係学部のカリキュラムが非常に充実しておりアメリカの中でも高く評価されていた上、DCに位置していることもあって学生の多くは政治的活動を活発にしていることでも有名でした。交換留学生の受け入れも積極的にしており、様々な国から来た人たちと交流する機会があることも魅力的でした。調べていくうちに1番自分に合ってると感じたので、ここを志望しました。

4. 慶應義塾大学の選考の面接で何を聞かれましたか?

・日本語
ー留学志望理由書、アメリカン大学の志望理由、留学計画を簡潔に
・政治的な立場は問わないが、トランプ大統領についてはどう思うか

・英語
ー大学院に行くかどうか
ー1回ある授業の成績でDをとったことがあり、どうして?と聞かれた
ー留学計画書に「この授業を受けたい」と具体的に書いたら、これはどうやって調べたのかと聞かれた

後これは私の印象ですが、友達の話を聞いていると帰国子女や留学経験がある人、インテクラスに入っている人は志望している交換留学先の言語で面接を聞かれていたことが多かった気がします。なので今後、日本語面接の練習をしつつも余裕ができたら留学先の言語でも対応できるように少し練習するのも良いかもしれません。

5. 志望理由書・留学計画書に書いた内容とは?

「過去に◯◯してきて、現在は◯◯をしているが、自分は未来にこうなりたいというビジョンがあるため交換留学に行かなくてはいけない」という構造で書きました。こうやって時系列重視するのが良いです。

私も将来何がしたいかを明確にし、そのために交換留学が必要だということを主張しました。さらにアメリカンではなきゃいけない理由を沢山並べて、熱意が伝わるよう意識しながら書きました。

6. アメリカン大学に期待するもの・実際にできた経験

国際色豊かなキャンパスで色んな人と交流し意見交換すること、慶應で学べない分野をがっつり学ぶこと、DCにあるモニュメントを見ること、有名な政治家や社会活動家に会えること、などなど本当に沢山あり全部楽しみです!
(ちなみに今12月にこれを書いていますが、9月にはマララちゃんが大学に来てスピーチをしてくれました!)

7. 後輩に一言お願いします!

慶應義塾大学にいて思うのが自由な時間が多いことです。だから私も大学で授業受けて、バイトして、サークルやって、と気づいたら予定が多く自分の時間が無くなっていました。そんな中、アメリカン大学への志望理由書を書く時に、今まで大学生活で自分と真剣に向き合ったことがなかったなあと実感しました。結構ここで苦労しましたね。

自分がやりたいこと、もっといえば自分自身のことについて、いかに今まで自分が考えてこなかったか痛感しました。

交換留学するって決めたら、自分について考える時間が増えることになるのでいい機会だと思います。交換留学したいって思った時に自己分析するのは大変だけど、自分の時間を作って向き合ってほしいです。
そして、国際関係学に興味ある人は是非アメリカン大学へ!

8.まとめ

いかがでしたでしょうか?日本では学べない学問を交換留学先で学んでみるのはいかがでしょうか? アメリカへの交換留学は非常に倍率が高く、戦略的に選考を受けなければふるい落とされてしまいます。

無料相談会

アメリカン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA