交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

交換留学を志す大学生のために「慶應交換留学フルサポートパック」の提供、「セブ語学学校のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ

交換留学.com現在募集中のイベント

                       

交換留学.comの過去のイベント

【合格率84%】合格できる書類をいますぐ作りたいなら絶対参加!慶應交換留学第3期書類作成イベント


【合格率84%】慶應交換留学第3期書類作成イベントの詳細はこちら!

非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.com


非公式だからぶっちゃける!慶應交換留学フェア feat. 交換留学.comの詳細へ

GO BEYOND

これで完璧! 慶應義塾大学向け交換留学模擬面接攻略講座!


Grasp Your DREAM

〜内部生・大学1,2年生対象〜そこが知りたい!慶應義塾の交換留学に向けて今から準備すべきこと!

                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

【交換留学インタビュー】アイビーリーグの名門! ブラウン大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、河邉美杉さん」

【交換留学インタビュー】アイビーリーグの名門! ブラウン大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、河邉美杉さん」

【交換留学インタビュー】アイビーリーグの名門! ブラウン大学へ交換留学した慶應義塾生インタビュー「3年、河邉美杉さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の天野です!

今回は交換留学から”帰ってきた”慶應義塾大学の先輩を取材しました!いままでのインタビューではこれから交換留学に行く慶應の方々を取材し、どうやって選考を通過するかをお聞きしてきましたが、今回はブラウン大学での生活や過ごし方、そして経験や自分の人生がどう変化したかをお聞きしました。
リベラルアーツの聖地であるブラウン大学での交換留学は中の人も非常に興味がある内容です。
そもそも、リベラルアーツって何なのでしょうか?
どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか?
ぜひご覧ください!

1. ブラウン大学で交換留学中に学んだこと

ブラウン大学では自分がやりたかったことの多くができました。私は法学部だったので 法律の授業はアメリカ憲法を履修していましたが、法律以外のことも学びたいと思って、語学(フランス語・ドイツ語)、美術基礎(油絵の授業)も履修していました。
本当に好きなことをしてきました!!もっとも、アメリカでは法律の勉強はロースクール行かないとできないので、法律を集中的に学ぶにはロースクールでの留学が通常です。
交換留学先では、今しかできないことをひたすらやるという感じでした。
ブラウン大学には、様々な専攻があり本当に自由でした。ある学問分野とある学問分野を組み合わせた専攻も存在しています。学生が自分で専攻を決めたり、作ることもできるんです。
学ぶことに熱心な学生が多く、物理専攻の人で日本の庭園の勉強をしてた人もいますし、2分野専攻していて、5ヶ国語を話す人もいました笑 ブラウン大学は純粋に学ぶのを楽しむ場所なんだなと思います。

ブラウン大学の新学期

2. ブラウン大学で学べること

理系だと、コンピュータサイエンス、エンジニアあたりが有名です。経済学の授業もあります。
個人的には、やりたいことが決まってない人の方がブラウン大学に向いていると思います。ブラウンに編入したけれど、自分ですでに専門的に学びたいものがあったので、ブラウンより日本の大学が適していると感じて、日本の大学に戻った人もいるそうです。

それをふまえると、やりたいことが決まっていたら、違う大学も選択肢として考えるのも良いのかな、と思いました。逆に決まっていなければ、ブラウン大学ではいろいろなものが見て、経験することができるという点から、素晴らしい環境だと感じました!
25%の人が大学院に行くのも特徴的です。大学院に対する準備期間という要素が強いと思います。自分の専門を決める前にいろいろな分野を幅広く学び、視野を広げようという姿勢の表れにも感じられます。


神経科学の授業では教授が本物の脳を持ってきたことも。

3. ブラウン大学での過ごし方を教えてください!

自分の興味がある授業を自由に見れる期間というのも与えられていて、ショッピングピリオド(2週間)というのもあります。
あと、特徴的なのがモーニングメール。毎日キャンパスでいろんなイベントがあったりするので、それのお知らせが来ます。他大から教授が来てレクチャーすることもあります。
ブラウン大学は、授業課題が多いので、いくらでも時間を費やせます。授業課題をひたすらやるという人もいれば、刺激を受けるために他大から来た教授のレクチャーを受ける人もいます。
友達と過ごすなど、ワークアンドライフバランスの練習をしてもいいし、取り組みたいことに一心不乱に集中することもできる、という環境ですね!
イベントに行く人もいれば、自分の時間を作っている人も多い。良くも悪くも、何もかも自分で決めるところが特徴です。

新学期開始の式(convocation)の様子

4. ブラウン大学の設備や制度で特徴的なところを教えてください

授業のスタイルは、週3回50分、週2回110分、週1回150分の3種類が基本です。成績は、ABC/No CreditかSatisfactory/No Credit(S/C)のどちらかが選べます。オンラインで授業をとることもできます。
そして、ライフスタイルのアドバイスもあるので、大学内で一つの社会が成り立つという言葉がしっくり来ます。
最初は慣れなくて大混乱でしたが笑
学生には上の学年のアドバイザーがついて、専攻のアドバイスを行います。正規生は大学二年生が終わる頃に専攻を決めます。
設備面では、図書館が4つあることが驚きでした。近くにある街の図書館や、芸術学校の図書館も、また雰囲気が異なり、休日に訪れるのが楽しみでした。

ブラウン大学の近くにある図書館!

冬、2月ごろの様子。

5. ブラウン大学で得た、貴重な経験は何ですか?

いろんな人と知り合ったこと、そして、絵をかいていたことです。
ブラウン大学の近くには美術学校があります。実は、その美術学校が芸術のハーバードと呼ばれていてブラウン生は授業を受けられるんです。そこには美術館もあって、生徒には自分のスタジオが与えられます。
みんな、学問だけじゃなく他の才能、音楽とか、芸術の才能も持っています。自分のやりたいことをえぐっています笑 ジムで汗を流す人もいますし、併設のプールではレッスン受けられます。本当に自由にやりたいことができます。
そして、何より親切で寛容な人に囲まれたことに感謝しています。戸惑うことの多い一年でしたが、周囲の学生や教員、教授など、協力してくれたり、助けてくれた人が多数いたことが幸いでした。国際色も豊かであったことも、その理由の一つであると思います。

河邉さんがおっしゃているアトリエ!

そして、ブラウン大学の学生が作った作品群!

6. ブラウン大学でカルチャーショックはありましたか?

ブラウン大学はジェンダー・マイノリティーなど、マイノリティをサポートする姿勢が強いです。学校全体として、ポリティカルコレクトネスを大事にしているように見受けられました。また、人を民族や宗教で呼ぶことは適切とされていないということを実感する場面もありました。

秋の中庭の様子

7. 交換留学終了後は何をする予定ですか?

交換留学前から考えていた通りに、法科大学院に入学する予定です。他の進路など色々と悩みましたし、今も先の将来について考えることはありますが、交換留学での授業や生活、周囲の人たちから学んだことを大切にして、どのような将来であれ、それらを生かしていきたいと思います。

キャンパス内には奇妙なオブジェ(モダンアート)が至る所に。。。

8. 後輩に一言お願いします!

せっかく行くので自分が予定していたこと以外も取り組んでみるのががいいと思います!頑張ってください!

9.まとめ

いかがでしたでしょうか? ブラウン大学は慶應の交換留学先の中で最も倍率の高い大学の1つです。ぜひ、交換留学に出願する前に我々交換留学.comに相談してください。

無料相談会

アメリカ、ブラウン大学への交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

アメリカ、ブラウン大学への交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存

コメント0

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA