交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】全米最大級大学!? ボストン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 山上佳那子さん」

【交換留学インタビュー】全米最大級大学!? ボストン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 山上佳那子さん」

【交換留学インタビュー】全米最大級大学!? ボストン大学に行く慶應義塾生にインタビュー「2年 山上佳那子さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回はボストン大学に交換留学予定の慶應義塾大学の山上佳那子さんにインタビューさせてもらいました。ボストン大学に行くチケットをどうやって勝ち取ったのか細かいところをお聞きしました!

出願当時は1年生だったということで現在、1年生で出願を予定している人はぜひご覧ください!

まずは、ボストン大学がどんなところなのか?見てみましょう!!

1.ボストン大学とは???

ボストン大学は1839年設立のボストンで最大の大学です。交換留学生が世界各国から集まっており、全米でも交換留学生の多い大学として知られています。17の学部があり、専攻・プログラムは250以上、全体の授業数も5,000を超えています。ジャーナリズムやビジネスなどの専攻が人気で、ロースクールや医学部、歯学部、心理学、国際関係学、生物学などが有名です。そして、各分野で高く評価されています。

2.ボストン大学に交換留学しようと思ったきっかけ

 
 私は中学から英語の勉強を始めたいわゆる「純ジャパ」ですが、中学2年生の春休みでイギリスに短期留学に行ったことで自分の価値観が大きく変わり、もっと英語を使いこなすことで広い世界を見たいと思うようになりました。その後、中学3年生の時にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、高校1年生の時にハワイ、高校2年生のときにはボストンに短期留学に行きました。
慶應の附属の学校に通っていたので、中学の頃から漠然と大学に入ったら交換留学に行きたいと考えるようになり、高校生の頃から交換留学に向けて自分なりに情報収集をしていました。また、高3の夏にハーバードの学生と日本の大学生が高校生向けにやっているサマースクールHlabに参加するなどしたことで、留学に行く友達が数多くでき、刺激になりました。アメリカに留学する友人が多かったことや短期留学の経験から、交換留学でもアメリカに行きたいと思いました。アメリカでは一国にいながら様々な文化に触れることができ、交換留学生として勉強するのにも魅力的な国だと感じました。

3.TOEFLの勉強方法

 
高校のときに塾に通っていて、高校在学中に出願に必要な点数をクリアしました。部活や学校の勉強と両立して準備していたので、本当に細く長く勉強していた感じです。

4.ボストン大学を交換留学先に選んだ理由

 
 私は東海岸と西海岸どちらにも行ったことがあったのですが、感覚的に東海岸の方が自分に合っていると感じました。その中でボストンを選んだのは、高2の時にボストンに行った際、もう一度ボストンに戻ってきたいと直感的に思ったのが大きかったです。ボストンは大学が多いので、学生が多く街の雰囲気が好きでした。程よく都会で、東京で生まれ育った自分がボストンに長期で滞在している姿を想像しやすかったです。
また、大学自体も街中にあるため、キャンパス外でも様々なことができるのも魅力に感じました。規模が大きく、交換留学生の割合も高いため様々人と出会えると思いました。

5.交換留学の選考で聞かれたことと

 面接は、8割くらい英語で聞かれたので驚きました。
まず、第1志望の大学と第1志望にした理由と学習計画を日本語で聞かれました。
その後英語で、
・第5希望までなんでその順番なのか?
・ボストン大学で行いたい課題活動をたくさん書いているが、実現可能性はあるのか?先輩に聞いたのか?
・スペイン語は大学に入ってから始めたのか?
を聞かれました。そのあと、日本人の面接官から日本語で、自己PRを求められました。
そして最後に英語で卒業後は就職するか大学院に行くかを聞かれました。

6.交換留学の志望理由書・留学計画書に書いたこと

 私ははじめ漠然と交換留学に行きたいという思いだけがありました。
なので、志望理由書や留学計画書を書く時になぜ行きたいのか上手く言語化できず、とても苦しみました。
そこで、自己分析をして、なんで法学部政治学科に進んだのか、なぜ今このような課外活動をしているのか?などをじっくり考えてみました。その中で、高校の時に履修した東アジアの国際政治の授業に深い影響を受けたと気づきました。そして、国際関係学の中でも、私はソフトパワー的な外交(文化外交)に興味があることに気づきました。

・志望理由書
過去・現在・未来を意識しました。
過去
高校の時の国際政治の授業
異文化交流の経験(短期留学の話、実際に他国の人と交流することが、その国全体のイメージを変えることがありうると実感した)
現在
春学期に履修していた授業→国際政治・地域文化論アメリカ
課外活動→異文化交流のサークル
KIP知日派国際人育成プログラム
慶應義塾の交換留学生のサポート(TOMODACHIプログラム)
将来
日本の文化外交の発展に貢献したい。
文化交流などを通して、長期的に見て日本の外交政策がもっと効果的に行えるような土台をつくっていきたい。
その他
2年生から行きたい理由→三田の専門課程では、日本の視点から外交や国際関係学を学びたいので、その前に国際社会の中での日本の立ち位置などを学び、外の目線から日本の外交を学ぶ必要がある。・留学計画書
第一志望のボストン大学に絞って、クラス・教授を具体的に書きました。
どうしてもボストン大学じゃないといけない理由やボストンでの課外活動について。
日本についての理解を深めるために出国までどういう準備をするのか、ゼミはどうするのかなど、交換留学1年間の計画ではなく、4年間の大学生活の中で交換留学をどう位置付けて考えているのかを伝えられるように意識しました。

7.ボストン大学に期待すること

 もちろん勉強に対しては楽しみで、学部に所属する必要もないことも自由さを保証してくれると思います。なので、国際関係学以外でも興味があることを勉強したいです。ボストン大学は大規模な大学として有名ですが、少人数で学べる授業もたくさんあるので、そういった勉強に打ち込める環境があるのは素敵だなと思います。また、交換留学生も多い大学であり、さらに街中にある大学なので、学校内外でいろんな人と関われることが楽しみです。また、いままで実家からの通学だったので、寮生活をしてキャンパスのなかで自分の勉強、人間関係、生活全般がすべて完結するという環境自体にとてもワクワクしています。

8.後輩に一言お願いします!

交換留学を考えているのであれば、しっかりと向き合って目的を考えたほうがいいと思います。また、交換留学しないという選択肢を選んだとしても、一度でも交換留学を考えたのであれば具体的に「交換留学しない理由」をしっかりと見つけた方がいいと思います。(その方が将来後悔しないと思うので!)
私は、出願準備の段階で悩むことから交換留学が始まっていると思います。悩めば悩むだけ、より充実した交換留学生活を送れるはずです!私自身、悩んだことで交換留学だけでなく大学4年間の軸も決められましたし、出願後の日本の生活も充実させられました。「なんとなく交換留学したい」という想いから始まったとしても、「なぜ」を問うことで自分の交換留学への考えを深めていくことが大切だと思います。頑張ってください!

9.交換留学中の山上さんにお聞きしました! 交換留学先の生活について

実際にボストン大学に来てみて、もちろん全てが想像通りだったわけではありませんが、充実した生活を送れています。
秋から急に寒くなりますが、だんだん寒さにも強くなって慣れます!笑
ボストン大学は大きい総合大学なので本当に様々なトピックの授業がありますし、交換留学生だからといって履修できる授業にあまりリミットもないので自分に合った履修を組めます。また、ボストン大学は街中にあるので電車とバスで基本的にどこでも遊びに行けますし、キャンパス内外のイベントもたくさんあるのであまり退屈することはないと思います。
休み中の旅行なども留学の醍醐味ではありますが、日々いろいろなバックグラウンドを持つ友人たちといろいろなトピックについて話すのがとても楽しくて刺激をもらっています。また、友人のおかげでサンクスギビングとクリスマスをアメリカの家庭で体験できたのもすごく楽しかったです。
留学しているからこそ自分と向き合う時間をたくさん持てますし、留学に来てから自分の考え方や価値観が少し変わったとも感じるので、2年生の早い段階で留学できて本当に良かったなと思っています。

(クリスマスにアメリカ人の友人のお家に呼んでもらいました!ツリーの下にプレゼントを並べて、朝みんなで開けて…私の分までたくさんプレゼントを用意してくれて、本当に映画のようでした!)

10.まとめ

いかがでしたでしょうか? アメリカへの留学は例年非常に倍率が高く、特に大学1年生での出願は合格率が30%近く下がります。

無料相談会

アメリカ・ボストン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ・ボストン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA