交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

〜喧嘩で学んだ中国語!〜 北京大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、竹端樹里さん」

〜喧嘩で学んだ中国語!〜 北京大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、竹端樹里さん」

〜喧嘩で学んだ中国語!〜 北京大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、竹端樹里さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回は北京大学での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。

みなさんは中国、北京と聞いてどういうイメージを思い起こしますか?

中国留学というワードを聞いて「反日」なのに大丈夫なのかとか、大気汚染は大丈夫なのか?という疑問が湧く読者の方も多いかと思います。今回は少し突っ込んでその辺もお聞きしてみました。

どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

まずは、北京大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.北京大学とは???

北京大学は1898年に設立されました。文系・理系を問わない総合大学で、世界大学ランキングでは東大を超える順位でランクインしています。北京大学は清華大学と並んで中国の大学でもトップクラスとされ、中国中から人材が集まっています。

2.北京大学に交換留学した理由

私の父が中国の文化人を取材する新聞記者で、私は小さなころから父の取材経験を通じた中国の魅力を聞いて育ち、幼心に興味を持っていたのが最初のきっかけです。
中学生の頃、尖閣問題や毒入り餃子問題、大気汚染が取り上げられました。この記事を読んでいるみなさんももしかしたら鮮明に記憶に残っているのではないでしょうか。当時私は、日本のことを罵倒する中国人の姿をテレビで見て、正直中国という国を怖いと思っていました。しかし他方で、私の家の近所に中国の方が多く住んでいらっしゃるのですが、メディアに映るような態度を向けてくることはなく、笑顔で挨拶をしてくれて、とても嫌悪感を向けられているという実感はありませんでした。
メディアに映る中国人像と身近な中国人像の違和感を感じ始めた私は、いよいよ自分の目で中国を見てみたいという強い気持ちを持つようになりました。
そうした中で交換留学先を検討していったのですが、せっかくの交換留学なら中国一の大学で学んでみたいな、と単純に大きなことを思うようになりました(笑)

そんなこんなで、中国に交換留学に行くとしたら、政府重点大学に指定される復旦大学か清華大学、北京大学、中国人民大学に行きたいと考えました。ちなみに交換留学先として北京を選択したのは、中国語の普通語(いわゆるマンダリン、北京語に近く、中国で標準語とされている)を学ぶ最適な環境だと考えたからです。そして政治や経済の中心である都市として非常にグローバルな環境にも惹かれていました。
ただ、清華大学は一般に理系の大学と言われており、他方北京大学は文系大学の最高峰ということで、自分の学びたい国際関係学を学べる学部があり、かつ中国トップクラスの教授陣を誇る北京大学への交換留学が理想なのではないかと考えました。

3.交換留学先の北京大学に到着して苦労したこと。中国語の学び方

交換留学申請する時点で、HSK6級を取得しました。私は中国語を大学から学び始めたのですが、語学インテンシブコースでの学習に加え、孔子学院への通学、独学での努力が実り、なんとか取得するに至り、でもやっぱりスピーキングはダメダメ。本当に全くと言って良いほど話せませんでした。ですから、北京大学に着いた当初は片言英語でなんとか会話を切り抜けようと頑張っていました(笑)。しかし買い物をするときやバスに乗るときも英語が通じないことは多々あり、中国語習得の必要性に日々迫られましたね。その後は、国際関係学部の一般授業をこなしながら、語学は自力で鍛えていきました。ルームメイトやなるべく多くの学生にどんな些細なことでもいいから話しかけて、とにかく“口をならす”というような感覚で毎日必死になっていました。そして初めて知る語句はノートにまとめ、次の会話の機会に生かす。そういう風に、時間はかかりましたが、少しずつ上達していきました。

交換留学先に到着した日は、とても緊張していましたね。でも一人一人に交換留学アドバイザーがついてくれるので安心です。私は担当の方に北京大学での生活のいろはを教えていただきました。
私の住んでいた寮は二人部屋だったので、ルームメイトと会話するのが中国語上達の一つの方法でした。いや、ルームメイトとの会話は、喧嘩を含めて(笑)中国語を上達させる一番のきっかけになったかもしれません。

自分は今何に不快を感じ、相手はどう思っているのか、そしてお互い考え方や価値観が違っても、どうやって折り合いをつけていくのか。ルームメイトとのそうした対話が最も語学の上達に繋がりましたし、異なるバックグラウンドを持った、価値観や生活スタイルの異なる相手をもっと理解していこうと前向きに努力するようになりました。

4.交換留学先の北京大学で経験した文化の違い

中国人は仲良くなれば優しいけれど、そうならないと割と冷たい部分が多いかもしれないと感じました。例えば、授業が一緒で仲良くなった子が、歩きながらすぐ腕を組んできたりするのには驚きました。日本より友人同士のスキンシップが多いなと感じましたね。また授業で分からないことは後で微信(中国版LINE)で連絡をくれて丁寧に教えてくれました。ですが普段、中国人は中国人で固まっていることが多いので、そこに日本人一人で入っていくのはとても苦労のいることでした。でもこれは中国人に限った話ではなく、おそらく日本の大学でも私と同じ思いをしている交換留学生は多いかもしれませんね。

環境面で言ったら、大学のトイレはなかなか汚いですね(笑)。食堂も中国ならでは。やはり大変人が多く、立ちながら食べなくてはいけない時もあるんです。これにはまたまたびっくり。こうした中では、綺麗な環境はほとんど望めません、、、。ちなみに食事は大変安く、300円あれば満腹食べられます。

道すがら出会うおじさんたちの中には、Tシャツをめくりお腹をさらけ出して歩く人も(笑)。ジムで出会った中年の男性に、面白おかしくその理由を聞くと、「お腹を出していると体温が下がるんだよ(笑)」とおっしゃっていました。それから気づいたこととしては、全体的にモラルやマナー、ファッションなどに関して、数年前と比べてもはるかに変化があるということです。順番を守って列に並んだり、おしゃれを楽しむ若者が増えていて、街の雰囲気も変わった印象がありました。
海外に生活しているとどうしても日本のものが恋しくなる時はありますよね。そんな時私は北京のイオンで、せんべいや日清カップヌードル、洗剤などの日用品を色々と買っていました。でもほとんどの物は中国版アマゾンであるTaobao(淘宝)で購入していました。中国のネットショッピングは日本と比べて大変便利で重宝していました。

5.交換留学先の北京大学の授業内容

授業は、中国語の難しさや学ぶ知識の新しさに戸惑うこともありましたが、交換留学生活の要であって非常に有意義でした。前期は講義系の授業が多かったですが、後期はディスカッションのできる授業も履修でき、日本人として意見を求められることも多々ありました。そうした時も物怖じせず、とにかく言葉にしてみる!という積極的な気持ちを大切に自分の考えを伝える努力を続けました。

6.中国で暮らしていた経験から推測する日中関係

中国に対してあまりいいイメージを持たれない方も少なくないのではないでしょうか。しかし私が実際現地に行って気づいたのは、むしろ日本に対して良い印象を持ってくれている中国人が多いということです。一部授業で扱った日中関係を語るテキストでは、反日感情を煽る表現を含むものもありましたが、北京で普通に暮らしていても反日感情を持つ人が多いと感じることは一切ありません。また、過去の歴史を学んできたからこそ、それを強く意識し、日本人に対する嫌悪感を向ける学生や年配の方とごく少数出会ったのは事実ですが、特に私の周りの友達は日本に旅行に行くことが大好きだったり和食や日本のアニメ、漫画が大好きな人がとても多く、むしろ文化を通じて日本をもっと知りたいと話す若者が多いと感じました。私はとても嬉しかったです。そしてもっと日本人も中国の流行文化や社会の変化に関心を向けることができたらいいなと思いました。

他方で、もちろんこうした文化交流をきっかけに日本と中国の関係が良くなっていくことは望ましいですが、同時に歴史を知ることもとても大事だと私は思います。今と未来を生きる私のような若い世代こそ、過去の歴史を日本と中国の両方の立場から俯瞰し、真摯に受け止め、現在、そして未来における交流に生かし、また政治参加の側面から言えば、自らの賢明な選択や意思決定につなげていくことが大事だと思っています。

6.交換留学から帰国した後の進路

帰国後すぐ夏採用で内定をいただき、9月に大学4年生に進級、来年3月に卒業する予定です。
就職活動に関しては、現地でウェブ説明会を視聴したり、スカイプ面接をしていただき、オンライン上で3月頃〜5月頃エントリーシートを提出しました。
私は交換留学を通じて、初めて多くの中国人と出会い、日本の製品を日常的に愛用してくれる人もたくさんいると知ることができました。それは日本人として嬉しく、そして誇りに感じることでもありました。「人や物が国を越えることで新しい出会いや豊かな生活が実現出来る。」それってすごく素敵だな、そうしたことにお仕事で携わりながら、日本の良さをもっと多くの中国人や外国籍の方々に知ってもらいたいな、と感じるようになりました。そうして、グローバル性のある物流・航空・メーカーなどの業界を志望し、結果第一志望であった航空業界に進むことになりました。交換留学から帰ってきてすぐの面接で、なかなか短くハードな選考スケジュールではありましたが、交換留学中に感じたことを生かしながら精一杯臨むことができたと思っています。

7.交換留学を検討する後輩に一言

「中国に興味はあるけれど第二外国語で勉強しているだけで全然自信がないわ」と思う人が多いかもしれません。私も最初はそうでした。でも結果、語学は北京に着いてから一番上達したと感じています。もちろん出発前も語学学習は精一杯努力してきましたが、やっぱり現地に行くことでこんなに中国語がうまくなるのか!ととても驚きました。ですから、語学に自信がなかったとしても、何か中国で学びたい、そして今後の自分につなげていきたいと考えているならば、まず諦めず交換留学に挑戦すべきです!
向こうで学べることは本当に楽しいですし、機会があるならば是非旅行でも行って欲しいと思います。「中国は反日で、環境が悪い、怖い」と単純に思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。でも実際は決してそうではありませんよ?^^是非、ご自身の目で足で、中国を体験してみてください。きっと考え方が変わるかもしれません。この記事を読んで少しでも中国留学に興味関心を持ってくださる方が増えることを願っています!

8.まとめ

いかがでしたでしょうか? 中国留学という選択肢は非常に勇気がいることかもしれません。また、留学に行った先輩も少なく情報が限られています。

無料相談会

中国への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

中国への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存