交換留学.comは交換留学を志す大学生のためのメディアです。

イベント情報

交換留学.COM  第1回 プロフェッショナル・ゲスト・セミナー(慶應大学学生限定)
日時:2019年7月27日(土) 14時
会場:東京都渋谷区道玄坂1-19-2 SPLINEビル8階
海外留学とその後のキャリア:音楽エンタメ業界......何故海外留学を選んだのか?そして今のキャリアを築くのに、海外留学がどのように役立ったか?




交換留学.COM  第2回 プロフェッショナル・ゲスト・セミナー(国内大学学生限定)
日時:2019年8月10日(土) 14時
会場:東京都渋谷区道玄坂1-19-2 SPLINEビル8階
※内容は第1回と同様です


交換留学って何?

留学を目指すのであれば、まずは交換留学の検討から始めることをおすすめします!交換留学とは、半年〜1年間、世界トップレベルの協定校で学習できるプログラムです!
↓Lineでの交換留学相談、友達追加はクリック!↓
友だち追加
↓本気で交換留学について相談したい方はこちら!!↓
慶應交換留学に本気で合格したい人はこちらへ

交換留学のここがポイント!
○世界トップレベルの大学に留学できる
例えば、慶應義塾大学の提携校であれば、カリフォルニア大学 バークレー校(世界18位) シンガポール国立大学(世界22位)
○大学を休学する必要がない
交換留学先で取得した単位は手続きを経ることで、大学の単位として認定されます。
○授業料が圧倒的に安い
通常アメリカの大学に入学しますと、年間500万円近い授業料を支払う必要があります。 しかし交換留学では慶應義塾から補助が入るため、慶應義塾の学費(文系であれば100万円)のみになります。

交換留学に関する嘘


○大学の在学年数がのびる

交換留学では、大学の所属年数が伸びてしまうという話がありますが、事前にしっかりと対策すれば4年間で大学を卒業することは可能です。

○就職活動に間に合わない

交換留学をすると日本の就職活動に間に合わないという話があります。しかし、交換留学生向けに行われるボストンキャリアフォーラムなど交換留学生向けの就職活動制度を使えば日本よりも簡単に就職活動が可能です。


交換留学.comとは?

「国内大学交換留学プログラム・フルサポートパック」の提供、「国内外の語学学校等のご紹介」「ウェブメディア交換留学.comの運営」「各種留学等に関するカウンセリング&コンサルティング」を行っています。

                   

〜慶應交換留学フルサポートパック〜


英語の準備、志望校の選定、志望理由書・留学計画書の作成、面接準備が複雑な慶應交換留学をフルサポートするパッケージを販売しております。慶應交換留学、何をどう始めればいいかわからない。でも慶應の交換留学、何が何でも志望校に合格したい! 慶應の交換留学に最短で合格する方法をご提供します!とにかく一度ご相談ください。

               
慶應生必見! 慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ

語学学校のご紹介

交換留学を準備するには時間がかかりすぎる。すぐにでも留学に行きたい。留学の目的は英語の上達。そんな方向けにセブの語学学校の紹介を行っています。

               
セブ語学学校の詳細へ


ウェブメディア交換留学.comの運営による交換留学の情報発信


交換留学を実際にした先輩や交換留学をお勧めする社会人の声、その他交換留学に必要となる手続き、交換留学費用などをご紹介しています。現在は慶應交換留学を中心に発信しています。


〜まだ交換留学に関して疑問が残るという方はぜひ交換留学無料スカイプ相談をご利用ください!〜


               
交換留学無料スカイプ相談の詳細へ
                       
                       

交換留学先大学一覧

各大学で交換留学可能な海外の大学は異なります。
交換留学.comでは、実際に大学に交換留学した先輩たちの声を掲載しています。

まずは何を始めたらいいのかな〜?、どういう理由で交換留学しているんだろう〜?
先輩たちの声をぜひご覧ください!

動画でわかるキャンパスライフ

文字で読んでも交換留学先のことはよくわからない!!
今までの留学メディアはそうでした!
しかし、交換留学.comはそんな声にお応えして、
各大学のキャンパスからの"生"の動画をお送りします!

                       

交換留学への道

ある程度行きたい大学が固まってきたら!まずは英語(TOEFLやIELTS)の勉強!
次に交換留学用の書類の作成です。そして、留学の先を見据えた就職活動!

交換留学.comでは交換留学前だけではなく、交換留学後のキャリアプランまでを見据えた留学の達成を支援しています。

~激動のイギリスへ!〜 カーディフ大学へ交換留学する慶應義塾生インタビュー「2年、加藤勇希さん」

~激動のイギリスへ!〜 カーディフ大学へ交換留学する慶應義塾生インタビュー「2年、加藤勇希さん」

〜激動のイギリスへ!〜 カーディフ大学へ交換留学する慶應義塾生インタビュー「1年、加藤勇希さん」

こんにちは!交換留学.com事務局の山崎です!

今回はイギリスのカーディフ大学に交換留学予定の加藤勇希さんにインタビューしました!
加藤さんは、一般的には英語が出来ない人が多いと言われる中等部からの内部生ですが、中等部野球部のコーチやバイトなどと両立しながら、大学入学後の数ヶ月でIELTSのスコアを取得されるなど、効率的な準備によって選考を突破されました。
交換留学を考え始めている内部生や、大学生活が忙しいけど交換留学に挑戦したいといった思いを持っている方必見のインタビューです!
ぜひご覧ください!

1.交換留学を決意したきっかけは?


僕は中等部からの内部生で、中等部、塾高と野球部に所属していました。大学でも體育會硬式野球部でプレーを続けることも考えていたのですが、高3の頃に腰に大きなケガを負ってしまい、プレーヤーとして野球を続けるのは不可能だと思い、野球を続ける事を断念しました。と同時に満身創痍の状態で野球をしていたため、引退してからはやり切ったという達成感のようなものが芽生えていました。その後、大学で何をするかとても悩みましたが、ネイティブクラスに英語を話す父親の影響でもともと英語力を向上させたいという風に考えていたことと、将来的にはグローバルに活躍できる人材になりたいという思いがあったため、交換留学という制度がある以上、交換留学を目指さない手はないなと思いました!

2.交換留学準備について教えてください!

高校在学中から交換留学をする事を決めてはいたのですが、大学生活が始まってからは中等部野球部のコーチであったり、課外活動を満喫するための交換留学資金を捻出するためのバイトが忙しかったため、メインでやらなければならない交換留学準備に時間を割けない日々が続き、気持ちが焦りました。
ただ、時間のない中でも電車内やちょっとしたスキマ時間で、英語の勉強や交換留学に関する情報は集めていましたね。そういった時間の積み重ねは大事だったと今になって感じます。
〇IELTS
IELTSの勉強は高3の3月から始めました。
初めの2か月間は独学で勉強していましたが、中等部からの内部生ということもあり、独学で勉強するのは厳しいと感じたので英語塾に通いました。
最終的に目標スコアに達したのは9月末だったので、どうにか滑り込んだ感じです。笑
〇GPA
高いGPAを保つためにも、どんなに忙しくても基本的に全ての授業に出席していましたね。出席しなかった授業は一つもありませんでした。結果的に僕としても納得のいくGPAを出すことが出来たので、やはり授業への出席というのは大事なのではないでしょうか。
〇交換留学書類
交換留学書類に関しての準備なんですが、僕の場合は9月末にIELTSのスコアが出てから始めました。なので、2週間弱で書き上げたことになります。書類を書くにあたっては、時間が限られていたため、過去の先輩の交換留学書類を参考にさせて頂いて、上手な言葉の言い回しなどは引用しました。かなり大変だったので、余裕のある人は早めに準備していた方がいいと思います。
〇面接
交換留学書類の提出が完了してから、すぐに面接のためのリサーチは始めていましたね。志望理由の中で面接官に突っ込んでほしい部分を意図的に抽象的に書いていたので、その部分に関して聞かれそうな質問をリストアップし、それに対する答えを考えていました。そして自分が学びたい○○の分野に関する書籍を読んで、単純に知識をつけました。さらに、過去に交換留学を経験された方々にコンタクトをとって、面接の際にネタになる情報を仕入れたりもしました。
ちなみに対人での面接を始めたのは、本番の3日前でした。

3.交換留学書類で書いたことを教えてください!

まず志望理由については、鉄板の書き方ではあると思うのですが、やはり過去・現在・未来の流れで書きましたね。
〇過去
中等部が交換協定を結んでいるイギリスのホカリルという学校から年に1度、生徒が来日し中等部で一緒に授業を受ける機会があった。
→さらに友達の家がホカリル生のホームステイ先だったので、一緒に遊んだりする中でイギリスに興味を持っていった。
→そういった交流を通して、彼らと話をしたとき「EUに対して不満を持っている」と言っていた事が自分の中でとても印象的だった。
〇現在
高校入学時から興味を持っていた社会学や政治学を慶應で学んでいる。
→イギリスという政治学・社会学の発展した国でEU離脱に関する背景やその他諸国との関係性、さらにイギリス政府はどのようにして世論をコントロールしているのかを現地の大学に交換留学して肌で感じる必要があると考える。
〇未来
帰国後は国際政治、社会科学に関するゼミに所属し、イギリスとEU諸国の外交の仕方を日本に当てはめて考えることで外交問題に対する視野を広げ、日本が国際社会の中で影響力を発揮するための⼀役を担いたいと考えている。

交換留学計画については、「学業」と「人脈形成」と「課外活動」の3つの大きな軸を以て構成しました。
学業に関しては、履修予定である具体的な授業名を書いて、この授業を履修する事で~について深く学びたい。というような具体性を意識して構成しました。
人脈形成については、EU離脱という状況の中で生きる政治意識の高い学生と、授業内外を問わず交流する事で、多様な考え方を吸収したい、と述べました。
課外活動は、イギリスでも多様なスポーツに触れることで、日本のスポーツの良さ・改善点を明確にし、中等部野球部コーチの活動にも役立てていきたいと書きました。

4.面接で聞かれた内容は?

面接に関しては、想定される問題をリストアップし、それに対する答えをノート30ページ以上もまとめて、万全の態勢で面接に臨んだつもりだったのですが、散々な結果になってしまいました。笑
圧迫的な態度の面接官の空気に呑まれてしまったので、正直聞かれた内容とかも覚えていません。
一つだけ覚えているのは、「なぜ、2年生で行きたいのですか?」と聞かれたことです。僕なりには、2年生で行かなければならない理由をしっかりと説明したつもりだったのですが、逆に面接官に3年生で交換留学に行ってもらいたい理由を説明されてしまいました。
僕なりに面接を振り返ってみると、圧迫面接の中で、面接官の質問には答えられていたのですが、何かと突っ込まれたときに、説得力のある反論が言えなかったという感じです。
面接が終わった時点では、「これが落ちる人の面接なんだな」と思いましたが、結果的には選考に通過していたので、わからないもんだなと思いました。笑

5.TOEFL(IELTS)、GPA、交換留学書類&面接の3つの要素の重要性を百分率で表してください

 

 

 

 

 

交換留学が決まるまでは、TOEFL 70 GPA 10交換留学書類&面接 20という感じで考えていました!

 

 

 

 

 

しかし、実際に選考を終えてみると、TOEFL 30 GPA 10交換留学書類&面接 60という割合なのではないかなと考え直しました。
交換留学はスコアを持った優秀な人というよりは、しっかり準備を重ねた人が受かると実感したので、これから交換留学を目指そうと考えているけど、英語のスコアやGPAを高くないから諦めるべきではないと思います!

6.カーディフ大学に期待する事は?

本当は、政治学や社会学の授業を履修したいと考えてはいたのですが、カーディフ大学に交換留学が決まってから始めて社会学部や政治学部に所属できないという事を知って、ショックでした。笑
ですが、カーディフ大学は1/3の単位を自分の専攻でない学部の授業を履修する事に使えるので、普段はビジネススクールに所属し、残りの1/3で自分自身にとって興味のある政治学や社会学を履修したいと考えています!
もちろん学業だけでなく、課外活動にも積極的に参加したいと考えています!
それと僕はサッカーを観るのが好きなので、プレミアリーグを観戦するのも楽しみですね。

7.後輩に一言!

選考を通して感じたのは、準備することの重要性ですね。これはなにも交換留学に限ったことではなく、全てのことに対して言えることだと思います。もちろん準備の段階で、自分の力ではどうしようも出来ない状況に直面すれば、先輩に頼るなど、使えるものは使っていくというスタンスで行くべきかなと思います!

8.まとめ

いかがだったでしょうか? 加藤さんもおっしゃっているように交換留学には時間と準備が必要です。交換留学.comではもっとも効率よく交換留学の準備ができる方法をご提供しています。

無料相談会

イギリス交換留学についてもっと詳しく知りたい!
悩んでいる方はぜひ交換留学.comの無料相談をご利用ください!

イギリスへの交換留学にもっと詳しく知りたい方はこちらへ

Line@による情報発信

先輩との限定交流会などクローズドな情報をお送りします。下記のボタンから是非ご登録ください。
友だち追加

慶應交換留学フルサポートパック

交換留学.com では、「慶應交換留学のための対策塾」を運営しております。

詳しくはこちらをご覧ください!

 

慶應交換留学フルサポートパックの詳細へ


 

保存保存