交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】留学のメッカニュージーランド! オークランド大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「4年、福沢開陽さん」

【交換留学インタビュー】留学のメッカニュージーランド! オークランド大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「4年、福沢開陽さん」

【交換留学インタビュー】留学のメッカニュージーランド! オークランド大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「4年、福沢開陽さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回はオークランド大学での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。

ニュージーランドは南半球なので通常の交換留学時期と異なるのも魅力的ですよね!

どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

まずは、オークランド大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.オークランド大学とは???

Taken on holiday in New Zealand, April 2010.
The landmark clock tower on the University of Auckland central campus was designed by American architect Roy Alston Lippincott and completed in the 1920s.
University of Auckland on Wikipedia

オークランド大学は1883年に設立されたニュージーランドのトップ大学です。人文科学、ビジネススクール、創造芸術学、教育学、工学、法学、医療/ 健康学、科学など多岐に及ぶ専門分野を学ぶことができます。ニュージーランドの学者や首相を多く輩出しています。学生数は3万人ほどの総合大学です。

2.オークランド大学に交換留学した理由

経済学を勉強する中で、資源や労働力が豊かではなく、島国で貿易を頼りに発展してきて、日本と近いニュージーランドに興味が湧きました。そういう独自の経済発展のメカニズムとその潜在能力を現地の生活を通じて学びたいなと思いました。
それともう一つ大きな理由は異なる文化の人たちと交流したかったからです。あまり知られてないですけど、ニュージーランドは移民国家で、人種のるつぼです。世界中から交換留学生が集まっているオークランド大学でGlobal citizenになりたいと思いました。
あとは、気候が良くて、自然がたくさんあって、アウトドアが盛んで、遊びに困らないところも魅力でした!!

3.オークランド大学の交換留学中に驚いたことや文化の違いなど

いっぱいありますね!
ニュージーランドの人は本当にフレンドリーです!!旅行で車が郊外で壊れた時は、2、3台の車が止まって、直すのを手伝ってくれたり、町の修理屋に連絡してくれたり、感動しました。
道がわからなくて、郊外とかで道端で停車していると、結構高い確率で「大丈夫?」と声をかけられました。
あとは、雨が降っても傘をささないとか、裸足で外を歩く人がたまにいることにはびっくりしました。笑

4.オークランド大学で得た最重要な経験

30以上の国や地域、全ての大陸の学生と日常的に接してきたことです。
自分と相手に違いがあるのは当たり前だと気づいて、そんなことを気にするよりも、共通点を探して相手を迎える姿勢を持つようになりました。慶應でも国際交流のサークルに入って、世界の学生と交流する機会もあったけど、無意識のうちにお互いの文化や生活の違いばかりを探していました。それを見つけて、国際交流できて良かった〜と自己満足をして、それ以上の信頼関係を築けなかったような気がします。それが、10ヶ月の交換留学の経験を通じて、目の前の人との国のボーダーをあまり気にしなくなるようになった!と今自信をもって言えます。

5.交換留学先で履修できた授業、できなかった授業

履修に関する制限はほとんどなかったです。(医学部とか理工学部の授業はダメだった気がする)
僕も実際、地理とか、歴史とかの他の学部の授業も取りました。

ただ、上級の授業を履修するためには基礎の講義を受けましたという証明が必要です。(例えばオークランド大学でマクロ経済学中級を履修したいのであれば、日本の大学で履修したマクロ経済学初級の内容を登録する必要があります)
でも、これはかなり緩くて、「〜という内容を独学で勉強しました」でも通りました。

また、慶應での単位認定(少なくても経済学部)はとても簡単で、少し内容が被っていれば認めてもらえました。

6.交換留学から帰国後に行ったこと

僕の場合は11月に帰国して、翌年3月まで学校がないので、結構暇にしていました。(笑)
ゼミに参加させてもらったり、インターンに参加して、翌年の就活に向けた準備もしました。

7.交換留学が進路に及ぼしました影響

日本の良さを世界に発信したいという交換留学前から持っていた自分の軸は交換留学後もぶれなかったです。
異文化で生活してきた経験を仕事にでも活かしていきたいです。
あと、5時に仕事が終わって、カフェでお茶をしている現地の社会人を見て、ワークライフバランスって大事だなーと感じるようになりました。(笑)

8.後輩に一言!

「これから交換留学に行く人へ」ですけど、
交換留学中は何かと学業やイベント、身の回りのことで忙しくて、すごく疲れます。
でも、何かに参加するかどうか・やるかどうかで迷ったら、とりあえず頑張ってみてください!
自分の部屋から出ると、必ず面白いことが待っています!!
これから交換留学に行く方は、全力で楽しんで、頑張ってください!

9.まとめ

いかがでしたでしょうか? オーストラリア・ニュージーランドへの交換留学は情報も少なく、倍率も高いためしっかりとした準備が必要です。

そして交換留学は語学力の準備に時間かかります。また、交換留学の選考には十分な対策が必要です。

無料相談会

ニュージーランドへの交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

ニュージーランドへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA